日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


獅子ケ鼻山

2017年3月4日(晴れ)

鹿俣山~獅子ヶ鼻山 スキー&スノーシューハイク

この季節になると歩きたくなる山。
天気さえよければ、気軽に雪山と大展望を楽しめる山です。

20170304tsa.jpg

そして、運が良ければ誰も歩いてない雪原や尾根歩きができる。
そんな山に今年も行ってきました。

20170304tsmap.jpg
↑ クリックで大きくなります

今回は、先日の根子岳でスキーの面白さに目覚めたことから、登りはスキーで挑戦です。
登山口は、子供たちが小さいと時よく行った玉原スキー場からです。
駐車料金1,000円を払い、チケット売り場の横で登山届提出。

20170304tsb.jpg

スキー担いで登り口まで歩いてると、係員に呼び止められた。
どちらへetc…
登山届出しましたか?
ハイと返事すると、気を付けてと送りだされた。

コース外は安全のため滑降禁止区域になっている。
樹林帯の登りは問題なさそうだし、下りはゲレンデの予定なので問題なし。

20170304tsc.jpg

駐車場上から少し戻り、樹林帯に入る。
いやあ、気持ち良いフカフカ雪。
トレースは全くなく、振り返れば自分のトレースのみ

20170304tsd.jpg

最初は緩やかな上りで気持ち良く歩ける。

第3リフト終点が近づくと少し勾配がきつくなってくる。
谷川岳方面の展望が広がる。

20170304tse.jpg

今日は快晴だ!
ここから、スノーシューのトレースあり。数名の団体さんの感じ。
なるべくトレースを外して雪の感触を楽しむ。

すぐに急な上りとなり、フカフカ雪から硬い雪になった。
まっすぐ上るのは無理…ジグザグに登る。
時々ずりっと滑る。シールはトラバースにはちょっと厳しいね。
どうにか登りきると、やがて右手の樹林の間から武尊方面が見えだした。

20170304tsf.jpg

ウッディーコースを滑る人達を左手に眺めながら斜面を登る。
喘ぎながら登るとシャクナゲ群生地の尾根に出る。

20170304tsg.jpg

ここからは短いが急な下り。
いったんスキーを外し下る。

20170304tsh.jpg

そのあとは樹氷を眺めながらの気持ち良い斜面です。
先行者とコースを変え登る。この辺りはふかふか雪です。
先行者は雪庇の下を左に巻いて登っている。

20170304tsi.jpg

見上げると大きな雪庇。
あのあたり抜けられそうだなと、雪庇の低いところをジグザグに登る。
スキーを尾根の上にあげ、足場を作り、胸まで雪に埋もれながら頑張る。
気持ち良い尾根に出る。

鹿俣山頂上手前はちょっと急な斜面。
ここでいったんスキーを外し、平らな山頂に到着。
先行者7名ほどが獅子ケ鼻方面の景色に見惚れていた。

20170304tsj.jpg

ここでスキーをデポします。
スキーブーツを登山口に履き替え、スノーシューで獅子ケ鼻山を目指す。
いやあ、ザックが軽くなった(^^♪

20170304tsk.jpg

気持ち良く続く稜線。
誰も歩いていません。
土曜日でこんな天気の良い日なのに誰も歩いていない。
ラッキー(^_-)-☆

20170304tsl.jpg

所々雪庇が張り出しています。
以前、ピシッと亀裂が入り雪庇を踏み抜き落ちそうになったことがよみがえる。
いやあ、あの時はほんと怖かった。ピシッツという音がまだ耳に残っています。
幸い雪庇が崩れることはなく、どうにかして這い上がっって命拾い…

20170304tsm.jpg

で、今日はよけい慎重です。
左手にはず~っと素晴らしい展望。
写真ばかり撮っててなかなか進みません。
振り返ると登ってきたトレースがただ一つ。
ずっと遠くに単独の人が見えた。後続者のようです。

20170304tsn.jpg

いくつかのアップダウンを過ぎ、山頂手前の崖
ここは大きく左に回り込んで樹林帯に入る。

20170304tso.jpg

このあたりが一番苦労したところです。
時々ズボっと木々の間の穴に嵌まったり、きつい登り返しは体力を奪われる。

20170304tsp.jpg

そこを過ぎると広い雪原となり、最後の急登を頑張ると狭い獅子ケ鼻山頂上です。
狭い稜線で、左右は切れ落ちている。
前方は鋭く切れ落ちてその先は剣ケ峰へと続く。

20170304tsq.jpg

風もそれほど強くないので慎重に行動すれば落ちることもないでしょう。
ここから懸垂下降で降りて、剣ケ峰へ歩く猛者もいるようだが…

20170304tsr.jpg

360度の展望を満喫。
ここから眺める上州武尊や剣ケ峰の山容は素晴らしいです。
剣ケ峰には沢山の登山者が見える。
みんな絶景を楽しんでることでしょう。

20170304tss.jpg

少し風が強くなってきたので、絶景を眺めながらのお昼は断念し下ります。
午後になりすこしモヤっとしてきました。
どこまで下ってもトレースは増えない。
ということは後続者は引き返したのかなあ?

20170304tst.jpg

ありました!
後続者は、ワカンのようで、1,680m辺りで引き返したようです。
さて、最後の登りだと、前方を眺めると数人のグループが鹿俣山へと向かってます。

20170304tsu.jpg

雪面には多数の踏み跡です。
あのグループもここで引き返したのかな?

鹿俣山に到着。
先ほどの団体さんが記念撮影中でした。
10名くらいいたかな?
ここでちょっと遅くなったけどお昼にします。
温かいコーヒー!
いやあ、歩いてきたコースを眺めながら飲むのは最高の気分。

20170304tsv.jpg

ここからはスキーです。
スキーブーツに履き替え、登山靴はザックへ。
スノーシューはザックに括り付ける。

ずっしりと重くなりました。
こんな重いザックで滑れるかなあ…

山頂から新雪の、ノートレースの緩斜面を颯爽と…
と思ったらすぐに雪に埋まり転んだ(*_*;
我輩の腕ではここは無理です。
スキーを担いでゲレンデへの急な斜面を下る。

20170304tsw.jpg

スキー靴だけのツボ足では下り斜面は腰くらいまで埋まります。
まあ、距離はわずかだから頑張っておりましょう。
ゲレンデでくつろいでいるボーダー達が見えます。
「あの人スキー持ってるのに、何してるの?」なんて言ってるような視線を感じます(*_*;

雪だるまになり、どうにかゲレンデ到着。
さあ、滑るぞ~
さてコースはどうしよう?
もちろん初心者用の、ウッディーコースです。
距離も一番長いのでたっぷり楽しめそう。

20170304tsx.jpg

意外と人が多いのでぶつからないよう注意して下ります。
ちっちゃい子がスッと前を横切った。
ぶつからずにさっと避けたが、ほっとしたのも束の間、バランスを崩し転倒…
いやあ、子供と目が合ってしまった。
「おじさんだいじょうぶ?」って感じで眺めてます。

ここはスッと立ち上がって安心させてやろう…
と思ったが、ザックが邪魔になって、中々スムーズに立ち上がれません。
いったんザックを降ろし、ようやく立ち上がりました。
そのあとは転ぶこともなく、快適に滑って降りれました。
いやあ、今日も楽しかった!

アルバムです


スキー場P 8:30→10:57鹿俣山11:28→13:05獅子ケ鼻山13:30→14:16鹿俣山15:06→スキー場P 15:39







関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。