日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


三峰山(栃木百名山)

2017年3月3日(晴れ)
信仰の山、三峰山を歩く。

20270303mta.jpg

晴天です!
スキーハイクへ行きたかったが、晴れても山は強風の予報。
風速20mなんて聞いたら行く気になりません。
稜線で吹き飛ばされたくないもんね(*_*;

本当にそんなに風が強いのか?
それは行ってみなければわからない。
でも、考えているのは、風のない日にのんびり歩きたい山。

でも晴れなのに、じっと家にいるのはつまらない。
どっかいきたいなあ…
そうだ、三峰山に行こう。

20270303mtb.jpg

この山はまだ歩いたことがない。
ふもとの「四季の森 星野」には以前、自転車でセツブンソウを見に行ったことがある。
その時、三峰山を目標にめざし、道を間違えてしまった。
なんと近くにもう一つ三峰山があったのだ。

そんな思い出と、最近「ひまじん」さんが歩いたというレポを見たのが歩くきっかけとなった。
三峰山は信仰の山。
小振りだが、セツブンソウ見物と合わせれば、楽しい山歩きになりそうだ。

201703mitumap.jpg
↑クリックで大きくなります

以前自転車で見に行ったのは午後だった。
セツブンソウは既に日陰となっており、あまり良い写真は撮れなかった記憶がある。
そんなわけで今回は山に登る前にセツブンソウ見物とした。

20270303mtc.jpg

セツブンソウ、可憐な花だが中々撮影はむつかしい。
立ち入り禁止のロープが張っています。
望遠レンズにするか、マクロにするか…
風も吹いてるが、三脚構えてじっくりという時間はない。

20270303mtfd.jpg

山歩きが控えてますから、急いで撮影を終わらせなくっちゃ…
そんな考えじゃ矢張り良い写真は撮れないね(*_*;

20270303mte.jpg

さて、本命の山歩きスタートです。
四季の森から少し行ったところにある御嶽山神社が登山口です。
今日は杉林の多い山、そして風も強い日です。

20270303mtf.jpg

花粉がたっぷり飛んでくるかなとマスクをしての歩き。
めがねが曇って歩きにくいけど…

20270303mtg.jpg

さすが信仰の山、清滝不動、普寛堂、弘法太子などが現れる。
以下、下山時、車のワイパーに挟まれていたガイド地図から抜粋です。
日付は04.01.28と記されている。ちょっと古い情報みたいだが…

20170303mtmapg.jpg
↑ クリックで大きくなります

「三峰山は御嶽山、剣ケ峰、権現山、三角点三峰山、朝日岳の総称した山域
三山参道という、修験者の修行の参道があり、神々を奉る案内板が付いている。
急峻な参道なので気楽にハイキングできる周遊コースではない。
なお、稜線の反対側は石灰岩採掘場となっており立ち入り禁止である」

20270303mth.jpg

なるほど~
うっそうとした杉林
苔むした石、湿っており滑りやすい。
急登も時々現れる。
そんなコースを白装束の3人が歩いていた。

20270303mti.jpg

ひとしきり歩くと、ロープのあるちょっとした岩場。
その先には御嶽大神御岩戸です。
ベンチがあったんで一休み

20270303mtj.jpg

見上げると崖に鎖があります。
登ってみます。
岩戸の入り口は狭いが、中に入ってみる。
祠がありました。

20270303mtk.jpg

さて、次は奥の院をめざしましょう。
岩戸から右をトラバースするように進む。
左にも道があったが、険しそうなコースであり、避けた方がよいと先述のガイドに記されていた。

20270303mtl.jpg

杉林、花粉症が体を蝕んでいるのかな?
鼻水が出ます。目がしょぼい…
まあ、我輩は軽症の方だが、ひどい人はこの時期、杉林の多い低山歩きはしんどいかもね。

20270303mtm.jpg

稜線に出て分岐を右に行くと、気持ち良い尾根歩きで、奥の院に到着。
三尊立像(神皇産霊尊、天之御中尊、高皇産霊尊)があります。
ほりの深いお顔立ち、格好いいですねえ

20270303mtn.jpg

展望が良いと記されているが…
葉っぱの落ちた今の時期は、木々の間から日光連山方面がどうにか望める程度だった。

20270303mto.jpg

杉林の中の登りは、風はあまり感じなかったが…
権現山方面への尾根筋では、時折結構強い風が吹き付ける。
矢張り今日は標高の高い山は強風かもね。

突然、ど~んという音が響いた。
えっ、なに!
先ほどから、右手にロープが張っており、立ち入り禁止の立て札があった。
「11:40~12:10 発破作業中につき、特に危険」とある。

20270303mtp.jpg

発破かあ…
眼下に無残に削られた山が見える。
この付近は石灰岩採掘が多い地域だ。
余談だが、以前自転車で来た時、路肩には砂利や砂が多く、町全体がく埃っぽかった。
採石場?付近から巻きあげる砂埃で家も道路もも白くなっている感じ…
トラックの往来も多く、粉塵を巻き上げて埃っぽくなり、今まで走った中では二度と走りたくないと思った道路だった。

そんなことを思い出しながら尾根筋を歩く。
剣ケ峰はトラバース気味のコースとなっているが、せっかくなんでてっぺん経由で歩く。
石祠のある何の変哲もないピークだった。
しかし、その後急坂を下り、見上げる剣ケ峰は中々格好いい山容だった。

20270303mtq.jpg

いったん上り返したピークに、欠けた案内板があった。
欠けた部分は○○神、鎖と読める。
先行する二人、とここが下山道ですかねえなどと話すが、どうも違う感じ。

20270303mtr.jpg

浅間大神への下りは鞍部からのはず。
帰宅後先述のマップを見ると、どうもここが三峰大神への分岐、権現山の様だ。
鎖場があったんだあ、行ってみたかったなあと後の祭りだ。

20270303mts.jpg

いったん鞍部まで下り、少し上り返すと三峰山三角点に到着。
笹と樹林に囲まれた展望のない山頂だ。
日光連山や、運がいいと富士山も見えるというが…
少し外れたところ、石灰岩採掘場の方には鉄柵やロープがある。
そこからは赤城や上州武尊、日光の山々を眺めることができた。
しかし、鉄柵が邪魔でうまく写真が撮れない…
ウロウロしていたら、枯れた倒木の根っこがあった。
その上から背伸びすると、バッチリ展望の写真を撮ることができた。
やったね(^^♪

20270303mtt.jpg

先ほどの二人が山頂に到着。
おにぎりを食べていると、今日はひな祭りと、ピンクの大福を戴きました。
いやあ、おいしかった。有難うございます。
二人が下山した後コーヒータイム。
展望はいまいちだが、山で飲むコーヒーは更にうまく感じる。

20270303mtu.jpg

下山はいったん戻り、鞍部から急坂を俱利迦羅不動明王方面へ下る。
いやあ、急ですねえ、低山でラクチン登山と思ってたのになかなか大変…
調子よく下ってたら、何やら標識が…
その方を見ると上の方にアルミの梯子が見える。

20270303mtv.jpg

どうも道を間違えたようです。
浅間大神への分岐を見逃しまっすぐ下った模様。
どうしようかなあと思ったが、思い直し急坂を登り返す。
ロープのあるすべりやすい道、そして梯子を登ると浅間神社鍾乳洞があった。

20270303mtw.jpg

鍾乳洞は、鉄柵があり入れません。
観たいなあ…
鉄柵からカメラを差し入れ写真だけ撮りました。
入洞には御嶽山神社の許可が必要らしい。
どんな鍾乳洞なのか興味はありますが、たぶん真っ暗だろうし、入るのは怖そう…

急な下り、ロープのところで滑ってズボンは真っ黒…
その後は林道を下って駐車場到着。

20270303mtx.jpg

車に戻ると、ワイパーにガイドマップが5枚も挟まれていた。
そんなにいらないのに…とは思ったが、参考になります。
ありがとうございます(*_*;

次に来ることがあったら、新緑か紅葉時期に、今回歩き残した三山参道を歩きたいなあ
アルバムです。↓


御嶽山神社P10:07→10:55御嶽大神御岩戸11:10→11:30奥の院11:36→12:31三峰山13:02→13:42神社P





関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。