日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


絶景 石割山

2017年1月4日 (晴れ)
石割山

今年の初歩きは、でっかい富士山を見ようと山梨県の石割山へ。

20170104iwa.jpg


せっかくなら朝日に輝く富士山も眺めようと、暗いうちに山中湖へ向け出発。

パノラマ台には6時前に到着。
沢山の人が日の出を待っている。
まだ暗いのでよくわからないがどうも雲が出ている模様。

20170104iwb.jpg

あのあたりに富士山がど~んと見えるんですよ。
今日はダメかなあ…などと周りの人と寒い中、情報交換。

夜が明けるにつれ、ど~んと見えるはずの富士山は全然姿を現さない。
待ち受けていた人達は、みながっかりした感じで解散。

20170104iwd.jpg
↑ほんとは、こんな富士山が見えるはずですが…(帰りに撮影)

う~ん、この感じじゃせっかく石割山に登っても富士山見れないかも…
やめようかな…

20170104iwc.jpg
↑ホントはこんなに見えるはずですが…山中湖北側の石割山方面(帰りに撮影)

しばし車で待機。
8時頃、何となく空が明るくなってきたような気はするが…
登山口だけでも確認しておこうと山中湖畔を走っていると一気に青空に。

20170104iwe.jpg

富士山がど~んと姿を現す。
おおおおお~すごい!
急いで山に登らなくっちゃ。
しかし、ここで問題発生。
お昼のおにぎりをゲットしていない。

20170104iwf.jpg

湖畔を走りコンビニを探す。
ありましたあ~(^^♪ これで問題解決

下山予定の「大出山入口バス停」付近に自転車をデポ。
急いで登山口に向かう。
上の駐車場は満車。
すぐ下にある、トイレがある方の駐車場はまだ余裕あり。
隣に停め準備していた女性、群馬からとのこと。
いやあ、こんな遠いところの山に来て群馬県人と出会うとは奇遇です。

20170104iwg.jpg

さて、登りましょう。
赤い鳥居を過ぎると、なんと403段もある石段です…
のっけからこれは苦行です。
試練です。
今日の体調を占うにはちょっとハード(*_*;
お正月で、飲んで食べた体には辛い登りだった。

20170104iwh.jpg

しかし、程よい準備運動になったのか、無事階段を登りきった後は快調。
でっかい岩のある石割神社に到着。
八合目に鎮座し、古事記にある「天の岩戸」伝説の地と言われている神域だそうです。
パックリと割れた大きな岩、高さ約15m、幅約60cm。
ここの隙間を3回通り抜けるとご利益が。
では、行ってみましょう。

20170104iwi.jpg

通り抜けようとするが、ザックを背負ったままでは通れない。
ザックを降ろし、無事通り抜けた。
1回だけだったんで、さて今年の運勢にどんな影響あるかなあと気にしながら歩く。

20170104iwj.jpg

この先、ちょっと荒れた登山道。木の根っこやロープが現れる。
そして笹のある登山道を抜けると一気に視界が広がる。
富士山です!
でっかい!
やった~!

20170104iwk.jpg

山梨百名山「石割山」からの富士山。
評判通りです。いやあ、素晴らしい!
遠方に目をやると北岳方面が見えます。

20170104iwl.jpg

ちょっと靄っとしてるが、今日の目的は富士山です。
しっかり富士山を堪能しました。

ほどなく群馬の女性が登ってきた。
「でっかいですねえ、富士山!」などとお話し、富士山を背景に写真を撮ってもらいました。
今から歩く大平山への山並みが見えます。
基本的には、もうドンドンと標高を下げる歩き、気が楽です。

20170104iwm.jpg

霜柱のある急な坂道をロープに助けられながら下る。
これがなかなか厄介です。雨のあとなんかは嫌になりそう。
下りきり、気持ち良い樹林帯をわずかで平尾山に到着。

20170104iwn.jpg

ここでも富士山はでっかく聳えています。
ベンチに座って、しばしのんびり、富士山を堪能する。

20170104iwo.jpg

さあ、次は大平山です。
もう下るだけと気が緩んでいた体に試練です。
丸太の階段の下り、そしてまた登り。200段の階段上りは結構疲れますねえ。

20170104iwp.jpg

この後も何度か丸太の階段のアップダウン。
でも、時々見える富士山に癒されながら歩けば試練も何のその。
あっという間に大平山です。

20170104iwq.jpg

当然ながらここからも、ドドドドド~ンと富士山!
いやあ、でっかい富士山に感動です。
でも、感動もあまりありすぎると、その感動は薄れるようです。
付近にいた若い男女の会話
「でっかい富士山、これだけ見ると、もう慣れてきたね」との声が聞こえる。

20170104iwr.jpg

確かにその気持ちわからないでもないが…
でも群馬県人の我輩としては、いっつも遠くの山から富士山が見えると「あっつ富士山だ!」と感動します。

20170104iws.jpg

その憧れの富士山をこんなに間近で見れるんです。
しかも冠雪した真っ白な山肌、青空に浮かぶ神々しいまでの富士山はいつまでも感動を与えてくれました。

こんな絶景を前にして、のんびりコーヒータイム。
お昼にしましょう。
さて、残念だけどそろそろ下りましょう。
また丸太の階段を下って登ると飯盛山。

20170104iwt.jpg

ここも富士山はそこそこの展望。
そして途中の丘?って感じの長池山を通過。
気持ち良い樹林帯、トレランで走ると気持ちいいかもね。
でも今日はのんびり歩きます。

20170104iwu.jpg

ほどなく舗装路に出ると、別荘地のようです。
しばし道路歩きで大出山入口バス停に到着。

20170104iwv.jpg

デポしてた自転車で登山道まで戻ります。
山中湖を周遊するように設けられているのかな?
気持ち良いサイクリングロードを快適に走る。

20170104iww.jpg

湖を離れ、最後は少し上り坂を頑張ると駐車場。
約7kmのサイクリングまで楽しめ、今年の初登山は大満足で幕を閉じた。
今年も安全で楽しい山歩きが出来ませんように

アルバムです


登山口9:07→9:40石割山10:00→10:15平尾山10:30→10:55大平山11:39→飯盛山11:51→12:22大出山バス停入口


関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。