日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


登り納めは赤城山

2016年12月29日(晴れ)
赤城山

登り納めはどこにしよう?
やはり谷川岳かなあと思ったが…
前日は寒波で群馬の北部地方山沿いは雪。
たっぷりの雪、少しはラッセルが楽しめるかな?
でも、山は新雪で雪崩の恐れありとのこと。
登り納めで事故ったらシャレにならないし、谷川岳は却下。

やはり赤城山かなあ?
家の前から眺める赤城山、降ったのかな?白くなってるぞ~
これは期待できそう。
よし赤城山に決定。樹氷を満喫しよう!

20161229akagimap.jpg
↑クリックで大きくなります

当日朝です。
ちょっともやっとしてすっきりしないが、晴れです。
赤城山を眺める…
ん?
白くない?
前日の雪はどこに行ったの~
強風だったので、樹氷は飛ばされちゃったのかなあ…

でもいいんです。樹氷がなくても…
今年もいっぱい遊ばせてもらった山。
来年も安全で楽しい山歩きできるよう、登り納めしてこなくっちゃね。

冬の赤城山に登る場合の最難関は、アクセスの難しさです。
道路が凍結してると、登山口に着くまでにヒヤヒヤもの。
今回も姫百合駐車場辺りから先の道路は結構凍結してます。
でも、だいじょうぶです。
4駆、ターボに、スタッドレスのわが愛車。
軽自動車なのに頑張ります。
無事大沼駐車場着。

20161229aka.jpg

駐車場から眺める山肌、やはり樹氷はありません。
でも青空です!

20161229akb.jpg

赤城神社に立ち寄った後、登山開始。
雪が中途半端で岩が露出しています。歩きにくいねえ。
この位ならアイゼンはない方が歩きやすい。

20161229akc.jpg

猫岩からの赤城神社の眺め、いいですねえ。
この辺りから少し傾斜がきつくなる。

20161229akd.jpg

さらっとした新雪の下は凍結してます。
勾配のきついところは、やはりアイゼンがあった方がいいかな?。
でも、この位ならアイゼンなしに慣れてた方がいいでしょう。そのまま登ります。

20161229ake.jpg

駒ヶ岳の分岐に到着。
きつい登りは終わり。少し雪が増えてきた感じだが依然、樹氷はない。
山頂に到着。

20161229akf.jpg

ここは展望も良くないので、少し先へと進む。
「絶景スポット2分」の表示がある。この看板、以前からあったかなあ…

20161229akh.jpg

絶景スポットです。単独の男性が景色を楽しんでいた。
浅間山、苗場山、平標から谷川岳への山並み、そして尾瀬方面から先日登った日光白根…

20161229aki.jpg

いやあ、絶景です。
千葉から来たという男性としばし山談義。

20161229akg.jpg

今年納めの登山、絶景堪能できて大満足。
では、下りましょう。
下山は駒ヶ岳方面です。
御黒檜大神を過ぎ、花見ケ原方面への分岐に到着。

20161229akj.jpg

「絶景スポット60歩」の案内。
行ってみよう!
筑波山が見えました。

20161229akk.jpg

丸太の階段、雪が中途半端にあって下りにくい。
いったん下って登り返すと駒ヶ岳です。

20161229akl.jpg

先ほどの千葉の男性と、秩父から来たという女性が休んでいた。
群馬の山はいいですねえ、
他にも、あっちの山は、こっちの山はと楽しく語らいながら一緒に下山です。

20161229akm.jpg

男性はチェーンアイゼン、女性は6本爪アイゼンです。
鉄の階段は雪は少なくアイゼンでは歩きにくそう。

20161229akn.jpg

大沼の駐車場に到着。
ここでお二人と「またどこかでお会いできたらいいですね」と挨拶し分かれる。

20161229ako.jpg

黒檜山方面を眺めながらコーヒータイム。
今年納めの山歩き。天候に恵まれ楽しい半日でした。
来年も安全で楽しい山歩きができるといいなあ。

20161229akp.jpg
左が黒檜山、右が駒ヶ岳方面

大沼駐車場8:45→赤城神社→登山口9:10→猫岩→10:06黒檜山→絶景スポット10:45→11:14駒ケ岳11:22→登山口→12:00
大沼駐車場









関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。