日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


晩秋の妙義山

晩秋の妙義山

2016年11月29日 晴れ

紅葉時期にはちょっと出遅れてしまったが、久しぶりに妙義山を歩こうかな?
ちょっと前なら、裏妙義の国民宿舎から三方境コースを歩けば紅葉が綺麗だったんだろうが…
表にするか裏にするか?
よし、今回は表にしよう。どうせ行くなら表妙義縦走だあと思っていたが…

核心部の鷹戻しは、梯子の工事中で通行止めの情報あり。
それなら、ホッキリから中間道に降りるコースで歩こうと決定。
ホッキリからは下ったことないし面白いかも。

20161129mmap.jpg
↑クリックで大きくなります

天気予報は晴れ!
どうせなら朝焼けを眺めようと、暗いうちに出発。
星がいっぱい出ています。綺麗な朝焼けが期待できるかも?
いったん、中の嶽神社をめざし撮影スポットを探す。
しかし中々いい場所は見当たらず、もたもたしているうちに夜が明けそうになってきた。

20161129ma.jpg

筆頭岩や金鶏山を眺めながら、妙義ふるさと美術館へ向かう。
美術館はまだ開館してなく、道路に車を止め歩いて広場に出る。
寒い!風も強い!
東京から里帰りし、撮影に来たという男性としばし日の出を待つ。
ちょっと雲があるんで心配していたが…

20161129mb.jpg

出ましたあ~綺麗な日の出です。
徐々に妙義山に陽があたり、ちょっぴりモルゲンロートとなる。

20161129mc.jpg

車に戻り、体を温めましょう。
おにぎりで朝ご飯。熱いお茶がうまい!
さあ、登ろう!

妙義神社から大の字をめざす。
途中、神奈川の厚木から来たというザイルを持った二人組と遭遇。
大の字手前の鎖場は落ち葉と湿った岩で滑ります。
大の字への鎖場は足場もしっかりしており問題なし。

20161129md.jpg

これから登る白雲山方面の眺めが素晴らしい。
奥の院をめざす。
ここでヘルメット装着。
最近危険な岩場や鎖場ではヘルメット着用を心掛けています。
被ると、「危険な山を歩いてるんだぞっ」と気持ちが引き締まる気がします。

20161129me.jpg

「辻」の分岐から奥の院をめざす。奥の院の横には4連の鎖場。最初はほぼ垂直です。
足場はしっかりしてるので、鎖から手さえ離さなければ大丈夫です。
ここから先は鎖場が続くので用心して歩こう。

20161129mf.jpg

もう紅葉はほとんど見られません。
今日は紅葉はあきらめて鎖場を楽しみましょう。

ひと頑張りで見晴に到着。
裏妙義の景色がばっちりです。
浅間山には少し雲がかかってますねえ。
神奈川の二人組が到着。素晴らしい景色に感動してました。

20161129mx.jpg

さあ、いよいよ稜線歩きの始まりです。
まずはビビり岩に挑戦。
ここでビビるようじゃ、この先は行かない方が無難でしょう(*_*;
そして背ビレ岩。左側がすっぱり切れ落ちてます。
慎重に慎重に…

20161129mh.jpg

大のぞきからは滑り台状の鎖場です。10m2本、そして30mの鎖。
中々楽しいですねえ。
今日は、イボイボ付きの軍手です。
グリップ力抜群。

20161129mi.jpg

天狗岩のてっぺんでひとやすみ
先ほどの二人組が、大のぞきから下ってます。
妙義は初めてといっていたので、きっと楽しんでることでしょう。

20161129mj.jpg

登ったり下ったりを繰り返し相馬岳に到着。
浅間山の雲はまだとれませんねえ。今日はご機嫌斜めかな?
金洞山の凸凹ピークは格好いいねえ。
金鶏山方面も中々いい景色だ。

20161129mk.jpg

先日の雪が残ってるかなと、6本爪アイゼンを持参したが、残雪ゼロ。
所々霜柱を踏みしめて歩きます。
相馬岳からの下りの鎖場、岩に氷がついているところもあって緊張しました。

20161129ml.jpg

茨尾根のピーク「パノラマ台」に到着。
岩場の上で一休み。お昼にしましょう。
ここは、このコース最高のロケーションかもね。

20161129mm.jpg

良い眺めです。
今日の縦走はここまでで終わり、あとは下るだけなのでしっかり展望を満喫。
しかし、浅間山はついに全貌を見せてくれなかった…

20161129mn.jpg

ホッキリの分岐に到着。
「鉄製ハシゴ破損のため、当分の間、通行止め」の表示があります。
人の声がしてたので、もしかしたら工事の人たちかな?
情報では、地元山岳会の方々が工事しており、来年3月頃までかかるらしい。
険しい岩場での難工事と思われるが、焦らず安全に行ってほしいものです。

ホッキリからわずかで中間道に出る。
ここから石門の方に行って金洞山に登るかなとも思ったが…
紅葉はほとんど見られないので行ってもねえ…
で、落ち葉を踏みしめながら中間道を下ります。

20161129mo.jpg

標高600~650m位でぽつぽつと紅葉が見れました。
いやあ、ラッキー
今日は全く見れないかと思ってたので、この位でも見れて大満足です。

20161129mp.jpg

妙義神社に到着。あれっ、なんだこりゃ?
ユニークなパンツはいた鬼が居ました。
まるでランニングしてる感じ。
こんなパンツで走ったら受けるかも(^^♪

20161129mq.jpg

帰りに道の駅をのぞいてみる。
白菜ひと玉300円。
高い!と思ったが、hiroに電話すると安いよ~だって。
他の野菜も安いってことで、沢山のお土産をゲットし帰路につきました。

アルバムです↓


妙義神社P 7:30→大の字8:10→見晴8:54→大のぞき9:29→相馬岳10:25→11:10パノラマ台11:55→ホッキリ12:02→第2見晴13:00→13:50駐車場

関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。