日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


THE 岩櫃城★忍び登山

2016年10月30日
THE 岩櫃城★忍び登山

「真田幸村が幼少期を過ごしたとされる岩櫃城、岩櫃山。
そこには雄大な景色と豊かな自然、歴史の足跡が今だ残されている。
かつて忍者修行の地であった「岩櫃山」を舞台に、悠久の時を超え、真田の忍が山を駈け登る」
↑大会パンフより

iwabitu200111.jpg
↑ 岩櫃山  2001年撮影したものです

岩櫃山は標高802mと低山ながらも、ふもとから眺める切り立った山容は見事だ。
緊張の岩歩きを楽しめる高度感たっぷりの山で何度か歩いたことがある。
岩歩きの厳しさばかりでなく、新緑や紅葉が綺麗な山で、展望もよい。
最近はNHK大河ドラマ「真田丸」の影響で地元も盛り上がっており、岩櫃山の登山者も多くなっているらしい。
そんな山を舞台に開催される大会。
距離は6kmちょっとだし、気軽に楽しめそうかなと参加した。

20161030iwamap.jpg
↑クリックで大きくなります

エントリー数は、一般の部(中高生男女を含む)91名、ジュニアの部(小学生男女)38名。
こじんまりしたアットホームな大会です。

今回の知り合いは二人
K女史は甥っ子と参加。
この方にはSTK草津のトレランで圧倒的な差でぶっちぎられました。
KTさんは、時々ITAのランや自転車の練習会でご一緒する方です。
この方も相当な実力の持ち主で、当然ながら私なんか相手にはされません。
そんな方と、今日は忍者になった気分で参加します。

今回の参加者名簿、なんと年齢順で、ばっちり年齢も記載されています。
我輩の後ろにはたったの3人しか記載されていません。
受付後準備している最中、名簿順最後の方(Mさん)とお話しすることができました。
年齢を見ると、とてもそんなお歳には見えません。肌もつやつやだし、スタイルもばっちり。
この方には負けられない!と、勝手にライバル意識を持った次第です。

ジュニアの部に続いて一般の部スタートです。
勇壮な太鼓や沿道の応援者に見送られ、舗装路の坂道を駆け上ります。
颯爽とスタートしたんですが…

20161030iwa.jpg

あれっ今日は調子悪いのかな?
すぐに息が切れ、K女史やKTさんが視界から消えました。
頑張って前の選手について行ったものの、途中で歩いてしまいました(*_*;
からだが慣れるまで無理しちゃいけませんねえ。
Mさんもとっくに前の方を走っていきました…

20161030iwc.jpg

今日は上りは歩き、下りはビューんと頑張る作戦に変更です。
快適なくだりは最高です。落ち葉を踏みしめてビューンと下る。
丸太の階段や、木の根っこ、岩場の上りはひたすら歩いて登ります。

20161030iwd.jpg


主催者から「大会参加者より多くの方が今日は登山を楽しんでいます。
登山者優先、マナーを守って楽しんでください」との話が合った。
登山者とすれ違う時は止まって待つ。
道を譲ってくれたら「ありがとう」と声をかけゆっくりすれ違う。
同じほうに歩いていたら声をかけ、安全な場所でゆっくりと追い抜く。

20161030iwe.jpg

登山者に迷惑をかけ嫌われないように、
また今後も岩櫃山を舞台に大会が継続されるように気を付けて走りました。
ほとんどの登山者の方が笑顔で「頑張って~」と声援を送ってくれました。

20161030iwf.jpg

岩櫃城本丸跡の給水所を過ぎるとちょっとした岩場の尾根歩きです。
ようやくMさんを抜くことができました。
K女史は少し前に見つけることができたがこの距離じゃ抜くことは無理そうです。
KTさんは、忍者のように走り去ったのか、最後まで見かけることはなかった。

20161030iwg.jpg

赤岩通りの分岐あたりから走ってくる人がいます。
もしかしてトップの選手…早いですねえ。
この辺りから本日最高にいい感じのコースです。
かなり急な下りで滑りますが、快適に下ります。
転ぶ人もいましたが…

下りきりました。
見上げると岩櫃山の絶壁が見える第二休憩所です。
赤岩登山口から、本日一番?の急な上りです。
最後は鎖に助けられ必死に登ります。

20161030iwh.jpg

登りきれば後は緩やかなトラバースで山頂への尾根と合流。
これで登りは終わり。

あとはラクチンな下りのみ…のはずだったが。
岩のごろごろしたコース。
いやあ、足首捻挫なんてなったら最悪、慎重に着地場所を選んで走ります。
そんな悪路が終わると快適な道となり、最後のダッシュ!
ゴールは近そうな感じ。

20161030iwi.jpg

下りで、3人を颯爽と追い抜きました。
しかし…
そのあとに緩やかな上りで息が切れました。ダッシュが早すぎた~

20161030iwj.jpg

女忍者の声援を受けると、階段の下り。
hiroが見えました。沿道にも多くの応援者です。
ここは格好良く走りたいところですが、階段で転んだら…
慎重に歩いて下り、その後ゴールまでのわずかな直線。
最後はポーズを決め、颯爽とゴールゲートをくぐりました。

20161030iwk.jpg

表彰式です。
K女史はなんと一般女子の2位!
笑顔の表彰台です。
その後、我輩の名前も呼ばれ、なんと表彰台に乗ることができました。
なんで表彰されたのか最初は意味不明…
しかしその理由はすぐに判明。

20161030iwm.jpg

Mさんが一番高いところに立っていました。
高齢者で完走したメンバー3名が笑顔で表彰台に立った次第です。
「これからも元気で走ってください」ということでした。

最後はじゃんけん大会
あとから応援に駆けつけてくれた孫や娘夫婦も参加です。
しかし…
みんなじゃんけん弱いですねえ(*_*;

20161030iwl.jpg

6kmちょっとと侮って参加したが、やはり登りはきつい…
でも、アットホームでなかなか楽しい大会でした。
完走証を戴き、ちょっぴり満足。
一般男子の部 32位/67人中
総合順位ん   39位/91人中
記録 1時間5分41秒
トップ選手は、40分28秒だって…
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。