日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事


ファミリーキャンプ

2016年8月5日~7日

嬬恋村「鹿沢国民休暇村キャンプ場」

我がファミリーの、この夏最大のイベント「三世代ファミリーキャンプ」
昨年はみんなの都合やキャンプ場の日程が合わず中止、その代わりに神奈川の茅ヶ崎海岸へ海水浴だった。
海水浴もいいけど、やはりキャンプがいい。今年こそ!

みんな楽しみにしているキャンプ。
4月頃から計画し、みんなの都合を合わせたりキャンプ場の予約。
どうにかみんなの都合があって実現したファミリーキャンプ。
神奈川に住む息子は、どうしても仕事の都合がつかず、翌朝4時に無事到着。
長男は孫達に人気者。いるだけで場が楽しくなるようだ。

2泊3日の楽しいキャンプだった。

201608kypa.jpg

三世代10人+小鳥1羽ともなると、準備が大変です。
キャンプ場の手配や、全体の計画は、今年は長女夫婦にお任せ。
我輩はあまり口や手を出さずサポートに徹する予定です。
娘婿のM君が食事メニューを考え、hiroや孫のSちゃん(中2)で前日にお買い物。
準備もなかなか大変です。
車3台に分乗しキャンプ場到着。

晴れているが、午後からは雷も予想されるため、急いでテント設営。
涼しい山間のキャンプ場だが、ひと汗かきました。
幸い雷も雨もなく、さあ、楽しいキャンプの始まりです。

201608kypb.jpg

メインのテントやキャンプ用具は我が家で20数年活躍したテント。
孫の代まで使えるなんて…
周りを見ると目新しいテントばっかり。
でも、子供達には思い出多い物ばかりです。
テントサイトは二か所使用。
電源や炊事場が個別についていて超便利でした。

201608kypc.jpg

一番下の孫は3歳。他の孫たちが面倒みてくれるので、我輩たちはまずはビール!
いやあ、うまい!。

201608kypd.jpg

孫たちは小さな川?や遊水広場で水遊び。
ずぶぬれになりながら、水鉄砲で遊ぶ孫を見てるだけでも楽しい。
息子がゲームセンターで獲得してくれたスケートボードで3歳の孫は大はしゃぎ。
転ばないか心配です…
でもしっかりヘルメット着用してるので大丈夫でしょう。

201608kype.jpg

バトミントンやバレーボール、フリスビーも楽しいが、もう若者の元気にはちょっとついていけません。
怪我する前にやめときましょう(*_*;

小さな釣り堀もあります。
次女ファミリーが挑戦しました。
中々釣れません。
もうやめる?っていう雰囲気が漂ったころ、よその人が釣り上げた。
これで、孫3人に火が付いた。釣ってやるぞ~!

201608kypf.jpg

孫3人、仲良く一匹づつ釣り上げた。
途中で投げ出すかと思ったのに、長時間挑戦。
結構根性あるじゃんと見直しました。

今夜はバーベキュー。ビールがうまいぞ!
hiroとM君(娘婿)が「さて、コンロを準備して…」となったが…
コンロが見つからない、どこ?と探している。
「………」「忘れた~ごめん(*_*;」
幸い、売店に焼き網が売っていたのと、テントサイトにバーベキュー用の場所があってピンチ脱出。

201608kypg.jpg

焼きやすいようにレンガを積みなおし、炭に火を着ける。いやあ、良かった!
魚は、A君(高2の孫)が辛抱強くこんがりと焼いてくれた。
コンロを忘れた余波はままだまだ続く。そのたびに恐縮です(*_*;

kypxx.jpg

朝のホットケーキ、餃子、バーベキューとやはりコンロは重要ですねえ。
まあ、山歩き用のガスボンベやコンロは数組あるし、白灯油使用のコンロ、、カセットフーもあるし。
それで勘弁してね(*_*;

201608kyph.jpg

餃子の皮をみんなで包みます。
自分で包んで焼いた餃子はうまいぞ~
我輩は手伝わなかったけど、ビール最高!

201608kypi.jpg

夜が更けてくると、花火です。
大人も童心に帰って楽しみます。
むか~しのキャンプでの出来事
「誰が髪の毛、焼いたんだっけ?気を付けてね~」

子供や孫は、夜遅くまでお話がつきません。
いやあ、キャンプって日常から離れて子や孫のいろんな姿を見られますねえ。
どの子も良く手伝ってくれました。

201608kypj.jpg
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。