日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事


尾瀬テント泊山行 後編

7月8日(晴れのち曇り)
尾瀬至仏山

いやあ、昨夜は楽しかった。よく飲みよくおしゃべりしましたねえ。
お陰で熟睡。寒くもなく快適な尾瀬の夜でした。
しかし…
目覚めると、ぽつぽつとテントをたたく嫌な音…
雨?

犯人は、木から落ちる夜露でした。
いやあ、良かった。今日も楽しい一日になりそうです。

朝食はお湯をかけるだけの山菜ごはんに、なめたけ汁。
そしてホットコーヒー。
小鳥の声を聴きながらの優雅な時間です。

20160708oza.jpg

今日の行程は6時間くらいなので、水は1.5L(500ml2本、200ml1本、お湯500ml)に軽量化。
ビール2本(350ml)にウイスキー、それに夕食材料、水1Lが減ってだいぶ軽量化になったはずなのに…
肩に食い込むザックが重い(*_*;
さあ、元気を出して至仏山をめざそう!

20160708ozb.jpg

Nさんにご挨拶してスタートです。
朝もやの尾瀬ヶ原、気持ちいいねえ。
燧ヶ岳の姿が幻想的です。
すぐに樹林帯の登りとなる。
こちらは登り専用のコース。誰かに出会うためには追い付くしかないのはちょっと寂しいね。

20160708ozc.jpg

森林限界を過ぎるといい眺め。
花もぽつぽつ見えてきます。
木道や階段、鎖のある岩場など変化のある登りが続く。
前方で人の声がにぎやかです。
おっ、誰かに追いついたかな?

20160708ozd.jpg

NHKの撮影班でした。
「7月31日、小さな旅」で放送するらしい。
残念ながら出演は依頼されませんでしたが、見なくっちゃね。
重いザックで、疲れた顔のおじさんは絵にならないもんね(*_*;

20160708oze.jpg

赤城山方面の雲海です。
ちょっと天気は下り坂だが、展望はばっちり。
元気を振り絞って木道を登ります。にぎやかな声がしだすとほどなく山頂。
所要2時間37分。まずまずです。
やはりザックが軽くなったお陰かなあ…

20160708ozf.jpg

山頂からは360度の展望
いやあ、いい眺め。
曇り空ですっきりとしない天気になったが、見渡す限りの山が見えている。
上州武尊の奥には富士山も見えてますよ~
風もなく気持ちよい山頂。40分も長居してしまった。

20160708ozg.jpg

下山は花を眺めながらルンルン気分で下ります。
でもあまりルンルン気分で浮かれてると、ずるっと転びますよ~
蛇紋岩は滑りやすい。
雨の日だったら歩きたくないところだ。

20160708ozh.jpg

笠ケ岳、中々いい格好してますねえ。
一瞬、時間も早いのでちょっと寄り道しようかなと思ったが…
気分的にはまだまだ歩けそうな気もするが、あまり無理はいけません。
何かあって、中高年の単独無謀登山なんて言われたら面白くないもんね。

20160708ozi.jpg

小至仏山を過ぎると、山肌にたくさんの花。
今回の最大の見どころでした。
いやあ、花の楽園ですねえ。
「少し位いいかな?」と誰にともなくつぶやいて、ロープをくぐる登山者がいました。
「ダメだよう」と言う方、仲間のようです。
「だって花が小さくて撮れないしねえ」とつぶやきながら撮影。

20160708ozj.jpg

そうやって、少しの人の我がままが、貴重な花の消滅につながるのです。
マナーを守りましょう。
オゼソウを見つけました。
尾瀬だけに咲く貴重な花というわけではなく、一番最初に尾瀬で見つけられ命名されたそうです。
でも、見つけるとうれしいね。

20160708ozk.jpg

オヤマ沢田代に到着
昨日は雨で元気なかったワタスゲが、優しく風に揺れてます。
白根山や皇海山を背景にした緑の草原。
心和む光景です。しばし休憩。

20160708ozl.jpg

木道を整備する人たち
この方たちのお陰で、安全にそして貴重な自然を破壊することなく、尾瀬を楽しめるんですね。
耳にした会話
「あとなんぼ切る?」
「う~ん、3mm位かな?」と監督らしき人が作業者に伝えてました。
いやあ、木の階段とはいえ、細かい寸法にこだわるんだなあとちょっと感動。
暑い中お疲れ様ですと心の中で感謝を述べ、鳩待峠を目指す。

20160708ozm.jpg

11時21分、鳩待峠着
バスは50分発。待ってると小型タクシーの運転手が「鳩待峠迄?」と声をかけてきた。
人数がそろうと、40分前に出発するそうです。
料金は同じだし、「お願いしま~す」と返事。
尾瀬のテント泊練習山行は終了した。

20160708ozehana1.jpg

花はそう多くは感じなかったが、それでも花で有名な尾瀬です。
自分が見つけられなかった花も多かったことでしょう。
ただ一番見たかったニッコウキスゲの群生が見れなかったのは残念でした。
ちょっと時期が早かったのもあるだろうし、シカが結構食べてるとも聞きました。
やはり、ニッコウキスゲ見るなら大江湿原かな?またテント泊で挑戦するかなあ

アルバムです↓


参考
7日 鳩待峠8:10→9:11横田代→10:30分岐→12:21竜宮12:45→13:15見晴→14:23牛首14:40→15:35山ノ鼻(泊)
約17.2km。7時間25分

8日 山ノ鼻5:41→8:17至仏山9:00→9:33小至仏山→10:13オヤマ沢田代→11:21鳩待峠
約7.4km。5時間40分
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。