日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


庚申山

2016年6月11日(晴れ)

日光市足尾の「庚申山」を歩く。
目的はコウシンソウを見ること。
コウシンソウは、特別天然記念物であり、国の植物レッドデータブックで絶滅危惧種Ⅱ類に指定されている。

20160611kssa.jpg

先日トレランシューズを新調。
ためし履きしたらくるぶしやかかとが靴擦れ…
こんどの草津でのトレラン大会で使用する予定。
もう少し履き慣らしておかねばと擦れたところにバンドエイドを貼って歩きます。

20160611kssq.jpg

しかしやはり水膨れの個所が破れないか心配…
少しでも負担を減らそうと一の鳥居まではマウンテンバイク利用にした。
最初は舗装された路面だったが、結構大きな石ころのある道となる。
上り坂ということも重なり、靴連れには優しかったが、体力的にはつらかった(*_*;

20160611kssc.jpg

一の鳥居からいよいよ登山道です。
新緑が綺麗。
野鳥の声がにぎやかな登山道を歩きます。

20160611kssd.jpg

庚申山荘に到着。
ここは管理人はいないが布団などもあり、皇海山を目指すときには重宝しそうです。
前のベンチで一休みしている人たちと情報交換。
日帰りで皇海山へという人も数人いました。

20160611ksse.jpg

山荘の裏にはクリンソウが鮮やかな色合いで咲いていた。
お山めぐりは下りに歩くことにして庚申山を目指す。
かなり前に歩いた記憶はほとんど残っていないですねえ。
岩場あり、急な登りありで新鮮な歩きが続きます。

20160611kssf.jpg

コウシンコザクラは見かけたがコウシンソウは見当たりません。
帰路に使う「お山めぐり」の分岐に到着です。

20160611kssg.jpg

ここからもまだまだ登りが続きます。
コウシンソウどこだ~?とウロウロきょろきょろしながら登るが…
見当たりません。
平坦となり笹薮や樹林帯の歩きとなりわずかで庚申山に到着。

20160611kssi.jpg

山頂は樹木で囲まれ展望はない。
少し先に進むとド~ンと皇海山が現れます。
鋸山経由の皇海山はかなり前に歩いたが結構つらいものがあります。
またいつか挑戦してみるかなあなどと思いながらしばし勇姿に見惚れる。

20160611kssh.jpg

休憩していた男性と山談義。
「コウシンソウ見ました?」
「見ましたよ~」
「え~見つけられなかった。どこらへんですか?」

20160611kssj.jpg

見つけましたあ
教えてもらった場所でコウシンソウとの対面です。
ちっちゃい花ですねえ。
場所は登山道より少し外れたところ。よく見ると人の歩いた形跡がしっかりありました。

20160611kssk.jpg

途中からお山めぐりコースとなる。
上級者コースとなっているが、用心して歩けばそれほど問題なく歩けます。
油断して落ちれば大きな事故になりますが、これはどんな登山道でも言えること。
「庚申の岩戸」「めがね岩」「鬼の耳こすり」など岩々を眺めたり潜ったりと中々楽しい登山道です。

20160611kssl.jpg

大きな岩壁の下で多くの人が休んでいます。
たどり着くと岩壁には沢山のコウシンコザクラです。
いやあ、見事ですねえ。
そしてコウシンソウもたくさん咲いていました。

20160611kssm.jpg

小さい花なので風に揺られてなかなかうまく写せません。
そして垂直か反り返ったような岩肌に咲いているので、体勢も不安定です。

20160611kssn.jpg

この場所が一番群生していました。
中にはスケッチしている人もいます。
写真で写すより、じっくり観察して鑑賞し絵にする。
素敵ですねえ。絵心があったら真似したいですが(*_*;

20160611ksso.jpg

今日の目的は無事達成。
あとはひたすら新緑の気持ち良い登山道を下るだけです。
幸い靴擦れもひどくならなかったので、一寸トレランもどきの急ぎ足で下ります。

20160611kssp.jpg

まだまだ登ってくる人がいます。
今日は山荘どまりの人も多そう。
いいなあ、今度はのんびり山荘泊りで皇海山を目指すかな?

下山後「庚申七滝」に寄り道。
崩壊の影響でほとんど通行止め…残念。
駐車場まで片道約4km
帰りはMTBでラクチンでした。

アルバムです↓
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。