日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


花の袈裟丸山

2016年5月23日(晴)

袈裟丸山を南西尾根から登る

6日にアカヤシオと八反張のサクラソウを求めて歩いたが…
アカヤシオは小丸山の手前でそこそこ、サクラソウはまだつぼみの状態。
そろそろシロヤシオやシャクナゲも見ごろかも?そしてサクラソウも咲いているだろうと袈裟丸山を目指した。

20160523kesamap.jpg

今回歩いたコース↑ クリックで大きくなります。
郡界尾根登山口駐車場から南西尾根経由で前袈裟丸、後袈裟丸、そして下山は郡界尾根です。

登山口7:55→前袈裟丸山9:57-10:25→後袈裟丸山11:19-11:25→登山口13:27

大滝の手前で落石のため通行止め…
で、沢入から弓の手コースの登山口を経由しグルッと大回り。
登山口に着くまでに疲れてしまった(*_*;
気を取り直して出発。
登山届をポストに入れ、林道を少し戻って南西尾根を目指す。

20160523mka.jpg

このコースは昨年「春爛漫」さんと偶然ご一緒したコース。
この辺りだったかなと沢を渡った後適当に斜面を登る。
なんかだいぶ雰囲気違ったけど、ほどなく尾根に出る。

20160523mkb.jpg

尾根に出ればもうコースは問題なし。
尾根を外さなければ前袈裟丸山に到着します。
ミツバツツジやヤマツツジ、シロヤシオのオンパレードです。

20160523mkc.jpg

途中視界の開けたところにでる。
郡界尾根や赤城山方面を眺めながら一休み。

20160523mkd.jpg

ここから先も花がいっぱい。
アカヤシオの花びらが登山道を彩る。
標高を上げるとアカヤシオもまだ咲き残っていた。シャクナゲも見えてきました。
最後の方は急登にあえぎ笹薮の中を歩くと前袈裟丸山に到着。

20160523mke.jpg

山頂には郡界尾根から来たという単独の男性がひとり。
その後単独の女性が弓の手方面から登ってきた。
しばし花やコースの情報交換。

20160523mkf.jpg

さて、八反張のサクラソウを見に行こう。
シャクナゲが今を盛りに咲いています。
まさにシャクナゲロード。

20160523mkg.jpg

八反張から後袈裟丸へは一応通行禁止になっています。
ザれた斜面には手すりがあります。滑ったりすると危険だが用心していけば問題なし。
これで通行止めにするってのはどうかなあと思うが…
登山者が多くなるとさらに斜面が荒れ危険になることを想定しているのかなあ…

20160523mkh.jpg

難所をクリアーすると斜面に可憐なピンクの花がたくさん咲いていた。
前回はまだつぼみ。必死に見つけた一輪の花に感動したが。
今回はこれでもかというほど咲いています。
転落などしないように用心して撮影開始です。
一眼レフ持ってくればよかったなあとちょっと悔やむ。

20160523mki.jpg

撮影後は急な笹薮の斜面を登るとわずかで後袈裟丸山です。
ここにもシャクナゲが咲いていた。
下山は郡界尾根です。

20160523mkj.jpg

こちらも花がいっぱい。
こんなにシロヤシオが多かったかなあ?
もっとも花の咲いてないときは、木を見てもシロヤシオとはわからない(*_*;
ここはもうちょっと早かったら花のトンネルだったのかななんて言うところもあった。

20160523mkk.jpg

八重樺原でわらびを収穫。
見上げると歩いてきた前袈裟丸方面の景色が見事だ。

20160523mkl.jpg

登山口近くではヤマツツジがたくさん咲いていた。
赤やピンク、そして真っ白なシロヤシオ。
色とりどりの花を愛でた後は新緑がさわやかですねえ。
花の袈裟丸山、楽しい一日でした。

アルバムです↓
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。