日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


快晴無風の谷川岳

2016年5月18日(晴)

残雪の谷川岳へ行こうと思っていたが…
中々都合がつかず、今日になってしまった。
今年は雪解けが早くもう残雪は無理だろうな?その代り花がいっぱい見れるかも?

コースは次の通り。(クリックで大きくなります)

20160518tanimap.jpg

駐車場6:15→西黒尾根→ラクダの背8:02→9:12トマの耳9:25→9:37オキの耳10:10 肩の小屋10:38→避難小屋11:23→田尻尾根分岐11:52→駐車場13:18

20160518ta.jpg

朝はかなり冷え込んでいて肌寒かったが急登を上るにはちょうどよいくらいの気温だった。
西黒尾根は最初樹林帯が続く。
ブナの新緑がまばゆいばかり。
野鳥の声がにぎやかで姿を探すが全く見当たらない。

20160518tb.jpg

数か所の下り場を過ぎ森林限界になると展望がよくなる。
ラクダの背までくれば山頂がばっちりだ。
雲一つない青空。
いったん「西黒尾根ガレ沢の頭」まで下るとあとはひたすら登るのみ。

20160518tx.jpg

厳しい登りを過ぎると笹原となり、平標山への稜線が見えた。
ようやく残雪が現れた。ステップもありアイゼンは不要だった。

20160518td.jpg

トマの耳到着。
誰もいない。山頂独り占め。いやあ、風もなく気持ちいいね。
せっかくだからオキの耳まで行きましょう。

20160518te.jpg

中腹でトマの耳を振り返り一休み。
てっぺんで一人が展望を満喫していた。
オキの耳に到着。
こっちも山頂独り占め…
と思ったら少し先の岩場の陰に男性がくつろいでいた。

20160518tf.jpg

茨城から来たという男性としばし山談義。
そのあと、新潟から来たという男性。
そしてはるばる愛媛から来たという男性も到着

20160518tfg.jpg

いやあ、今日は本当に素晴らしい天気ですねえと、360度の展望を眺めながら話が弾む。

オキの耳からの展望です↓



何度も谷川岳には登ってるが天気の悪いときの方が多いんだよね。
大満足の展望に、後ろ髪ひかれながら下山開始。

20160518th.jpg

下山は天神尾根経由です。
小屋を過ぎ、肩の広場を下る。
残雪はあるもののしっかりステップがつけられており、ここもアイゼンは不要。
でも転んだら結構下まで行きそう。
慎重に下ります。

20160518ti.jpg

まだまだたくさんの人が上ってきます。
一番びっくりしたのは、ネクタイはしてないもののスーツ姿の男性。
いちおう小さいザックは背負ってますが運動靴です。

20160518tj.jpg

ロープウエイで気軽に上れる谷川岳。まあ、スーツでも登れないことはないけど…
山歩きにはやはりそれなりの格好の方が似合うよねえ(*_*;

20160518tl.jpg

途中から田尻尾根を下ります。
こっちはほとんど人は歩かないので静かな山歩きを満喫。
結構急な下りです。
先日の雨で日陰は滑りやすい。
2度ほど転びそうになりました(*_*;

20160518tk.jpg

田尻尾根から眺める谷川岳山頂方面の景色はお気に入りです。
西黒尾根の急登を眺めながら「あそこを登ってきたのかあ」って感慨もひとしおです。
昨年は5月21日に歩いたんですがイワウチワがいっぱい咲いていた。
でも今年は…
天神尾根ではちょうどいい感じで咲いていたが、田尻尾根ではもう時期を過ぎていたようです。

もう少し残雪のある時期に歩きたかった谷川岳。
でも花も多く満足の一日でした。

アルバムです↓

関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。