日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


上州武尊山

2016年3月4日(晴れ)

快晴の上州武尊山を歩いてきました。
上州武尊山を歩いたのはもう14年ほど前の冬。
川場スキー場ゲレンデトップからの往復、そしてもう一回は武尊牧場キャンプ場からの往復でした。
それ以降、冬は登る機会がなく最後に歩いたのは2年ちょっと前のトレイルラン大会でした。
いやあ、あの時はきつかったなあ…

久しぶりに登りたいなあと思っていたところ、トンさんが登ったとの記録を見た。
剣ヶ峰の写真が、登りたい気持ちに火をつけた!
よし、行くぞ~

コースは、ラクチンな川場スキー場からの往復です。
スキー場の立派な無料駐車場に車を止め、インフォメーションで登山届提出。
そしてリフト券購入。往復で1,800円+保証料500円でした。
保証料は無事下山して来れば戻してもらえます。

20160304htl.jpg

リフト2つを乗り継ぎゲレンデトップへ。
いやあ、ラクチンですねえ。
今日は最初から12本爪アイゼン装着です。それとかんじきを持っていきます。
Wストックにピッケルも持っていきましょう。
アイゼンはなくても登れる感じがしましたが、あったほうが断然楽に登れます。

20160304hta.jpg

最初の急登、この登りが一番疲れたような…
天気は最高、風も弱く暑いくらい。すでに防寒着を脱ぎ始めてる人もいる。
吾輩は暑いだろうと最初から薄手のウインドヤッケで登りました。

20160304htb.jpg

真っ白く突き上げる剣ヶ峰、いやあ、やはり格好いいですねえ。
トレースもあり難なく剣ヶ峰に到着。
素晴らしい展望です。眼前には上州武尊山の頂上が見える。
いくつかのアップダウンがあります。
よく見ると先行者が見えます。
今日は安心して歩けそうです。

20160304htc.jpg

雪山はトレースがあり天気が良ければ最高ですねえ。
剣ヶ峰の下りは厳しいので要注意。
それほど雪は多くないのできっちりしたステップが刻まれており踏み外しさえしなければ問題なし。
下ってきて振り返るとさらに素晴らしい景色の剣ケ峰。

20160304htd.jpg

このコース一番の景色ですねえ。
アップダウンを繰り返し、きつくなったらこの景色を眺めて一休み。

20160304hte.jpg

山頂手前は広くて緩やかな登りから一気に急な登りとなる。
前方には直登に数名の人がとりついている。

20160304htk.jpg

あれっ、引き返してくる人がいます。
なんで~
この先険しくて登れそうにないとのこと。
確かに時々ズボッと踏み抜いたりしてかなり歩きにくい。
でも、何人かは登って行った模様だ。

20160304htf.jpg

少し右手にトラバースし直登する。
そしてほどなく多くの登山者でにぎわう山頂についた。

20160304htg.jpg

360度の展望を満喫。
残念ながら八ケ岳や富士山方面はもやっとして見えないが他はばっちりです。
中ノ岳方面に行く人もいましたが、吾輩はパス。

20160304htm.jpg

以前登った中ノ岳方面はトレースはなさそうです。
積雪時は、ラクチンな川場スキー場コースが主流なんかもね

のんびり展望を楽しみましょう。
景色を見ていたら武尊神社方面から登ってくる人がいます。
下りもこっちを通っている人が…

20160304htn.jpg

なんだあ、苦労して直登しなくても左から巻いてこちらを歩けばよかったんだあ…
さ、帰りましょう。
下山は当然こちらのラクチンコースを利用です。
帰路眺めていたらほとんどの人がこちらの利用しています。

20160304htj.jpg

帰りはず~っと剣ヶ峰山を眺めながら歩きます。
この山は帰りのほうがきついかも…
最後に剣ヶ峰ののぼりは精神的に疲れます。

20160304hth.jpg

でもこれを登ればもう登りはなし。
さあ、頑張って登りもう一度素晴らしい展望を眺めましょう。
時々、剣ヶ峰に登らず山腹をトラバースする記事を目にすることがあります。
今日はトレースはなかった。
この山腹をトラバースするのは結構勇気がいりそうです。
登ってもわずかですからトラバースはやめたほうがいいですね。

20160304hti.jpg

剣ヶ峰で最後の景色を堪能しぐんぐんと下ればすぐにリフト乗り場です。
いやあ、もう着いちゃった…
そういえば山頂では景色に見とれててお昼ご飯食べてなかった。
今日はまだ水も一滴も飲んでない。
楽しかった歩きを思い出しながらのんびりとおにぎりを食べました。
くだりもラクチンなリフトです。
ちょっと楽しすぎて時間的には物足りない歩きでしたが(^^♪

14年前同じコースを歩いた時のことを少し。
記録によると、土曜日だったんですが、その日登山者はなく頑張ってトレースを刻みながら歩いていました。
帰りに剣ヶ峰からの下りで3名の方と遭遇。
高速が事故渋滞、登山口到着が遅れ時間切れで山頂には向かわずそこから一緒に戻ったとあります。
今回は平日でも結構な登山者でしたが、前回は引き返した人含めて4人だけ…
山の人気が出てきたのか?それとも時間に余裕のある中高年が増えたのか?

天気は同じように晴れで風は弱かったようです。
積雪量は、写真を見る限りあまり木々は見えず真っ白です。
かなり雪は多かったんだなあと思いました。

20020202htk.jpg
14年前の剣ヶ峰山 ↑

ほとんどスノーシューで剣ヶ峰の下りはアイゼンに付け替えて歩いていました。
リフトは登りだけの利用でした。下りはゲレンデ脇をは40分ほどで下ってます。
山歩きは、ゲレンデトップからの往復で6時間50分かかってます。

今回は3時間50分、休憩は今回のほうが長いんですが…
今より体力はあったと思うが、3時間も余計かかっている。
やはり冬山は、トレースがあるかないかで全然違うなあと思った次第です。
それと、前回はスキー客がいっぱいでしたが、今回はかなり閑古鳥が鳴いてる状態でした。
スキーは少なくほとんどがスノーボードでした。

アルバムです↓


川場スキー場トップ 9:25→9:57 剣ヶ峰山 10:05→11:17 武尊山 11:52→12:49 剣ヶ峰山→13:15 スキー場着



関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。