日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


観音山

2016年2月12日(晴れ) 
観音山(瀧我山…530m)

以前ジョギングしたとき見かけた観音山入り口の標識。
どんな山なのか気になっていた。見上げればこじんまりした岩山だ。
で、岩櫃山に上る前にちょっと足慣らしで歩いてみた。

20160212ka.jpg

↑クリックで大きくなります。
百基の観音石像が祀られているそうです。
案内図によると東山と西山がありいろんな洞窟があるようです。
しかし、ハイキングコースは東山しか記されていない。
まずは東山を歩いてみよう。

20160212kb.jpg

その前に不動の滝(三重の滝)を見物してきましょう。
除雪された駐車場、そのすぐ上に四阿がある。
そのすぐ先に赤い色の不動堂があります。滝はそこから少し下ったとことろ
道は凍結してるので転ばないように用心用心…
すぐに滝つぼです。まだこの辺りでは凍結するまでには寒くならないようです。
別名「三重の滝」というので、多分3段になってるんだろうが…

20160212kc.jpg

赤いおべべを着たお地蔵さんに見送られ登山開始。
すると、山肌をザザザッと駆け上がる何者かが…
「クマ出没注意!」の看板もあったのでドキっとして山肌を見ると…

20160212kd.jpg

カモシカがこちらを見ていました。
じ~っと見ています。いつまでも目を離しません。向こうも緊張しているのかな?
いやあ、クマでなくてよかった。
今日は熊鈴持ってません。
今の時期は冬眠してるから大丈夫なんて思ってますが、果たしてどうなんでしょう?

20160212ke.jpg

わずかで、そそり立つ崖に「胎内屈」。鉄梯子があって洞窟の中をくるっと回れました。
中に観音様が祀られています。
そのあと「北向観音屈」。
そして少し進むと「金堀穴」です。

20160212kf.jpg

金でも掘ったんでしょうか?
奥行きは20mとの表示があった。入ってみましょう。
ロープがあるがライトを装着して水平移動。う~ん、20mはなさそうでしたねえ。
この穴、暖かかったです。
次は「象ケ鼻」です。
でっかい岩が横向きに…いやあ、すごいねえ
道はここで二つに分かれます。
左回りは見晴台経由、右は南大岩屈経由で山頂とありました。
よし、まずは見晴台経由で山頂めざしましょう。

20160212kg.jpg

しかし…
あれえ見晴台はどこ?という感じで、見つけることができずに山頂到着。
30分弱で山頂でした。

20160212kh.jpg

子持山や上州武尊山方面の景色はばっちりでした。
眼下の東吾妻町付近の雪景色もいいですねえ。
さあ、下山です。「南大岩屈」経由にしましょう。

20160212ki.jpg

日当たりが悪いのか雪が多い。トレースもない。
雰囲気から見てこっちだろうと下る。
テープがありました。ほっと一安心。
向かいの尾根に黒っぽい動物が…
2頭います。カモシカでした。

20160212kj.jpg

急な斜面でロープがあった。
もう少し下るとばっちりカモシカが見える場所に出そうです。
カモシカを眺めながら下ってたらつるっとすべって転倒…
じっと見つめていたカモシカ。転倒に驚いたのか山肌を駆け上っていった。

20160212kk.jpg

道がわかりにくい。多分こっちだろうと思い歩くと大きな岩の下に出た。
多分「東大岩屈」でしょう。
こっちかなと岩の基部、斜面を登るが途中でどうも歩けそうにない感じになった。
下を見ると、雑木林の斜面のほうが歩きやすい感じ。
まあ、どこを歩いても行けそうな感じがしたので、適当に歩く。
しかしどう見ても正規のコースじゃないなあ?

20160212kl.jpg

うろうろしながら適当に下る。
本当はトラバース気味に歩いて南大岩屈から象ケ鼻に出なきゃいけないんだが…
最後は急斜面を下り観音橋に出てしまった。
登山口より200mほど下ったところだった。
いやあ、第B間違えたようだ。
やはり、あの岩の基部を登るのが正解だったのかなあ?

20160212km.jpg

距離にして約1km、行程は1時間弱程度の観音山だったが…
カモシカに出会えたり、不鮮明な道を歩いたりと楽しかった。
西山にもいろんな屈があるんで多分歩けるようになっているんだろう。
今度は時間に余裕を持って再挑戦してみたいと思える山でした。
さあ、本来の目的である岩櫃山を目指そう。
車窓から観音山が見えた。
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。