日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


快晴の天狗岳

2016年2月4日(晴れ)

前日赤城山に登って眺めた八ケ岳方面の山々。
しばらく行ってないなあ…
天気も良さそうだし行こうかな?2日連続の山歩きだから、まずはラクチンな天狗岳だな。

20160204ttop.jpg
↑東天狗頂上付近

ほんとはしらびそ小屋か本沢温泉泊りもいいなあと思ったが、急に思いついた山行…
準備不足です。で、一番オーソドックスで楽な渋の湯からのピストンでした。
渋の湯御殿P6:57→8:23黒百合ヒュッテ8:27→9:35東天狗9:50→10:07西天狗10:45→11:00東天狗→11:33天狗の奥庭→11:46ヒュッテ12:10→13:05渋の湯御殿P

20160204ta.jpg

渋の湯までは少し凍結した道もあったが、特に問題なく到着。
駐車場の奥にある渋の湯御殿まで行って駐車場(\1,000/日)の受付を行う。
凍結した道を寒い中、女性が駐車場まで先導してくれました。
駐車場では今から登ろうかという方たちが数名。
天気よくなりそうですねえとあいさつを交わす。

20160204tb.jpg

登山届を提出し登り始める。Wストックに12本爪アイゼン装着です。
アイゼンはなくても良さそうだが、くいくいっと雪面に小気味よく食いついて歩きやすい。
あれっ?ストックの固定がうまくいきません…
上下ともうまく固定できない…
昨日はよかったのになあ。分解して確認するがうまくいかない。
寒すぎるとダメなんかなあ…
結局一本は帰るまで荷物になっただけでした(*_*;

20160204tc.jpg

古希を過ぎたという単独の男性、そして犬連れの男性を追い抜く。
うっそうとした樹林帯。今の時期にしては雪は少ないのかな?
10数年前に歩いた時はもっとたっぷり積雪していたような気がするが…
トレースはしっかりついていました。
1時間半弱で黒百合ヒュッテに到着。真っ青な空!気持ちいいです。
ちょっと一休み後、中山峠を目指す。

20160204td.jpg

峠からは雲海が見えた。
風が強くなってきた。
樹林帯で風を避けオーバーヤッケ着用。目出し帽はまだいいかな?
ネックウオーマーで大丈夫でしょう。
この程度ならピッケルも不要でしょう。
樹林帯を抜けると天狗が見えた。
まずは東天狗を目指します。

20160204te.jpg

キラキラと樹氷が輝く。
いやあ、神秘的な美しさ!
そして振り返れば素晴らしい展望。
にゅうの奥には真っ白な浅間山。
あっちは北アルプスかな?中央尾アルプス?
あれは御嶽山かな?
素晴らしい景色に見とれなかなか足が進みませんねえ。
山頂が近くなると少し急になるが、特に問題なし。
雪煙が舞う景色も久しぶりです。いやあ、雪山に来たんだあと感動です。

20160204tf.jpg

東天狗到着。
3人がいました。当然ですが素晴らしい展望です。
ただ北アルプス方面はちょっと雲がかかっている。
みんなで「槍ヶ岳はどこかなあ?」と探すがよくわからない。
多分あの雲の中、あのあたりだろうということに決着。
女性二人組は夏沢峠方面へ下って行った。

20160204tg.jpg

結構厳しそうな下りです。
気を付けてねえと送り出す。
そういえば以前本沢温泉方面からみんなで来たとき、強い風で登頂断念するか、登るかかなり悩んだことがあったなあ。
本沢温泉では、寒い中露天風呂に入ったこともあったなあと思い出す。
あの時は寒かった…タオルがバリバリに凍り付いたもんね。
あれももうかなり前の思い出。
またみんなで歩きたいなあ…

20160204th.jpg

さて、西天狗を目指しましょう。
ここで初めてピッケルを使用。下りは怖いしね。
西天狗は真っ白です。いったん下ってわずか登ればだだっ広い山頂でした。
東天狗までは何度か来ているが、西は初めて。
たった一人の山頂。
思いっきり展望を満喫です。
そのうち子犬を連れた男性登場、そして単独の男性が到着し3人となった。

20160204ti.jpg

こちらのほうがなぜか風が弱い。東ではビュービュー吹いていたのにね。
赤岳や阿弥陀岳が格好いいです。
次は赤岳に登りたいなあ…
甲斐駒や仙丈ケ岳方面がばっちり。鳳凰三山も見えました。
のどかな山頂です。

20160204tj.jpg

でもやはり2,600mを超える冬山
風が少し強くなってきた。
まだ時間も早いのでお昼はヒュッテまで下ってからにしよう。

20160204tk.jpg

いったん東天狗へ戻ります。
山頂に戻らず途中トラバースするトレースもあったが、安全第一!
山頂まで戻り、蓼科山を眺めながら下ります。
単独男性が先行し下る。
途中から中山への道と分かれ、すりばち池方面のコースとする。

20160204tl.jpg

このコースも初めてです。
あまり一般的でないのかトレースは少ない。
でも男性が200mほど先を先行しているので安心です。
くぼんだ所がすりばち池かな?夏は水があるんだろうか?
天狗の奥庭あたりは積雪が少ないためか磐が露出して歩きにくい。
時々ズボッと落ち込むのが楽しい(^^♪

20160204tlm.jpg

歩きにくく意外と時間がかかったが、眼下に黒百合ヒュッテが見えてきた。
背後の山が綺麗です!
ごつごつした南八ツの雰囲気も好きだけど、こうした樹林帯の雪景色もまたいいですねえ。
急な斜面を下ると黒百合ヒュッテ。
ここでお昼にします。
日が当たって風もなく暖かい。しばしのんびり休憩です。

20160204tn.jpg

ヒュッテでアイゼンを外す。ピッケルもしまってストックで下ります。
しかしこれが失敗でした。
最初の緩やかなくだりは問題なかったが…
急斜面になると凍結した雪面でズルッとすべる。
何度か転倒しそうになり、アイゼンつけようかなと思ったが、ズルしてそのまま下る。
これが今回の大きな反省です。
面倒だなあという気持ちが命取りになる可能性もあるしね。
それとストックが1本使えなかったのも反省です。
日頃から道具はしっかりメンテしておかなくっちゃね(*_*;

反省点もあったけど無事下山。
いやあ、久しぶりののんびり雪山歩きは楽しかった。

↓アルバムです

関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。