日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


長石林道

2015年10月26日(晴れ)
長石林道

先日赤城神社で出会った太田市のTさんとのサイクリング。
どこか行きましょうと決定したのは、桐生で集合し、長石林道近辺のコース。
前日はものすごい強風「木枯らし1号」が吹き荒れた。
当日風は弱くなる予報ということで走行決定。

20151026nc.jpg

下記コースを走ってきました。↓
猪子峠、藤坂峠、馬打峠、長石林道の4つの峠を越えるコース
距離は約63km、獲得標高は約990m。
人も車も少ない鬱蒼とした杉林…一人で走るとちょっと寂しい長石林道
Tさんに同行してもらい、楽しいサイクリングでした。




桐生の小梅琴平公園に集合
ではスタートしましょう。
小俣を過ぎ、早速「鶏足寺」に立ち寄る。
ここは綺麗な紅葉が見れるところだが、まだ全く紅葉していなかった。

20151026na.jpg

猪子峠へ向かってゆるやかな登りを走ってると、単独のサイクリストと同行。
桐生の方で、今回のコース他をいろいろ教えてもらった。
我輩は息が荒くなったが、彼はまったく息を切らしていない。
タフですねえ。
トンネルからビューンと快適に下って、松田湖への分岐。
ここにサイクリストのたまり場(練習時の休憩場所)があるとの事で同行する。
自販機の立ち並ぶ光景はなかなかいい雰囲気。

20151026nb.jpg

男性と別れ、藤坂峠をめざす。
ここは勾配も少なく軽くクリアー
ここからは快適な下りで足利方面へ向かう。
途中、高速道路を過ぎてわずかなところから馬打峠へと向かう。
この坂は小粒でピリリと辛いって感じ。
「馬打峠カーブ番号12/19」などとカーブに記されていた。
登って行くと数字が減っていく。
なるほど…
1/19が峠かな?と頑張る。まだまだあるなあと思ったら峠に到着。
たぶん1番は下ったところの様だ。

20151026nd.jpg

苦しさのあとには楽しさが待っている。
ビューンと快適に下って松田川を渡り、サイクリストのたまり場に到着。
数名が休んでいたが止まらず、挨拶だけして松田湖をめざす。

20151026ne.jpg

それにしても空が青い!
雲一つない快晴だ。
昨日のような風もなく、まさにサイクリング日和。
長石林道の急坂の登りに備え松田湖で一休み。

20151026nf.jpg

さあ、本日のメイン「長石林道」の登りに挑戦です。
殆ど車の通らない林道で安心して上れます。
鬱蒼とした杉林の中、結構ハードな急坂、カーブが現れる。
頑張って登ると視界が開け、つづら折りの道が見えた。

20151026ng.jpg

このカーブを曲がれば最後の登り。
頑張りましょう!

20151026nh.jpg

そしててっぺんに到着。標高約510m。
時々行く赤城神社より少し低いくらいの標高だ。
赤雪山への登山道入り口のあるこの峠、名前がないのかな?

2.jpg

本日の目標、長石林道をクリアー
いやあ、頑張りました。
ここからも快適な下りで「老越路峠」到着。
Tさんが興味津々で何やら眺めています。
それはこの看板↓ クリックで大きくなります。

20151026ni.jpg

松田から日光までの林道が7つの区間に区切られています。
その合計距離が約64km。
どんな道が続くんでしょう?
いつか走ってみたい気もしますが、かなりアップダウンあるんだろうなあ。

さあ、お昼にしましょう。
梅田湖を過ぎ、以前立ち寄ったことのある食堂に到着。
開いているようだが誰もいない…
少し待ってみたが、人のいる気配がしない。
中々雰囲気の良いお店だったのに.。
きのこうどん食べたかったなあ…残念。

20151026nj.jpg

まあ、もうすぐ桐生市内なのでどこかあるでしょう…
しかし、なかなか食堂が見つからない。
やった~鳥めしだあ。と、お店に入ろうとしたらテイクアウトのみ…
このままお昼にありつけないだろうかと不安になる。
「ここを曲がってみましょうか?」と交差点で信号ストップ。
ふとみると食堂が見えた。
なんか古めかしい感じ、大丈夫かなあと不安な気持ちで自転車を止める。

20151026nk.jpg

お客さんなのかお店の人なのか?いまいち不思議な人たちが数名。
聞くと常連さんの模様。
「いやあ、どこから来たの?そう、凄いねえ。若いねえ」としばらく自転車談義。
お店は、80年弱続いているとの事。戦後70年だから凄いですねえ。
メニューもびっくりするくらい多い。もう少しで300種くらいになる感じ。

店のおばあちゃんが、感慨深げに言ってました。
「続けるって大変だあ~。でもお客さんがいる間は…」
雑誌などにも取り上げられたことのある結構有名なお店の様です。

帰る時には恐縮するくらいに見送られる。
いやあ、満足、満腹!
わずかで公園に到着。
Tさんとは初めてのサイクリングだったが、走力や年齢がほぼ同じ。
楽しいサイクリングは終了した。
Tさん今度はどこ走りましょうか?



関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。