日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


谷川岳

2015年10月15日(晴れ)
谷川岳

紅葉の谷川岳を歩こう。
その前に一ノ倉沢で夜明けを撮影しようと真っ暗な中、MTBを走らせる。
寝不足の為か脚が重い。
到着した一ノ倉沢、何人かのカメラマンが待機している。
真っ暗な岩壁はなんか不気味だ。

20151015tna.jpg

次第に空が明るくなり、岩壁に徐々に陽が射してくる。
刻一刻と変化するモルゲンロート
感動です!
中々去りがたい景色だが、今度はあの稜線からの景色を眺めよう。
いったん駐車場へ戻り、山歩きモードに変更。

谷川20151015map
クリックすると大きくなります↑

今日の下山は中芝新道の予定。
こちらは登山者はほとんど見かけない。
静かな山歩きで紅葉を堪能しましょう。
登山指導センターで登山届提出。下山は16時の予定。

20151015tnb.jpg

西黒尾根を登ります。
この尾根はお気に入りの登山道。
鎖場があったり、岩場、急登、そして森林限界超えたら素晴らしい展望。
何度歩いても飽きないコースです。

20151015tnc.jpg

高度を上げるとブナ林の紅葉が綺麗です。
途中、単独の方と出会う。話してみると同じ町だとの事。
山談議などしながら一緒につらい登りを頑張る。
この方(Yさん)とは奥の院までご一緒すさせていただきました。

20151015tnd.jpg

樹林帯を抜けると素晴らしい展望が現れる。
今日は素晴らしい天気。遠くの山々の景色がばっちりです。
そして最初の鎖場。
先行する若者グループもこの景色に感動している模様。

20151015tne.jpg

数か所の鎖場を過ぎラクダの背に到着
眼前に双耳峰の山頂や厳しい上りが現れます。
マチガ沢方面の景色も最高!
いったんわずか下り厳剛新道の分岐着、そして登りとなる。

20151015tnf.jpg

あれっあんなところに牛がいる!クマじゃないよね(*_*;
よく見ると、岩の陰でしょうか?今まで何度も歩いているが初めて気づきました。
それにしても牛に瓜二つだなあ。

20151015tng.jpg

つらい登りだが、今日の天気は最高。
気分良く快適に登る。
氷河の爪痕、一枚岩あたりは滑るので要注意。
雨のあとだったら更に要注意かもね。新潟から来たという男女が休んでいました。
白毛門に上ろうと思ったらどうも道を間違えたらしく、谷川岳ンしたそうです。
「じゃあ、馬蹄型で行ったら?」などと冗談を言いながら相前後し登ります。

20151015tnh.jpg

厳しい上りが終わり笹の気持ちい歩きとなる。
「あっ白い山が見える!どこだろう?
山頂を前にして話が弾む。たぶん北アルプスのどこか、後ろ立山方面かな?

20151015tni.jpg

トマノ耳、山頂です。
平日ですが、結構いますねえ。
休憩もそこそこでオキノ耳へ向かいます。
オキノ耳へ向かう鞍部当たりの斜面を単独の方がザイルを使用し登ってきます。
樋みたいなものを持ってますが、何をしてるのでしょう?

20151015tnj.jpg

若干登り返してオキノ耳到着。
もうこのあたりの紅葉はまったく終わってました。
そして奥の院へ向かう。
この上の展望の良い岩場でお昼とします。
Yさんとはここでお別れ。今度どこかご一緒しましょう。
では一ノ倉岳をめざしましょう。

ノゾキあたりで数人がたむろしていた。
大きなカメラや三脚。
聞いてみるとNHKの取材陣で、「日本百名山」の撮影だそうです。
1月に放送予定との事でした。

20151015tnjk.jpg

一ノ倉岳到着。
せっかくだから少し先まで歩いて茂倉岳を眺めて来よう。
登山道脇で登りで出会った新潟の男女が食事中でした。
しばし山談議。爽やかな若者でした。
さて下りましょう。
中芝新道、最初は笹の気持ちよい斜面です。
道が分からないほどではないが、笹が生い茂る登山道は不鮮明。
足を挫かないように慎重に下る。

20151015tnjl.jpg

こちらのコースはほんと静かです。誰にも出会いません。
不安になってクマ鈴をガンガン鳴らしながら下る。
右手は一ノ倉方面の岩峰が格好いいねえ。

20151015tnjm.jpg

左手には武能岳が聳えたつ。
途中の岩場で一休み。
逆光に岩場の景色が浮かび上がる。素晴らしい景色独り占め。

20151015tnn.jpg

この先から尾根歩きは終わり
時々厳しい岩場が現れる。
そして草つきの岩場のトラバース、続いてまっすぐな下り…
鎖やロープがあります。濡れた岩は滑ります。
緊張の連続。誰も歩かないこんなところで転んだらやばい
慎重に慎重に下ります。

20151015tno.jpg

下のほうに沢は見えるが中々近づかない。
足元注意です。
何度かズリッとしてひやりとする、そしてようやく沢に到着。
しかし、沢についても安心はできない。

20151015tnp.jpg

ごろごろした岩の下り。
山肌を見ると落石も怖そう…
時々黄色いペンキマーク
見落とすといつのまにか変なところを歩いていて降りられなくなる。
左の山肌にエスケープ。
草付きの崩壊した斜面。ロープがあったが足元は不安定。
ここが一番緊張したかな?
登りだったら沢筋の歩きや稜線に取り付くところは迷いそうで要注意もね。
そしてようやく芝倉沢出会いに到着。
ほっと一安心。一休みしましょう。

20151015tnq.jpg

ここからは旧国道、歩きやすい道となる。
少し紅葉の進んだ気持ちい道。
ちょっと頑張ってトレイルランもどきで走って下ります。
いやあ、気持ちいいねえ。
快適に走って、歩いて、走って駐車場着16時、予定ぴったりだった。

ロープウエイP0720→西黒尾根→1035トマノ耳1043→1109オキノ耳1130→1210一の倉岳1230→中芝新道→1440芝倉沢出合1450→1600駐車場

アルバムです↓


さて、次はどこの山に行こうかな?
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。