日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


火打山

2015年10月7日(晴れ)

火打山
高谷池ヒュッテ発4:55→雷鳥平5:48→6:20火打山頂7:25→ヒュッテ8:50→富士見平9:15→黒澤池ヒュッテ9:40→三峰分岐10:38→12:30惣滝12:50→13:05黄金の湯13:30→燕温泉駐車場13:40

昨夜は綺麗な星空だった!
明日はきっと快晴だろう?稜線から日の出を見ようとまだ真っ暗な4:55分ヒュッテを出発。
しかし…
星も見えない。ガスで回りもほとんど見えない。
こりゃあダメかな?
でも、そのうち…と期待して歩く。

20151007hta.jpg

時間が経てば晴れるだろう。風が強い。少し明るくなってきたが依然視界なし。
雷鳥平に到着。
ガスがかかって雷鳥出現には好条件みたいだが、雷鳥は見当たらなかった。

20151007htab.jpg

一瞬ガスが晴れた。
おおっ樹氷だあ~
喜んだのも束の間、すぐに何も見えなくなった。
ただ風だけが強い。
3人ほど下ってきた。
山頂は何も見えない。寒くて我慢できず下りてきたとのこと。
う~ん、やっぱりだめか?
更に速度を落としゆっくり登る。

20151007htc.jpg

山頂着
な~んにも見えない。真っ白の世界。
3人が朝食中。
でも空には時折青空、晴れるかもねえなどと話していたら…
一気にガスが取れ青空となった。
おおっ凄い!
一面の雲海だあ~
何も見えないと諦めていただけに感動も大きい。

20151007htd.jpg

刻々と変わる山並みを眺めていると、昨夜ご一緒した団体さん到着。
九州男児4人組と朝の挨拶。
「先ほどまで何にも見えなかったんですよ~。さすが団体パワー!」と声をかける。
お互いに記念撮影。

20151007hte.jpg

「いやあ、これほど素晴らしい山とは!最後にいい思い出になった」と、団体さんは下山していった。
飛行機の時間があるのでのんびりできないそうです。
もっとゆっくりできたらいいのに残念ですねえ…

20151007htf.jpg

どんどんと展望が良くなってきた。
焼山方面の雲の動きが激しい。
しかし、先日歩いた雨飾山は最後まで姿を現さなかった。
これだけが心残り。
富士山も見えました!槍ヶ岳も見えました!後ろ立山方面お山もばっちり!

20151007htfg.jpg

いつまで眺めていても飽きない景色です。
昨日歩いた妙高山も綺麗に見えてきました。
いやあ大満足。1時間以上休んでしまった。では下りましょう。

20151007hth.jpg

キラキラと樹氷が綺麗。
いやあ、山はやっぱり早めの行動がいいですねえ。
もう少し時間たてば樹氷は、落ちてしまうだろう。
この輝き、太陽にきらめいて本当に美しい。

20151007hti.jpg

天狗の庭に到着
池に映る逆さ火打を撮影するのも今回の目的。
真っ青な青空に綺麗な火打山。紅葉は少し時期が遅かったかな?
さて逆さ火打は…
う~ん、風が強く水面は波立っている。
風がやむのを辛抱強く待つが、なかなかうまい具合に行かない。
ま、こんなもんでいいか?

20151007htj.jpg

高谷池も朝の光で美しい。
まだテントも数張り残っているようです。
今度はテント泊で来たいなあなどと思いながら富士見平をめざす。
そして黒沢池ヒュッテ方面へ

20151007htk.jpg

いやあ、気持ちよい草原です。
風が心地よい。開放的な草原は爽やか!
の~んびり歩きましょう。

20151007htl.jpg

ヒュッテからは、神奈山方面へ下ります。
紅葉の木々の間から火打山が見える。
このコースはほんと静かです。だ~れにも会いません。
ほんと、道はあってるのかなあとちょっと不安に…
登山道はしっかり整備されているので間違いではないでしょうが…
三峰分岐までは右手にどっしりした妙高山を眺めながら下る。
分岐からザレた急坂を下ると黄金清水。

20151007htm.jpg

ここでこのコース下り始めて初めて人に会いました。
いやあ、なんかほっとします。
このあたり紅葉がちょうど見頃。男性は長助池まで撮影山行だそうです。
しばらく紅葉を眺めながら樹林帯を下る。
そして惣滝への分岐に到着。
「未整備の為、立ち入らないでください」とあるが、ちょっと寄ってます。
歩きにくい道、所々大きな落石…
その後2か所ほど注意を促す看板があった。
滝が大きく見えます。滝口まで行ってみよう。

20151007htn.jpg

近づくにつれ、日の当たらない滝口がうっそうとした感じになってくる。
石が滑ります。水しぶきがあたります。
なんか不気味な感じ…
早々に陽の当たる場所まで戻りました。
いやあ、見事な滝でした。

20151007hto.jpg

登山道まで戻り少し歩くと大きなつり橋。
手前を右折してわずか歩けば先日入った「河原の湯」です。
今日はパス。
つり橋は補修中で通れません。
仮設のアルミ梯子などを使った橋で対岸に渡る。

さあ、楽しみな露天風呂です。
「黄金の湯」
先日はお湯が少なく入れなかったが、修理したんでしょう。
お湯がはたっぷり。湯加減も上々です。
紅葉の始まった木々を眺めながらの風呂は最高!
楽しい3日間の山歩きは幕を閉じた。
いやあ、山っていいですねえ。

アルバムです↓


さて次はどこに行こうかな?

関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。