日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


十勝岳 強風で撤退

2015年7月8日

十勝岳

白銀荘でお目覚め
外を見るとどんよりとしているが雨は降っていない。
予報では9時頃から雨とのこと
心配は、2,000m付近の風速が20m/s位の予報…

まあ、雨は降ってないので予定通り出かけることにします。
コースは次の通り(クリックで拡大します)

20150707ta.jpg

結果、緑色の十勝岳山頂から美瑛岳方面は撤退。
赤色部分のピストンでした。
ま、昨日上ホロカ方面から十勝岳をばっちり眺められたしね。
過去に何度か山頂は拝んでるし、無理することもないし…

山行記録は…
北海道の山だし、滅多に行けないから記録は残しておこう(^^♪

白銀荘から車で望岳台へ向かう。
かなり強い風です。
望岳台には数台の車。こんな天気でも登る人いるんですねえ…

20150707tb.jpg

どんよりとした空。前十勝から上がる噴煙がたなびいている。
やはり結構風が強そうな感じ。

20150707tc.jpg

美瑛岳への分岐
帰りはこちらから降りてくるんだなと確認
小雨程度なら歩けないこともないだろう。
今日は意外と体調が良い。さあ、頑張って登ろう。

20150707td.jpg

避難小屋を過ぎ、前十勝へは登山禁止の標識
少しトラバースし尾根に出る。
このあたりから風が強く、時々よろっとする。

20150707te.jpg

前日の富良野岳と違って草花は一切ない。
荒涼とした感じ。やはり火山ですねえ。
それも活火山!
風がどんどん強くなる。
ビュッと来た時は思わずストックを持つ手に力が入る。
砂が飛んで口や目に入る。ほほにあたると痛いです…

20150707tf.jpg

急登が終りすりばち火口とグランド火口に挟まれた狭い稜線にでた。
ますます吹き荒れる風…
男性が戻ってきた。
「先まで行ったけどとても歩けない。引き返します」とのこと
後から登ってきた二人を加えて「どうしよう?」と思案する。
耳を傾けないと声も聞きずらい感じ。
山頂も雲に覆われ見えなくなってきた。
風が弱まる形跡もない。
よし、撤退!

20150707tg.jpg

せっかくここまで来たんだから写真だけでも…
でも風で飛ばされて写せません。
すると単独の男性が下ってきた。
「いやあ、山頂は大変だった。この先は這いつくばってどうにか歩いてきたが…」
相当早く登ったようです。
お互いに写真を撮りあうが、ポーズは取れないね
必死でストックにしがみつきながら写してもらいました。

20150707th.jpg

その後、もう少し風を体験しようと少し先に進むが…
ほんとやばいです。時折ビューンと突風が吹くと飛ばされそうになる。
気象庁の説明によると
風速15~20m/s未満では、風に向かって歩くのは困難。転倒する人もいる
20~25m/sでは何かにつかまっていないと立っていられない
こんなレベルらしいです。
さあ、火口に吹き飛ばされる前に下りましょう。

20150707ti.jpg

下山途中雨がポツリ…
山頂は全く見えなくなった。
前後して歩いたお二人と「いやあ凄い風だったねえ」と話しながら登山口着。
まだ時間が早いので、白銀荘に再入館。300円でした。
雨がザーザーぶりになった。
お風呂は10時前からということでのんびりまったり。
温泉に入ってひと休み。

20150707tj.jpg

まだ旭川に戻るのは早すぎる
で、「青い池」を観光。綺麗ですねえ。

20150707tk.jpg

晴れてきました。
山のほうはまだまだ雲がかかってますが…
富田ファームでラベンダー見物。
いい香りですねえ

アルバムです↓


ザックは宅急便で送り返しました。4往復で3,000円ちょっと
ラクチンですねえ。
北海道の山歩きは終了した。

翌日から仕事
気分切り替えて頑張るぞ~
その前に今夜は宴会ですが…



関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。