日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


SPA TRAIL Shima to Kusatsu

2015年6月28日

四万温泉から野反湖を経由して草津まで走るという、壮大なスケールの「スパトレイル四万to草津」に参加した。
ただし、吾輩が参加したのは約半分の野反湖からスタートです。
ロングコースは72.7km…
とてもそんなコースを走る体力はありません。
今月はランの練習はわずか30km程しか走っていない。
明らかに練習不足だが、最初はビューンと下りばっかりだし、38km位なら…

20150628kmap.jpg
↑クリックすると大きくなります

天気予報は思わしくなかったが、当日はみんなの思いが通じたか、朝からいい天気。
バスでスタート地点の野反湖へ向かう。
途中、すごい坂道をランナーが走っていた。
ロングコースの選手だ。
バス内からは「凄い!」「もうここまで来たのかあ」「坂、走ってるよ~」と感嘆の声が飛び交っている。
野反湖到着。スタートまでは2時間ほどあるので、ロングの選手の健闘ぶりを眺めながら時間を過ごす。

20150628ksa.jpg

9時半、スタート位置に集合。
プロデューサーの鏑木氏と松本氏の軽妙なトークでコースの概要説明や注意事項があった。
10時、スタートです。
鏑木氏とハイタッチし元気をもらう。さあ、草津目指して頑張るぞ~

20150628ksb.jpg

最初は野反湖畔の気持ちよいトレイルです。
レンゲツツジやニッコウキスゲを見ながら快適に走る。
そして湖畔を離れ、ゆるやかな弁天山への登りとなる。
ふと前方を見ると応援カードを手にした男性から声がかかる。
なんとTさんが応援してくれていた。

20150628ksc.jpg

いやあ、嬉しいねえ。
Tさんは脚の具合が悪くロングコースをDNSしたとのこと。
よし、Tさんの分まで頑張ろう!
コース最高峰の弁天山到着。
一気に展望が広がる。
ここから一気に標高差約600mの下り。
下りはラクチンだあ~と思っていたが、次第に足にダメージが…

20150628ksd.jpg

いやあ、中々しんどい下りだった。
エイドに到着。
マイタケ汁がおいしい。塩がおいしい!コーラくださ~い。お水も…
転んだのか膝や腕をすりむき手当てを受けてる人も数人。

20150628kse.jpg

さあ、次のエイドに向けて出発です。
この区間は厳しいアップダウンが続く。
少しづつ元気を搾り取られていく。

20150628ksf.jpg

急激な樹林帯の下り。
ジグザグに下る。
そして待ち受けていたのは「世立の八滝」…
階段の登りです。そして下りです。
ほぼ垂直といった感じの梯子もある。
これでもかと痛めつけられる。
上を見ないようにしよう…
と言ってもついつい見てしまう。どこまで上るの~って言った感じ。
もう登山です。

20150628ksg.jpg

ここで完全に元気を取られてしまいました。
エイドに到着。脚はガタガタです。
しばらく座り込んで回復を待つ。
いやあ、水がおいしい!

20150628ksh.jpg

ここで応援に来ているhiroに電話。
「疲れたよう…あと14kmだから3時間くらいでゴールかな?」
さあ、座り込んでてもしょうがない。重い足を引きずりながら先へ…

20150628ksi.jpg

このあたりからわずかな登りでも脚が止まりそうになる。
でも、ロングコースの人も頑張っている。
距離が半分の我輩、ここでヘタレちゃみっともない。
ここは根性!
少しでも走る。
大会はこんな奮い立つ気持ちが出るから苦しくてもゴールをめざせるのだ。
一人だったらとっくに諦めてるだろうな。

20150628ksj.jpg

最後のエイド15時20分着。
関門は16時30分。意外とやばかったのかもね。
残り8kmちょっと。やったね。もうゴールは見えた!
滝の付近でご一緒して先になり後になりしてた高崎のお姉さん。
ここで一気において行かれた…
ま、いいか…

hiroに到着予想を連絡しようとしたが圏外…
電話してる人もいるのに、吾輩の電話はダメだなあ…
消防団員の方々に「頑張れ~」と声援をもらいスタート。
最後の区間は意外と平凡なコースだ。
今までがきつすぎたのでそう思うんだろうけどね。
急な下りでは滑りやすい泥に足を取られ転ぶ人も…
もう脚に踏ん張りが利かなくなってるから要注意だ。

20150629k.jpg

緩やかな登りが続く。
そして道路に出る。
係りの人にあとどのくらい?と尋ねる。
600mですよ~。ファイト!と激励される。
ここで最後のスパートに備え水を飲み、hiroに電話。
「もうすぐ着くよ~」

緩やかな登り、途中足が止まりそうになった。
前方が賑やかになってきた。
ここは歩いちゃみっともない。
最後の元気を振り絞る。
カメラを構えたhiroを発見
そして可愛い孫と娘夫婦が見えた。
笑顔になってるかな?
元気に手を振り応援にこたえる。
そして最後の階段を2段跳びで越え、ゴールゲートをくぐった!

20150628ksk.jpg

完走証を受け取り、ステージでガッツポーズ!
やった~
安心したのか、その後脚が動かなくなり座り込んでしまった。
脚がプルプル…
「6時間43分25秒。 KTK38km男子 82位」でした。
いやあ、素晴らしい。100位を切りました。
といっても、このクラスにエントリーは167人。
順番や時間より、この厳しいコースをゴールできて大満足。
アルバムです↓


最後に今回の反省
「いやあ、きつかった。やはり練習不足だったなあ。38kmとはいえ甘く見ちゃいけません」
「ハイドレーションの蓋を忘れたのは失敗だった…
急遽ペットボトル買って対処したけど、水分補給のタイミングが合わなかったのもバテバテの原因かもね」

さて次は8月上旬の「蔵王トレイルラン2015」
標高差900~1,000mを一気に登る。そんなところが2か所ほどある難コース
今回より心してかからねば、完走は厳しいかも…
それに蔵王山の噴火警報は解除になったそうだが、心配だなあ…
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。