日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


西上州 宗四郎山

いやあ、連休は遊び過ぎ?
諸々の用事で、久しぶりの更新となりました。

2015年4月26日

宗四郎山

天丸橋P→北尾根→大山→倉門山→焼山→山吹峠→宗四郎山→山吹峠→トンネル出口→林道→天丸橋P
総行程 約6時間50分

Nさんと西上州の山歩きです。
どこか行きましょうということになり、Nさんから宗四郎山如何との連絡。
調べてみると中々面白そう。
その近くの大山、焼岩は昔歩いた記憶がよみがえる。
過去の記録を調べてみるとかなり難儀した様子だった。
しかしあれから12年…もうほとんど山の記憶は残っていない。
やはり記憶より記録ですねえ(^_-)-☆

途中の道の駅でNさんと待ち合わせ。
我がハスラーの乗り心地を体験してもらおうと同乗してもらい天丸橋登山口へ。
Nさんのエクストレイルに比べればオモチャみたいなハスラー4WDだが、坂道でもターボの実力は中々の物。
さてNさんの感想は?

登山口には2台の車が止まっていた。
男女二人組と言葉を交わす。
この二人組とはコースはまったく違ったが、大山頂上で再度遭遇。
そして下山した時また遭遇…いやあ奇遇ですねえとお互いびっくりでした。

今日歩くコースは殆ど破線ルート。
最初は大山へ北尾根経由でアタックです。
分岐が分からなかったら沢沿いにと思っていたが、登山口からわずかで沢を横切るようにテープがあった。
たぶんここだろうと予定通り北尾根を登ることにした。

20150426sa.jpg

ジグザグの樹林帯の急登。そして尾根に出てまたまた急登の連続。

20150426sd.jpg

途中景色のいいところがあった。たぶん展望台かな?
中々苦しい登りが続く。
たまに道が不鮮明となるが、よく見ればテープなどあり間違いない。

20150426sb.jpg

ほぼ垂直かなと思えるようなところも数か所あったが随所にロープがあり問題なく通過。

20150426sc.jpg

ところどころアカヤシオが出迎えてくれた。
岩肌に咲くアカヤシオは見応えあります。

20150426se.jpg

大山に到着。靄っとしているが中々いい展望です。
浅間山、八ケ岳、天丸山その他…
もう山ばっかりでどこがどこやら…

20150426sf.jpg

30分ほど展望を満喫し休憩。
さあ、出発しようと倉門山方面を見ると人の声が…
登山口で会った二人でした。

20150426sg.jpg

いったん下り、登り返せば焼山への縦走路。
せっかくだから倉門山も行ってこよう。
でも何の変哲もない感じの山でした。
さあ、次の目的地は焼山です。
ちょっとコースを外れた岩場からは先ほど登った大岩が格好良く見えます。

20150426sh.jpg

コースに戻り岩場の稜線歩きとなる。
左右かなり切れ落ちているが、木があるためそれほど緊迫感はない。

20150426si.jpg

でも落ちたらただじゃ済まないだろうから慎重に歩く。
途中10mほどの急降下の岩場、緊張感たっぷりでした。

20150426sj.jpg
↑ Nさん撮影

更に岩尾根を進むと展望の良い岩場ここが焼山かなあ。
展望が良いのでここでものんびり休憩です。
今から行く宗四郎山はどれでしょう?
あの丸っこいのかな?それとも尖山のほうかなあ?

20150426sk.jpg

単独のおじさんが登ってきた。
林道から焼岩そして焼山めざして登ってきたそうです。
コースがあるとは聞いていたけど…中々険しかったとの事でした。
このおじさん下山時に再度出会ったので道を尋ねてみた。
なるほど…あのトンネルの先から登ったのかあ?
今度機会あったら挑戦してみたいなあと思った次第です。

さて、いよいよ今日の本命「宗四郎山」をめざしましょう。
まずは、焼山から厳しい急坂の下り。乾いた土で滑ります。
ここを登るのも一苦労しそうですねえ。
急な下りを終えほっとしたところで山吹峠到着。
そこから3か所ほどのアップダウン。

20150426sl.jpg

いよいよ宗四郎山への登りです。
もっこり山でなく、とんがり山のほうでした。
なかなか厳しい登りです。
左にトラバースする楽そうな道もあったが、直登する急登コースを選択。
一登りで到着です。
山名表示はないが、GPSでの確認と地図での確認からすると間違いないでしょう。
少し先に行ったところからの展望は更に開けていた。
大ナゲシや赤岩、両神山方面が開けています。
こんな景色見ると歩いてみたくなりますねえ。

20150426sm.jpg

さて、たっぷり休んだので戻ることにしましょう。
山吹峠手前で右手をトラバース気味に群馬側の林道を目指します。
崩壊したような山肌が二か所ほど、朽ちた木道はちょっと不安定で用心用心…
無事通過するとわずかで道が不鮮明となった。

20150426sn.jpg

まあ、林道も見えてるし沢沿いを適当に下りましょう。
さあ、もうすぐというところで小さな滝に遭遇。
ここは下るのは無理です。

20150426so.jpg

右手から巻いてトンネル出口の林道に出ました。
でも左から巻いたほうが楽だったかもね。
いやあ、楽しかった!
今日の核心部は終わりです。
あとはのんびり3kmほど林道を歩いて登山口まで戻りました。

登山口手前で焼山で会った単独行氏に出会った。
林道から焼山への取り付き点などの情報をもらいました。
登山口では大山頂上でも会った二人組に遭遇。
三度目の出会いに何とも縁を感じました。
今日出会ったのはこの3人だけ。
静寂、そして小粒だが急登、緊張感のある岩場歩き、スリルと好展望。
ちょっぴり、ルートファインディング必要な山…
いやあ、西上州は面白い!

アルバムです↓
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。