かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 仙人ケ岳

仙人ケ岳

2015年4月12日 晴れ

アカヤシオを求めて「仙人ケ岳」を歩く。

石尊山登山口9:05→石尊山9:46→深高山10:07→猪子峠10:28→犬帰り11:21→仙人ケ岳12:10-13:30→分岐13:40→釣堀14:50→岩切登山口14:57

20150412senmap.jpg
↑コース図はクリックすると大きくなります

岩切の登山口に路側駐車。
みんなアカヤシオ目当てかな?休日なのに大賑わいの様相。
自転車で石尊山登山口へ移動
単独の男性と話を交わし歩き始める。

20150412sb.jpg

女人禁制の石柱
もちろん今はそんなことはないが、昔は女性は登れなかったんだろうなあ
岩場が見えてくるとアカヤシオが出現

20150412sc.jpg

このコース、低山ながら見晴らしは抜群。
あいにく今日はモヤっとしており遠望は無理だが、なかなかいい感じです。

20150412sd.jpg

眼下には小俣の集落、そして白葉峠へと続く尾根
赤城方面はもやっとしている。
岩場をアカヤシオに癒されながら頑張る。
広っぱに出るとわずかで石尊山頂上
木々の間から仙人ケ岳方面を望む。
いやあ、遠いねえ…

20150412se.jpg

尾根歩きは気持ちよい道が続く
わずかなアップダウン、木漏れ日の道、まだ新緑には早い。
トレイルランもどきで少し走ってみよう。

20150412sf.jpg

深高山に到着。
こちらも木々に遮られて展望はいまいち。
でも葉っぱの知多今の時期は木々の間から山々を見ることができる。
仙人ケ岳、まだまだ近づいてこないなあ…
急な下り、ロープが張られている。
ズルズルと滑ります。気を付けてくだろう。

20150412sg.jpg

猪子峠へ降りる手前
少し横道にそれて一休み。
仙人ケ岳方面の景色がいいですねえ。
カタクリ一輪発見。もう終盤でした。
少し枯れてたのでかわいそうになり写真は撮らなかった。

20150412sh.jpg

猪子峠から一登りで稜線に出る。
痩せた露岩歩きは楽しい。
右手には松田湖、赤雪山の景色。
赤雪山から仙人ケ岳のコース、前々から歩きたいなあと思っているがなかなか実現しない…

20150412sp.jpg

「犬帰り」に到着
渋滞していました。しばし休憩です。
あそこどうやって登るのかなあ…などと賑やかです。
一人は途中で断念。右手に薪道があるのでそちらに回りました。
女性がお先にどうぞ。手本見せてというので先に登らせてもらいました。
仲間が上から「手、離すなよ~そこは右に足を引っ掛けて!」などと女性に声をかけていました。

20150412si.jpg

熊の分岐が近づいてくると昨年の山火事のあとが痛々しい。
分岐では男性の話
「今年のアカヤシオは花付きがいまいちかも?山火事の影響かなあ」と言ってました。
わずかで山頂到着

20150412sj.jpg

おにぎりを食べ下山開始
少し行ったところで声をかけられた。
なんとNさん出現。突然の出会い、奇遇ですねえ。
昨夜急に山行きを思い立って「行きま~す」とメールしておいた。
一緒に行きたいけど用事が…との返信だった。
用事を大急ぎで澄まして超特急で登ってきたとの事。
嬉しいですねえ。あと5分ほど違っていたら出会えなかったかも?
Nさんとは今月下旬、花の山歩きご一緒しましょうとの予定がある。
話が弾み、1時間20分の山頂休憩となりました。

20150412sk.jpg

Nさん、下山はこちらの予定との話。
私はいつものコースで「生不動」のほうの予定だった。
しかし、面白そうなコースなので同行させてもらうことに決定。
熊の分岐の少し上のほうから、南へ下る尾根、標高504m」のピーク方面です。

20150412sl.jpg

登山道には載っていないコース
踏み跡らしきところはあるがたまには木々をかき分けて…
時々、こっちかな?と尾根を外さないように慎重に下る。
こちらもアカヤシオは結構咲いていました。
中々楽しいコースも終盤。
最後は急な下りかなと思ったが、伐採地をジグザグに降りる。
どこに出るかなと興味津々。出たのは釣堀のところだった。
頂上で出会ったお蔭で楽しい一日となった。

アルバムです↓



アカヤシオは標高500mあたりが多かった感じ
先日の雪の影響かだいぶ花が散ってるのもありました。
もうこのあたりでは終盤かもね。
つつじは所々咲いてたがもう少し先が見ごろみたいです。
関連記事

コメントの投稿

Secret

仙人ヶ岳

こんにちわ

4月12日、石尊山神社から一緒にスタートしたものに間違いございません。
最近は標準タイムの80%が自分に合った速度と決め込んでおりますので、
「女人禁制」あたりでkyouさんを追いかけるのはあきらめました。
kyouさん早いってば(笑)。

ブログ、少しだけ見せていただきました。
山・自転車・ランと活動の幅が広くて関心します。
今の小生には絶対無理です!

12日は仙人ヶ岳では山頂はノンストップだったのでわからなかったみたいです。
また、チャリを持ってきてたら僕も「ハイキン」の尾根を歩くつもりでした。

小生、ヤマレコ以外で、昔ながらの「ホームページ」を立ち上げております。
無料ホームページを完全信用はしていないというのも理由の半分です。
http://tancro.e-central.tv/grandmaster/

次回は4月下旬の熊鷹山のアカヤシオで会うかもしれませんね。
あそこは不死熊橋から林道を使って熊鷹山に登り野峰経由で野外活動センターに下る
自転車の方がたくさんおられますよ。行きたいでしょ。。。


では、どこかで。

No title

tancroさん、改めてよろしくです。
やはりそうでしたね。同じ日に同じ山の楽しさを共有できてうれしいです。ザックも軽かったので少々急ぎ足になりましたが、お蔭で猪子峠からの登りはきつかったです。
露岩の痩せ尾根あたりはアカヤシオも咲き誇り素晴らしい景色でした。

私たちが下った尾根は、ハイキンの尾根って呼ぶんですか?
出会う人もなく静かな山で少しワイルドさを感じました。
いろんなコースがあって楽し山でしたね。

HPちょっと覗かせていただきました。
いろんな条件で検索できるページは面白いですねえ。凄く参考になりそうです。これからもちょくちょく立ち寄らせていただきます。

熊鷹山、以前は良く歩きましたが最近はご無沙汰してます。
最近は大分以前にあ歩いたところを懐かしく歩いてます。熊鷹から野峰も再訪しようかなあ…

では、またどこかの山で出会えるといいですね。
コメントありがとうございました。

ハイキン

3年前までは、
「ハイキ 90度曲がって ング」
の看板があって、今は「ハイキン」だけ残っている場所が下山口なのでそういう風に呼びました。

検索ページはJavaScriptでプログラム組めるなら、ソースをコピペすればわりと簡単に導入できると思います。取り出すCSVファイルを「UTF-8」にしておくのがミソです。

No title

tancroさん

了解しました。
ちょうどそこのところの画像があったので見てみました。
「ハイキン」なるほど。
私は背筋尾根かと思いました。背骨の様な尾根の感じがしましたので…

Javaでプログラム…
とても無理ですねえ(*_*;
気力もありませんし…

先ほど庚申山の記事を見てました。
ここもかなり昔に歩きましたがまた行きたくなりました。
花が多いですねえ。雨の時も風情があっていいですね。

No title

こんにちは。

仙人ケ岳も登山者でにぎわう季節になりましたね。
いつもの年なら一度くらいは歩いているのですが、今年は目標ができたこともあって里山には足が向きません。
kyouさんのお写真を拝見させていただいて行った気分に浸りたいと思います。

アカヤシオは外れですか・・・
そうですね、寒の戻りの冷え込みがありましたからね。花芽が霜でやられてしまうという年とかありますから、これから花期を迎える山々のアカヤシオが心配です。
西上州の山々はこれからがアカヤシオの季節ですよね。大丈夫かなあ~

kyouさんはどこか登られるのでしょうか?



No title

ぬかぼしさん

こんばんわ。
仙人ケ岳、山火事の後初めていきましたが無残なものですね。
山での火の不始末気をつけなくっちゃと改めて思った次第です。
アカヤシオは私は仙人ではかなりいい感じだと思ったんですが、毎年来ているという方の言うには「ちょっとねえ…」って感じでした。
先日の雪でやられた可能性もありますね。
でも標高のもう少し高い山はまだ期待持てるんではと思います。
西上州、どこに行こうかと思案中です。どこも行きたいところばっかりで。
でも星穴岳は無理で~す。
レポ堪能させていただきました。それだけで十分です(^_-)-☆
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。