日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


嵩山

2015年3月26日 晴れ

嵩山(たけやま) 標高789m

登山口10:37→大天狗11:15-11:35→五郎岩12:00→不動岩13:15→登山口13:55

中之条から眺める嵩山
中之条に用事があったのでついでに歩いてきました。
この山に登ったのはもう20年も前…
どんな山だったかなあ…

20150326tl.jpg

東登山道から登る。
休石を過ぎると右手にそそり立つ岩壁
鎖につかまりトラバース気味に進む

20150326ta.jpg

弥勒岩に到着
二十番観音様「みろくさん」が安置されている。
嵩山は山域のいたるところに観音様が安置されている。
全部で三十三観音。それらを探しての山歩きも楽しい。
みろくさんは、「夫婦円満の神、穴の神、お産の神」と言われている。
穴という穴すべてにご利益があることからの謂れらしい。

20150326tc.jpg

いったん登山道に戻りわずかで「一升水」に到着。
見上げるとぽたりぽたりと水が滴っている。
そそり立つ岩壁、圧倒される。
ここは落石の危険有ということで立入禁止になっていた。
看板が立っていたが気付かず立ち入ってしまった。
いくつか立ち入る箇所があり、よく見れば気付かないような看板じゃない。
立ち入らないのが身のための様です。

20150326td.jpg

東屋のある経塚から大天狗をめざす。
クサリ場です。いやあ、低山ながら楽しい山ですねえ。
鎖の苦手な人は右手にコースがあるので大丈夫です。

20150326te.jpg

大天狗にはてっぺんに大きな岩がありそこも鎖で登る。
素晴らしい展望です。
眼下にあるゴルフ場が目障りですが…
「凄い展望だよ~」とhiroにメール。
すると近くの「花の駅 美野原」に来ているらしい。カタクリを見たといって感動していた。

20150326tf.jpg

眺望を満喫した後いったん経塚に戻り、烏帽子岩、そして五郎岩へと歩く。
そそり立つ烏帽子岩、登れるかな?
頑張ってみたが中腹で断念。
次は、「実城の平(みじょうのたいら)」です。

20150326tg.jpg

71体の観音様がコの字型に安置されている。
嵩山はその昔、武田信玄方の真田孝之」に攻められ落城。
若き白虎丸は大天狗から身を投げ自害。
女性や子供も後を追うという落城悲話の伝説がある。
耳を澄ませば合戦の息遣いが聞こえてきそうだ。

20150326th.jpg
 
胎内くぐりに到着。
狭い岩の間をすり抜けられるか?
一番狭いところで約22cm…
通れない方には回り道があります。
腰回り85cmくらいが限度と言われています。
ザックは手に持ち、お腹をへこませて無事通過

20150326ti.jpg

胎内くぐりを抜けると急斜面を鎖で下る。
観音像があったので写真を撮っていたら、ズリッと滑ってしまった。
思わず鎖につかまりセーフ。
そのまま滑ったら結構な坂、無事では済まない感じです。

20150326tj.jpg

そのあと中天狗、小天狗と歩く。
小天狗も展望はばっちり。
郵便ポストのようなのがあったので見てみる。
数枚の展望図や、見える山のリスト他が入っていた。
ちょっと拝借して山座同定。
いやあ、ほんと素晴らしい展望でした。

20150326tk.jpg

そして本日最後のお楽しみ。
不動岩です。
ここは8m位の鎖につかまり登ります。
ここで展望を満喫しながらお昼御飯です。
いやあ、低山ながらこの展望。
地元の人に愛されてる山の様です。

20150326tm.jpg

下山は表登山道経由
休石で、80歳は過ぎたであろうご夫婦(らしい)が休んでいた。
今日であったのは3組5人
二組は空身です。
ちょっと散歩にって感じで歩いてるんでしょうね。

岩場と紅葉の組み合わせはみごとな景観を織りなすらしい
また時期を変えて歩きたいなあ。
アルバムです↓



関連記事
<<  | ホーム |  >>

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。