かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 角田山

角田山

2015年3月21日
角田山&○○山

角田山 
 登山口0840→山頂10:22-10:30→駐車場12:05

○○山
 登山口13:00→途中で折り返し→登山口16:10

雪割草が咲き乱れる角田山…
ず~っと前から「行きた~い」と思っていた山
ようやく実現することができた。

関越道水上トンネルを抜けるとそこは別世界。
まさに「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」って感じです。
路肩には沢山の雪…
そのうち、ガスで視界がほとんどなくなり高速は50km規制…
こんなんで花咲いてるのかなあ…
高速下りてもまだ視界は不良。
しかし…
海岸が近くなると突然ガスが切れ真っ青な空となった。
ラッキー!

しかし登山口が分からない。
何度か道を尋ねてたどり着いた桜尾根コース登山口
ここは私有地を通るとの事で地図には載ってないのだ。
海水浴場の駐車場に車を止め歩きはじめる。

20150321ki.jpg

登山口には物々しい看板。
スパイク付き靴やキャップのついてないストックは使っちゃだめですとのこと。
まあ、私有地を通るのだから、しょうがないですね。
守らない人もいるんでしょう、見張りと思われる方がいました。

では、登らせてもらいましょう。
早速色とりどりの雪割草が出現。
しかし時間が早いためか、まだ開ききっていない。
のんびり写真撮りながら登ります。

20150321ke.jpg

途中こんな看板が…
盗掘やふみ荒らしには注意しましょう。
花が小さいのでついつい身を乗り出して…
知らないうちに花を踏んでたりするかも?
で、今回は望遠レンズでの撮影です。
もちろん登山道をはみ出さないでも沢山の花には出会えます。
でも遠くの花が綺麗に見えるんだよね。

20150321kg.jpg

山頂は沢山の人出…
と、思っていたら「土日でこれじゃ少ないですよ」と地元の方の言葉
ツアー登山で観光バスでも押し寄せるらしい。
この次の週末あたりはそんな感じかもね。
人気が出過ぎるのも善し悪しですねえ。
まあ、私もその人気に誘われてはるばる来たんですけど…

20150321kf.jpg

下山は「灯台コース」
この山は公式には7つの登山コースがあるらしい。
それぞれ特徴があるようだが、初めての角田山。
下るならここと決めていました。
日本海めざしてぐんぐん下る。
遠くには佐渡の雪山が見える。
豪快です!

20150321kc.jpg

雪割草…
可憐な花ですねえ。
いろんな色の花があるんですねえ。
興奮して息が乱れ、手が震え写真がうまく取れません。
ピンボケばっかり…
そして構図がいまいち…

20150321ka.jpg

雪割草…
中々群生の感じを撮るのは難しい。
そんなわけでお花の集合写真はありません(*_*;
雪割草だけでなく、ショウジョバカマやイチゲ、その他の花々も見ることができた。
下山後は別の山へ
この山の情報はあまり見ることができなかった。
しかし角田山以上に花がすごいとの印象を持った。
訪ねてみてその通り、人は少なく、ゆっくり花をめでることができた。

20150321kd.jpg

さて、次の山へ行こう
○○山…
山頂というより縦走路の途中にある目立たないピーク
どこが山頂やら事前の調査不足で、おぼろげにしか覚えていなかった。
確か登山口から○○分位かなあ…山頂の標高は…
いくつかピークを過ぎて…
何ともよくわかりません。でも歩いていけば辿り着くでしょう。
途中何人かに「○○山はあとどのくらいでしょう?」と訪ねるが…
帰ってきた言葉はみんなバラバラ…
最後の方は一緒に「ここのはずですけどねえ」と目印を探してくれたが見当たらず。

20150321kh.jpg

通りかかった方に聞いたら「もっと先ですよ」だって。
でもこの先にはそれらしき山はありそうにない。
ま、いいか。
花は十分堪能したし、引き返しましょう。
帰ってGPSのログを確認したら、山頂をだいぶ行き過ぎてました。
自分の目で山頂は確認できなかったけど、ログでは確認できたので、山頂制覇ってことにしておこう。
★ネットでも情報少ないし、登山口の表示も無い、山頂標識も無し。
  花の盗掘や踏み荒らし、入山過多にならない様山名は控えました。
  ただ当日登山者は見かけたし、トレランの人も数名走っていました。
  マナーを守って大切にしたい山だと思いました。

帰りに寺泊の魚市場に立ち寄りお魚ゲット。
そして「金八の湯」で汗を流し帰路についた。
いやあ、うまい刺身が食べれるね。

アルバムです↓
関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

素晴らしいです。
また行きたいなぁ~っと思いましたが、遠いです。
車でどこへでも行けた頃が懐かしいです。

こちらの写真とトラベエさんの所の写真で満足しました。
でも、kyouさんが初めてと言うのには驚きました。
とっくに行っていると思っていました。

No title

山百合子さん

ほんと角田山は花が一杯で感動でした。
いつか行きたいと夢見てようやく実現した次第です。
いつ頃が見ごろかの見極めが難しく、またそのころはまだ雪遊びが忙しくって感じでズルズルと登らないままでした。
トラベエさんとは一日違い。やはり人気の山なんですねえ。
さて今度はどこの山へと気もそぞろですが、花粉症に悩まされ躊躇るこの頃です

No title

いやあ、雪割草素晴らしいですね。
私も、毎年のように、来年こそは・・・
と、思いながら足が向きません(^_^;)

雪割草といっても、角田山とかのと、高山の雪解けのあとで咲くピンクの雪割草とは、キンポウゲ科と何とか科で違うのですね。昨年知りました。こちら角田山のは色鮮やかで、まるで品種改良したものみたいですね。不思議だなあ~

それと、日本海を見下ろす景色もならではですね。
ああ~ため息が・・・

No title

ぬかぼしさん
 ほんと雪割草っていろんなのがあるんですねえ。
毎年毎年、歩きたいなあと思っていてようやく実現しました。
灯台コースの下りは爽快でした。
ちょっと靄っとしてましたが、くっきりした日だったらもっともっとすごいんでしょうね。
花の山を歩いたら、もう雪山はいいかなって気もします。
でももう一回くらいシーズン最後の雪山もって思ったり…
複雑な毎日です。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。