日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


四阿屋山

2015年3月5日
四阿屋山

セツブンソウが咲いたよ~と聞いたので、ついでに四阿屋山を歩いてきた。
この山を歩いたのはもう20年くらい前かなあ…
今回は「つつじ新道」から登ります。

20150305aa.jpg

最初にセツブンソウを見て、そのあと山に登ろうかな?
自生地まで行ったら開園は8時半だって…
で、一旦道の駅まで戻り自転車で大堤の登山口へ向かう。

20150305ab.jpg

最初は杉林の登りが続く。
杉林と聞いただけで鼻がムズムズしてくる。マスクして登りましょう。

20150305ac.jpg

わずかで山居方面への分岐着
ここから上級者コースです。

20150305ad.jpg

クサリ場出現
ほぼ垂直に近いが距離はわずか。
足場もしっかりしており、手を離さなければ問題なさそうです。

20150305ae.jpg

登ってたら左手首あたりで「ゴリっ!」と嫌な音が…
腕時計のガラスが岩の角にあたって傷がついてしまった。
お気に入りの時計なのに残念。涙…

20150305af.jpg

ま、形あるものはいつか壊れる…
機能的には問題ないのでクヨクヨしないで楽しく登りましょう。
武甲山方面の景色。格好いい山ですねえ。
山肌を削られなきゃ、更に人気の山だったろうにね

20150305ag.jpg

いくつかの鎖場が出現
変化があって楽しい。
クサリ場は妙義あたりを歩きなれた人には全然問題ないレベルかな?。
とはいっても慎重に歩こう。
このコース、アカヤシオやつつじの時期も面白そうです。
そして、薬師コースとの分岐を過ぎるとほどなく山頂着。

20150305ah.jpg

ここまで一人も出会わず。静かな山ですねえ。
平日だからでしょう。時間も少し早いからかな?
単独の女性が登ってきました。
この方もセツブンソウが目的で、山はついでだそうです。

20150305ai.jpg

山頂からは両神山方面の展望が良い。
意外と雪が少なそうですねえ。
二子山も見えます。
時間があったらこっちも登ろうと最初は思っていました。
結果…セツブンソウ園でたっぷり遊んだので二子山はパス。

20150305aj.jpg

下山は薬師堂方面へ下る。
最初はクサリ場もあるちょっと急な道です。
20年ほど前に登った時の思い出がよみがえる。
「誰か助けてえ~!」と大きな声。急いで駆け寄ると転落した男性。
頭から血が出ており口からは泡が…
意識ももうろう状態。
ふもとまで救助要請に駆け降りた次第です。
途中、「誰か携帯持ってませんかあ?」と叫びながら下るが、まだ携帯は一般的ではなかった時代。
結局山居あたりの小屋で救助連絡。
救助隊が来て場所まで案内。その後ヘリで搬送されました。
低山とはいえ用心用心…

20150305ak.jpg

両神神社奥社に到着
このあたりは杉林に囲まれています。
いやあ、木漏れ日がきれいだなあ。いい雰囲気…
なんて楽しんで歩いたんですが…

帰宅途中から鼻水が…目がかゆい…
どうにも我慢できず、夜中に目薬を買いに行った次第です。
そして翌日は病院へ…「花粉症です」とつれない、お定まりの診察結果でした(*_*;

20150305al.jpg

福寿草はもう時期遅れかな?
園内にわずかしか見つけることができなかった。
薬師コースから道の駅へと下山する。
このコース、結構階段がある。登るのも大変そう。
でも新緑の時期は気持ちよさそうですねえ。

20150305am.jpg

登山口8:10→山頂9:20-28→道の駅10:25

ちょっと物足りない山歩きだった…
しかし本命はこれからです。
さあ、セツブンソウ自生地へ向かおう。

アルバムです↓

関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。