日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


赤城 黒檜山

2015年2月6日 曇り時々晴れのち雪
赤城 黒檜山~駒ヶ岳

赤城の樹氷が見たい!
先日、車の走行性能確認で行った時雲のかかっていた黒檜山
そのうち雲がとれ見事な樹氷が現れた。
でもその日は、強風、そして寒い。あまり登る雰囲気でなく鍋割山にしたのだった。
しかし…
あの見事な樹氷を見たいとの思いは日に日に増していく。
天気はそこそこよさそうとの予報で出かけることにした。
しかし、家の前から眺める赤城山はやはり厚い雲がかかっていた。
さて、どうなることやら…

20150206aa.jpg

頑張って凍結した道をクリアー
眼前にそびえるはずの黒檜山は全く見えない…
登山口まで行ってみると猫岩あたりまでは見えている。
大沼の反対側にある薬師岳方面は青空だ。
天気予報を信じて登りましょう

20150206ab.jpg

登山口には車が一台。先行者は1名か?
トレースはあったが風の強いところはすでに消えている。
今日は最初からアイゼン装着。そしてピッケルでなくWストックにしました。
こちらからの登りは意外と急なんです。

20150206ac.jpg

空は依然どんよりと雲がかかっている。
しかし風の流れは早いので晴れ間は出るでしょう。
出てください。赤城の神様お願いします!
山肌の樹氷が見事です。
黒と白の世界
静寂…
ときおり風が木々を揺する
飛ばされた樹氷がバチバチとほほにあたり痛い…

20150206ad.jpg

山頂までほとんど青空は出なかった。
たった一人…頂上では全く展望なし。
先行者は駒ヶ岳方面に降りたようです。一人分のトレースがありました。

20150206ae.jpg

山頂を少し過ぎた展望の良いところへ移動
しかし、展望は全くなし。
だよね…この天気では。しょうがない戻ろう。
単独の男性と遭遇。この方は同じ登山口からの様です。
「あいにくの天気ですねえ。晴れたら素晴らしいんでしょうが…」
「晴れたらいいですねえ。じゃあ、お気をつけて」と別れる。
すると急激に動く雲の間から青空が見えたと思ったら樹氷に陽があたり始めた。
キラキラと眩しい。
やった~
写真撮ろうとするとすぐに日が陰ってしまう。
もう少し光を!

20150206af.jpg

見え隠れする太陽に熱い視線を送りながら下山開始。
祈りが通じたのか、青空のほうの時間が長くなってきた。
綺麗です。美しいです!感動です!

20150206ag.jpg

駒ヶ岳方面へ下る。
そしていったん登り返し。
駒ヶ岳は何の変哲もない頂上…
しかし、山頂の少し先までフカフカさらさらの積雪。
トレースは無い。
行ってみよう。
黒檜山が良く見えます。
帰路の稜線が良く見えます。雪庇が張り出しています。
この時期ならではの光景です。

20150206ah.jpg

いやあ、良かった!
さて下りましょう。
振り返れば駒ヶ岳と黒檜山
本日の見納めです。

20150206ai.jpg

鉄の階段の横を下ります。
そして次の鉄の階段。
ここは中途半端に雪がついて凍結してます。
用心して下りましょう。
そこから先はジグザグに下って登山口着

20150206aj.jpg

このころから雪が降り始めました。
風も強まりました。
登山口まで凍結した道路をてくてく歩く。
アイゼンのグリップが心地よい。
今日は背中に括り付けたスノーシューはただのお荷物でした。

20150206ak.jpg

今度こそ、猫岩方面から眺める青空に映える樹氷を眺めてみたい。
また挑戦するぞ~
今日も我が愛車、しっかり活躍してくれました。
頼もしい相棒です。

黒檜山登山口9:57→黒檜山頂上11:05-11:15→駒ヶ岳11:57-12:03→登山口12:50

アルバムです↓
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。