日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


赤城 鍋割山

2015年1月31日 晴れのち曇り

赤城 鍋割山

今日の目的は車の走行性能確認がメインです。
山歩きは二の次。でもせっかくだから鍋割山を歩いてきました。

我が家の新しい車がやってきた。
4WDターボエンジン!とはいっても軽自動車です。
果たしてその性能は?
昨年まで普通車の2駆で赤城へのアクセスでした。
凍結した路面ではスタッドレスでも怖い思いをしたり途中で引返したり…

20150131aa.jpg

その思いがあって、やはり4WDが欲しいとの思いが強まった。
でもでっかい車はもういらない。
諸々考えてこの車を選択。
遊べる軽!果たしてその実力は…

結果、それほどストレスなく大沼到着。
とりあえず登りの性能は大丈夫みたいです。
一安心したので黒檜山でも登ろうかな?樹氷が綺麗だ。
しかし、暑い雲がかかってる。

20150131ab.jpg

予報では強風!時々地吹雪のように大沼の雪が舞い上がる。そして寒い…
黒檜以外は綺麗な青空。すぐに晴れてくるだろうが、今日はあまり乗り気がしない。
や~めた。
もう少し雪道の走りを楽しもう。
まずは大沼をぐるっと1周

20150131ad.jpg

寒い中ワカサギ釣りをやってる人がいます。
でも少ないですねえ。
次は小沼の駐車場まで行ってみよう。
こちらの道路は大沼までと違って結構凍結箇所がある。
無事通過。

20150131ac.jpg

八丁峠から望む地蔵岳
今日の樹氷も一段と綺麗です。
そして鳥居峠へ
ここから眺める覚満淵の景色は大好きです。
しかし、凄い風!
広場は雪で普通の車は入れない状態。
ジムニーが雪を喜ぶように段差を乗り越えて遊んでました。
我が愛車も試してみようかな?
やめときましょう。出れなくなったら悲惨です。

20150131ae.jpg

強風で車から出るのも一苦労
写真を撮るのも一苦労。一瞬の風の合間を縫ってバシャッ!
ピンボケしてないかな?

20150131af.jpg

途中から眺めた黒檜岳
すっかり雲は取れました。樹氷に輝く山肌が綺麗です。
登った人たちは歓喜してるんだろうなあ…
樹氷はまたの機会に楽しむことにしよう。
とはいえせっかく来たんですから鍋割山くらい上ろうかな?
さて下りの走行性能はどうだろう?
雪道は上りより下りのほうが怖い。
この車、ヒルディングコントロールというのがついてます。
急激な下りは速度を7KM/H位に抑えてくれるんです。
ブレーキに気を遣わず、ハンドル操作に集中できる。
すぐれもんですねえ。でも、それほどの坂でもなくテスト的に使っただけでした。
急坂の凍結路などでは重宝しそうです。

20150131ag.jpg

そんなことをしながら、姫百合駐車場に到着。
登る時には1台しかなかったのにたくさんの車です。
やはり意外と気軽に上れる山、冬の鍋割山は人気ですねえ。
前後する人はアイゼン装着していました。私はツボ足で登ります。
途中から荒山へ向かう展望広場へのコースとする。
こちらは二人くらいのトレースのみ。
ちょっと急なところはアイゼンをと思ったがまあ、大丈夫でしょう。
展望広場に到着。ここで先行者のトレースは荒山高原に下っていた。
この先、荒山へはトレースなし。
見上げる荒山は雲に追われてきだした。
樹氷も付いてなさそうだし「や~めた」

20150131ah.jpg

荒山高原まで下り、鍋割山を目指す。
こちらは人が多い。
風は相変わらず強い。天気も少し下り坂です。
少し雪庇もできてました。
まあ、落ちてくることはないでしょう。

20150131ai.jpg

稜線に出ました。
気持ちよい稜線歩きです。
運動靴で歩いてる人がいました。スパッツも付けていません。
ザックも小さいです。
いくら鍋割が気軽に歩けるといっても大丈夫かなあと心配になります。
心配性な私は、ダブルストックにアイゼン、スノーシュー、GPS、予備の服、エマージェンシーシートetc
でも威張ったことを言う資格はありません。
なんと、私はお昼ご飯を忘れてきたんです…
途中で買おうと思っていたのに、車のほうに気を取られ…
まあ、エネルギーゼリー2つにようかん2個、それにキャラメルや氷砂糖など行動食はたっぷり

20150131aj.jpg

鍋割山到着
いやあ、すごい人です。
高校の山岳部の集団だそうです。
しっかりした装備、そして複数のリーダーらしき指導者。
冬山訓練でしょうか?
残念ながら、山頂につく手前から天候急変
視界はほとんどなくなりました。
集団が下山する雰囲気だったので、混雑を避けてすぐに下ります。
ゆっくりしてても弁当がないもんね(*_*;

20150131ak.jpg

強烈な風が吹くときは、雪だまりから粉雪が舞います。
寒いです。顔が冷たいです。目だし帽をかぶりました。
目だし帽被るのは久しぶり。ちょっと人相悪くなったんじゃないかと心配です。

20150131al.jpg

下りは単独のおじさんと荒山高原手前からご一緒しました。
この方、週に2回くらい赤城近辺を歩いてるらしい。
防寒長靴です。歩き方もしっかりしてますねえ。
後ろを歩く我輩は2度ほど転びそうになりました。
いやあ恥ずかしい…
新雪の下はテカテカに凍結した氷です。
こんな時は無理せずアイゼンつけたほうが安全ですね。
雪道を甘く見ちゃいけません。反省…

姫百合駐車場10:04→展望広場10:50→荒山高原11:03→鍋割山11:43→荒山高原12:18→駐車場12:39

アルバムです↓
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。