日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


獅子ケ鼻山スノーハイク

2015年1月25日 曇りのち晴れ
獅子ケ鼻山

Nさんと歩いてきました。
軽のターボ4駆を購入したんでその実力を試そうと計画。
しかし…
納車が間に合わなかったので、NさんのX-TRAILに乗り合わせ玉原のスキー場を目指した。
昨日は素晴らしい天気だったが、今日は曇り空
めざす玉原方面は雲に覆われており山は見えない。
スキー場についた時は少し粉雪が舞っていた。さてどうなることやら…

20150125sa.jpg

天気予報ではお昼頃までは曇りのち晴れの予報。
スキー場の駐車場(1,000円)に停め、予定通りスタートです。
第2駐車場わきから歩き始める。
ブナの樹林帯。トレースはなくスノーシューを履いて歩く。

20150125sb.jpg

途中から時折晴れ間がのぞくようになってきた。
暑い!
風も全くなし。フワフワの雪は気持ちいいが、結構疲れます。
途中何度かの急坂が現れる。
中々しんどいです。

20150125sc.jpg

晴れ間も多くなり樹林の間から剣ヶ峰が見えた。
時折雲で隠れるがなかなか見ごたえあります。
そして鹿俣山への稜線に出る急坂に到着。
樹氷がキラキラ輝いてきれいです。
さて、どこから登りましょう?
雪庇の下をトラバース気味に歩くのは遠回りになるし怖そう。

20150125sd.jpg

よく見ると部分的に乗り越えれそうなところがあった。
スノボーの人達が数日前に滑った後だろうか?
そこを頑張って乗り越え、尾根に出ることができた。

そしてわずかで鹿俣山頂上です。

20150125se.jpg

頂上手前からスキーのトレースがあった。
獅子ケ鼻山方面に伸びている。
誰も歩いてなかったら気持ちいいだろうねなどと期待して歩いてきたのでちょっと残念。
素晴らしい景色の価値がちょっと下がったかな?
まあ、我々も真っ白な雪原にトレースをつけるのでお互い様ですが…

20150125sf.jpg

さて、どうしましょう?
獅子ケ鼻山を目指すか協議です。
ほぼ予定通り着いたし、天気・体力とも問題なし。
行く手にはどっしりした獅子ケ鼻山が見えている。
「よし、獅子をめざしましょう!」
昨年も歩いてるが所要時間は…
1時間半から2時間くらいかな?

20150125sg.jpg

途中休んでいたスキーの人がいた。
「もう降りてきたんですか?」
「今からです。ひと休みしてるところ」
「じゃあ先にスキーで歩いてる人いるんですかねえ?」
声もしないし、だいぶ先のほうを歩いてるのかな?

何度かのアップダウンを繰り返しながら徐々に高度を上げていく。
雪庇も発達してるので踏み抜かないように慎重に歩く。
途中でスキーのトレースがなくなった。
引返したのかな?それにしては出会わなかったし不思議ですねえ…

20150125sh.jpg

ここまでほぼ尾根沿いに歩いてきたが、岩場のところは危険で歩けない。
大きく左に回り込む
ここが一番の難所だった。
時々雪で隠れた落とし穴に足を取られる。
意外と時間がかかってしまい、予定時間を過ぎた。
どうにか難所をクリアー

20150125sk.jpg

さあ、あとひと息の登りです。
楽勝かなと喜んだのは束の間
1mほどの雪壁(というほどでもないが)の乗り越え場所が何度も出てくる。
一歩踏み込んでもズルッと滑って乗り越せない。
雪まみれになって四つん這いでどうにかクリアー
2時までにつけば…
もし間に合わなければ断念と思っていた…
しかし、山頂は目前。
最後はちょっと焦り気味に頑張ってようやく到着。2時10分だった。

20150125si.jpg

あいにく太陽が隠れてしまった。
山頂は左右切れ落ちており、何とも足元が落ち着かない。
風がないのが幸いだ。
時間も押してたし、ざっと展望を満喫した後、早々に気の休まるところまで下る。

20150125sj.jpg

苦労した登りも下りはラクチンです。
薄曇りとなってなんか夕方のような感じ。
山々はくっきり見えるようになってきました。
あそこは?う~ん、尾瀬のほうから平ケ岳、そして越後三山かなあ…
谷川岳の山頂も姿を現した。
朝日岳が一番格好良く見えました。

鹿俣山到着。
最後に振り返って獅子が鼻方面を眺める。
いやあ、楽しい山歩きでした。
そこからはスキー場ゲレンデ脇をてくてく歩いて下りました。
駐車場9:40→鹿俣山11:57→獅子ケ鼻山14:15→鹿俣山15:45→駐車場16:40

アルバムです↓
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。