日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


感動 谷川岳

2015年1月14日 晴れ
谷川岳

今年初の山歩きは先日の赤城地蔵岳だった。
しかしほんの短時間…
歩いた~という満足感はいまいちだった。
天気予報を見ると、近年にない穏やかな天気になりそう。
よし谷川岳に行こう!
ほんとは西黒尾根から登りたかったが、体がまだ雪山の感触になれていない。
アイゼンやスノーシューも久しぶり。
ということでロープウエイ利用の谷川岳でした。

天神平駅9:05→避難小屋10:12→トマノ耳11:35-11:50→オキノ耳12:10-12:30→天神平14:20

20150114ta.jpg

水上インターを降りたらわずかで谷川岳の雄姿が現れた。
いやあ、今日は素晴らしい山歩きができそうだ。
駐車場は平日無料
スノーボーダーに交じってロープウエイで天神平へ
約10分の空中散歩
ラクチンですねえ。

20150114tb.jpg

フカフカの新雪、真っ白!気持ちいいですねえ
ゲレンデの脇を登る。先行者のトレースはあるがツボ足ではつらい
途中からスノーシューを履く
前を行く男性はツボ足で苦労していた。
稜線にでた。

20150114tc.jpg

眼前に素晴らしい展望が現れる。
いやあ、すごい!
この景色今まで何度も見たが、今日の景色はくっきりすっきり
感動!
天神峠のほうからスノボーの人たちが下ってきた。
ツアーのグループとの事
この人たちが先行してくれればトレースも付いて楽になるんだがなあ…

20150114td.jpg

登山者は数えるほど
スノーボーダーの人が多い。
純白無垢の谷川岳の山肌がスノボのトレースに荒らされないうちに見たいものだ
急ぎ足で上る
避難小屋手前の急な下り
ここは雪山の時期は最大の難所だ。
スノーシューを履いたままでは怖くて降りられない
外して下った。

20150114te.jpg

小屋は完全に雪に埋まっていた。
入口だけは除雪されていたので緊急時は内部に入れる様です。
でも雪が降ったらすぐに埋まるだろうなあ
奇特な登山者の方が都度掘ってくれるんだろう
ありがたいことです。
それにしてもいい天気。
まったく風もない。
肩の広場を過ぎると山頂までわずか

20150114tf.jpg

雲一つない青空とまではいかないが、雲が少しあったほうが絵になる。
今日の雲は「羊雲」のような感じ。
フカフカして暖かい感じの雲、綺麗ですねえ。

20150114tg.jpg

トマノ耳到着
………
声も出ないほどの素晴らしい展望だ!
あまり見えすぎてどこがどの山やら…
とにかくぐるっと360度、絵にも描けないほどの展望でした。
これはなかなか写真で表現できる感じじゃないね。
しっかり目に焼き付けてきました。

20150114th.jpg

天気もいいしオキノ耳まで行ってみよう。
雪庇もだいぶ発達している
あまり端っこを歩かないように要注意。
先行者のトレースのあとを歩いていたら、突然体がふわっと状態に…
ちょっとした落とし穴に足を取られた次第です。
いやあ、これが雪庇の踏み抜きだったら…

20150114ti.jpg

オキノ耳からも素晴らしい展望
ここで地図を見ながら山座同定。なるほどなるほど…
あの山が…そうかあ~などとひとり呟きながら展望満喫。
今日は秘密兵器もあるんです。
スマホのアプリ「山カメラ」
地図とカメラからの映像が画面に、そしてその方向の山の名前が表示される。
ちょっと見づらいけどおもしろいソフトです。

20150114tj.jpg

トマノ耳に戻る時、クレパスがぽっかり口を開けていた。
見えてるうちはいいが、少し雪で隠れた時は怖いなあ…
トマの耳は立ち寄らず通過
いつまでも見飽きない景色だが、少し天気が下り坂の感じ
さあ、下山しましょう。
帰りはスノーシューは外して歩く。
結構人が歩いてるはずだが、時々ずぼっと足を取られる。
まあ、これも雪山の楽しみ。

20150114tl.jpg

以前歩いた時にはホワイトアウトで途中で断念、引き返したこともあった。
いやあ、ほんと今日は素晴らしい谷川岳だった。
今日のような景色見たら、もうしばらく谷川岳はいいかな。
今度は残雪の時期に西黒尾根から歩きたいなあ
さて、次はどこの山に行こうかな…

アルバムです↓
関連記事
<<  | ホーム |  >>

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。