日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


みたけ山 トレイルラン

みたけ山トレイルラン
 2014年12月14日 晴れ

今年の大会参加はこれでおしまい。
青梅のみたけ山周辺を走る大会です。距離は15Km。
一年の終わりに気楽に走れる大会を思って申し込んだが…
コース図と制限時間見てびっくり。最初の激坂区間は厳しそう
そして10kmで制限時間1時間30分…標高差はざっと見て800mはある。
これは無理かもね。でもできる限り頑張ろう!
目標は制限時間内完走!

20141214ma.jpg

寒い!
日本列島大寒波の襲来が予想されている。スタート地点は400m位ある。
0℃は確実に切ってるかもね。
吐く息が白い…
こんな時はどんな服装で走ればいいのか迷います。
みんなの様子を見てみると…よし、決定だ。
ロングタイツに短パン。
長袖アンダーウエアーに半袖ランシャツ、そしてウインドブレーカー、ネックウオーマーに帽子。
少し厚手の手袋。
ウエストポーチには飴数個とエネルギーゼリー1個とデジカメ。
今日は水は不要でしょう。
開会式に続いて、準備運動。
これが結構長くありました…しかし体の温まりはいまいち。
よっぽど寒かったんでしょう。

20141214mb.jpg

体操が終わるとすぐに整列。ゼッケンの色で区分けされてるそうです。
緑は初心者用。最後尾のグループに交じりスタートです。
スタートしたものの狭い橋で大渋滞。
なかなか進みません。
さあ、頑張るぞ~
今日のゼッケンは「1183」
いい走り見せようって感じの番号ですねえ。

20141214mc.jpg

とにかく急な登りが続きます。
道のコースは不安がいっぱい。
マップでは確認していたが実際どうなんでしょう?
スタート前に何度かチャレンジしたという男性にお話を伺った。
「ケーブルカーの線路を超えるあたりまではほんときつい坂です。
そこを過ぎると少し走れるようになるでしょう」
とのこと。

20141214md.jpg

確かにその通りでした。
最初からものすごい上り。そして大人数、後方スタート…
これじゃあとても走ることはできません。
それでも一応トレランです。みな、必死に急ぎ足で上る。
ちょっと隙間ができれば走ることを試みるが、坂と人に阻まれてすぐに歩きとなる。
前かがみで必死に歩くだけですが腰が痛くなりました。
そして線路をくぐると…
いやあ、まだ中々走れる状態ではないが少しは勾配が緩やかになった。
今日の最難関はどうにかクリアーできた。
でもこの調子じゃ10kmの関門は厳しいかも…
御嶽駅のところは平坦で気持ちよい。
大塚山まで一登りして宿坊街へと向かう。

20141214me.jpg

宿坊街ではたくさんの声援をもらう。
その先はロックガーデンに向かって気持ちよいコースを下る。
いやあ、これこそトレランの醍醐味。
気分いいですねえ。
登りや階段になると渋滞。
はたして制限時間に間に合うのか?
時計で距離を確認するとちょっと厳しいかもね。
係りの人に尋ねると「大丈夫ですよ」Tの返事。
ほんとかなあ…
そういえば、開会式の時制限時間をちょっと伸ばしたとか言ってたような…

20141214mf.jpg

ロックガーデン
紅葉が残ってたら綺麗だったでしょうねえ。
凄く感じのいいところです。
今日はもうほとんど落葉している状態。
飛び石を飛び越える時は要注意。
濡れた水で滑りそうです。
そして急なジグザグの登りとなる。

20141214mg.jpg

道が凍ってます。へっぴり腰で上る人多数。
行き道になれてない人が多いのかもね。
時々ずるっと転ぶ人有り。後ろで支える人有り。
いやあ、面白い光景ですねえ。
なんて笑っちゃいけません。
我輩も急ぐあまりズルっときてアワや転倒寸前…

20141214mh.jpg

鍋割山までは適度なアップダウンが続く。
そして奥ノ院らしきところに到着。
これから「追い越し禁止区間」となります。
急な坂…というより垂直に下ってる感じの坂。
ん?関門はどうなったの?
後ろの人に聞くと「もう過ぎたみたい。どこかわからなかったねえ」だって。
係りの人に聞くと…
「さあ、もう過ぎたんでしょう」とのこたえ。
距離はまだ10kmになってないみたいだし、時間は90分すぎてるし…
まあ、止められないんだし、頑張ってゴールをめざしましょう。
追い越し禁止区間が終わるとほぼ平坦な道となる。
若干登ってるが「もう少しだよ~」との声に元気が出る。
声援が大きくなってきた。
黄色い旗が見えた!
「さあ、最後の登りだよ~ガンバ!」との声。

20141214mi.jpg

その先には階段が待っていた…
歩いてる人多数。
もう距離はほとんどない。
今年の大会はこれで最後。
ここは頑張って走るべきでしょう。
よしガンバ!

階段を休むことなく走り切った。
ゆっくりだけどね。
ゴールで格好良くバンザイをしてポーズを決めよう…
あの女性を抜けば…と頑張ったがかなわず。
やった~とポーズは決めた。
しかし、女性の陰になり格好いいゴールの写真はなしかもね。

20141214mj.jpg

今年の走り納めの大会。
無事怪我もなく走り終えることができた。
トレランって楽しいね。
あまりタイムは気にしなくてもと思うが一応参考までに…
トップは男性1:06:28、女性1:31:02
いやあ、すごい。
我輩は2:04:39で549位…
ゴール制限時間は2時間30分以内の完走者数 874名。
TOV(タイムオーバーの略?) 70名
DNF(途中関門に引っかかった人かな?) 280数名

この数字から見ると、距離は短いけど結構厳しい大会かなと思いました。
時間内完走、攻略は最初の激坂区間(標高差400m、距離3km)と、混雑をどうクリアーするかが課題かもね。
もっとも「日頃の練習」が第一でしょうが…

アルバムです↓


関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。