日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


両崖山 翔ける

2014年12月2日 晴れ、強風

足利市の低山「両崖山~行道山浄因寺」をトレイルランです。

快晴の予報。
当初は谷川岳にしようか、それとも表妙義縦走?と思っていた。
しかし、強烈な風が吹くでしょうとの予報もあって予定変更。
谷川岳で強風に襲われたらたまったもんじゃない。
表妙義も鷹戻しや尾根で風に吹かれちゃ生きた心地もしないでしょう。
で、低山歩きに予定変更。

20141202ga.jpg

コースは織姫神社~両崖山~大岩山~行道山往復です。
帰路は当初大岩山から左の尾根を下る予定だったが道が不明。
で、行崖山、迄戻って天狗山経由で下山としました。

20141202gb.jpg

累積標高差約1,350m。距離約14.5km。最高標高約441mです。
結構アップダウンがあり先日の大平山よりきつい感じでした。

20141202gc.jpg

織姫神社からスタート
富士山が見えてました。やはり風が強いです!
まずは両崖山をめざす。

20141202gd.jpg

軽快に走ります
走る姿は、セルフタイマーで記念に撮ってます
一人じゃ写してもらえないもんね
この時だけは元気に格好良く!

20141202ge.jpg

市民に愛されるハイキングコースですね
平日でも結構な人に出会いました。
気軽に歩ける山があって足利市民がうらやましいです。
近くにこんな山があったら毎日でもトレーニングで走るのになあ…
両崖山までは約2km、でも意外と登りが続いて疲れました。

20141202gf.jpg

両崖山から少し進むと、大岩山が見える。
とんがった山です。目的地はその少し先の行道山
まだまだ遠いですねえ。
アップダウンが続き中々厳しいです。
それにしても風が強い!

20141202gg.jpg

時折ビュンビュンと吹きすさぶ風…
バサッと音がして長さ2m、直径3cmはあろうかという枝が落ちてきた。
いやあ、やばかった。
こんなのが頭にあたったら大変だ!

20141202gh.jpg

まっすぐ登れば山頂だが、左の舗装路を走る。
ちょっと寄り道して大岩毘沙門天に寄っていこう。
境内の紅葉が見ごたえありました。
足利七福神の案内図があった。
こんなのを訪ねてみるのも面白そう。

20141202gi.jpg

毘沙門天からわずか登って舗装路に出てわずかで登山道に復帰
いよいよ大岩山への上りです。
ジグザグの樹林帯の上り。
途中、野山ハイキングコースと書かれた案内があった。
当初予定では、大岩山から西に派生する尾根伝いで戻る案だった。
もしかしてここかなあ?
でもちょっと不安、結局両崖山までピストンにした次第です。

20141202gj.jpg

大岩山から少し進むと、本日の最高峰「石尊山」
いやあ、素晴らしい展望
写真撮ろうと思ったら「内部メモリーがいっぱいです」との表示が…
ガビーン…
SDカードが入っていなかった…
お気に入りでない数枚を削除する。
いやあ、参ったなあ。ちょっとボケが始まったかな(*_*;
日光男体山は山頂がだいぶ白くなっています。
日光白根や皇海山も見える
赤城山も雄大ですねえ。
しばらく眺めていたいが風が強いので早々に退散。

20141202gk.jpg

行道山のピークは寂しい。
積まれた石に山の名前が書かれていた。
ここが山頂だろう。
少し戻って浄因寺まで下る。
結構な下りです。これをまた登るのかあ…

さあ、帰りましょう。
石尊山までの上りはきつかった。
展望の良いところでお昼にしようと思ったが…
風が強いので断念
空腹に耐えて走るのも練習になっていいかもね。
帰路はカメラのメモリーもないのでひたすら走る。
両崖産までのアップダウン、かなり脚に来ました。
登りは歩くほうが多くなってきた。

20141202gl.jpg

両崖山からは天狗山経由とした。
こちらも結構なアップダウン。
天狗山から大岩山を眺める。
いやあ、あんなところまで行ったのかあ。
今日も頑張った!

下山し最後の頑張り
織姫神社までの約200段の階段です。
半分くらいで一休み。
いやあ、今日の走りを象徴するような…

アルバムです。スマホの画像も混ざっていますが(*_*;
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。