日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


白毛門~朝日岳

2014年10月7日 雨のち曇り時々晴れ

土合駅(6:20)→白毛門(8:45)→笠ケ岳(9:55)→(11:10)朝日岳(11:35)→(13:10)広河原(13:45)→宝川温泉(15:50)→(16:50)土合駅

先日の谷川岳西黒尾根は山頂では展望なし。
ちょっと悔いの残る山歩きだった。
よし、今度は白毛門から谷川岳を眺めようと歩いてきました。

台風一過の青空を期待したんですが…

今回は、朝日岳から宝川温泉へ下り、紅葉をめでる山旅にしよう。
となると、温泉から登山口まで戻るには…
そうです、こんな時こそMTBの出番です。
結構な坂を上る必要があるがどうにかなるでしょう。

で、まずは宝川温泉まで行ってMTBをデポし、土合駅へ向かう。
う~ん、結構な坂ですねえ。帰りは疲れそう…

6時過ぎに土合駅到着。
先日は満車状態だったのに今日は一台もありません。
さあ、スタートしよう!

20141007sa.jpg

雨です…
白毛門方面を眺めると空は明るい。そのうち雨も上がるでしょう。
登山届を投函しブナの樹林帯を登る。
結構降ってますが樹林帯に入れば、時折雨粒が落ちてくる程度。
急登を登ります。この登山道、いつ登ってもきついですねえ…

20141007sb.jpg

お目当ての谷川岳、山頂には厚い雲がかかっています。
ふと眺めると虹が…
今日は晴れそうな予感!
松ノ木沢の頭に到着。

20141007sc.jpg

白毛門方面も厚い雲の中…
まあ、雨が止んだだけでもいいか。天気予報は晴れマークばっちりだったのにねえ…
笠ケ岳も頂上は雲の中です。
でも手前のピークの山肌が紅葉最高!
流れる雲が切れるたびに現れる紅葉。

20141007se.jpg

いやあ、ずっと見えてるよりも感動的かも(^^♪
谷川岳方面、山頂は見えなくても険しい一ノ倉沢はばっちりです。

20141007sd.jpg

笠ケ岳に到着。な~んにも見えなくなりました。
単独の男性が登ってきました。
トレランで馬蹄型縦走の予定だったそうですが、この天気では…
と、朝日岳までの往復に変更するらしい。
ここまではきついけど、これから先は気持ちよいトレランが楽しめそうですねえ。

20141007sf.jpg

朝日岳方面からおじいさんがやってきました。
いやあ、だいぶお年のようですが一時間かかった~なんて言ってます。
そのお年で一時間は立派すぎますよ~
朝日岳まではいくつものアップダウンは続く。
結構厳しいんですよね。
でも先が見えないっていうのはいいですねえ。
もうすぐかな?なんて想像しながら歩くのもなかなかいいもんです。
ピーカンの時と違って劇的に素晴らしい景色が現れるし…

20141007sg.jpg

朝日岳のピークが見えました。
トレラン男性と頂上直下で行きあう。やはり早いですねえ。
足を止めてもらいしばらくお話しさせていただきました。
なんと同じ市内の方でした。
トレラン大好きな方の様で、今度どこかでお会いできたらいいですね。では…

朝日岳頂上では、頭上は晴れているのに周りは全く見えない。
単独の男性がお昼中。清水峠でテント泊、馬蹄型縦走とのこと。
今日はここまででであった人はたったの4人でした。
風が強いが、雲は取れそうもない。
岩陰で風を避けお昼です。
男性と別れを告げ、宝川温泉へと下る。
朝日ケ原の草黄葉、青空の下で見たかったなあ…

20141007sh.jpg

まずは岩の多い斜面をトラバース。
そして厳しい一直線の下りの連続です。
紅葉に見とれているとずりっと滑ります。2度ほど転びました。
このコースは誰にも出会わない…
クマが出たら怖いなあとクマ鈴をガンガン鳴らして下ります。
そして沢沿いの道となる。

20141007si.jpg

このコース、ガイドブックには「増水時は渡渉不可」との注意書きがあります。
台風が過ぎ去ったあと、ちょっと(というかだいぶ)不安がありましたが…
まずは最初の渡渉地点。

20141007sj.jpg

どうにかなりそうです。ふくらはぎ位まで水につかり無事通過」。
そして、最大の難所、広河原の渡渉地点に到着。

20141007sk.jpg

いやあ、水が多いです。
あちこちうろうろと渡れそうなところを探す。
う~ん、ここが一番楽そうかな?
途中で拾った木の枝で水中の石を探りながら慎重に…

膝下位まで浸かります。
石を踏み外したら流されそう。急な流れに足を持っていかれそうです。
慎重に慎重に…ゆっくり時間をかけてようやく渡ることができました。
いやあ、緊張!
しばらく岩の上で靴下を絞りがてら休憩です。
いやあ、良かった…

20141007sl.jpg

これから宝川沿いの道を延々と歩く。
荒れたところも出てきたり、ロープの張られた山腹をアップダウンしながらの道が続く。
紅葉はこのあたりはまだ少し早いようです。
紅葉したら綺麗だろうなあ…
そして道は少しづつ広くなり、ようやく宝川温泉に到着。
いやあ、疲れた~

さあ、次はMTBで土合まで戻らなければなりません。
距離約15km…

20141007sm.jpg

距離は大したことないんですが、重いザック背負って、しかも登山靴で厳しい坂はこたえました。
しかし上った後は気持ちよい下りが待っている。
ビューンと下って最後に湯桧曽から土合までは緩やかな上り。
途中で眺めた谷川岳方面の山頂は厚い雲に覆われていた。
白毛門は太陽で輝いていました。

アルバムです↓


関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。