日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


志賀高原マウンテントレイル

7月12日 晴れ

志賀高原マウンテントレイル 40kmです。
累積標高差は2,600mくらいらしい。
台風の影響で開催されるか心配だった。
しかし、参加者の熱意が台風を追いやり素晴らしい天気となった。

20140712sa.jpg

8時30分スタート
約500名が元気に飛び出していった。
我が輩は中間くらいの一からスタート。
今回は練習不足でいまいち完走できるかの不安があった。
昨年のタイムを更新できるか…
それは無理でしょう。
目標は8時間!

20140712sb.jpg

アライタ沢まではほぼ平坦なコース
ここは、ノッコシ迄の急登に備えて準備運動みたいなものです。

20140712sc.jpg

アライタ沢から急な登りとなる。
すぐに息が上がる…
登りは焦らず歩きます。というより走るなんてとんでもない急な登りです。
ゴム草履の女性がいました。
なんと自作らしく、これでマラソンも走るらしい。
標高2070m迄のノッキリ迄はただひたすら我慢の登りです。

20140712sd.jpg

ノッキリからは素晴らしい展望が疲れた体を癒してくれる。
しかし足元はグチャグチャ。
時々悲鳴が上がる。
油断すると、ずるっと滑って転倒。泥だらけの人もいます。
もちろん靴はどろどろグチャグチャ…

20140712se.jpg

展望の良い稜線は快適…
でもこれでもかとあらわれるアップダウンには心がくじけそうになる。
コース最高峰の寺子屋山(2,125m)を過ぎると一気に大展望が広がる。

20140712sf.jpg

いやあ、感動の景色です。
これぞトレイルランの魅力。ここは思いっきり走ります。
そして高山植物園を過ぎ一の瀬スキー場のゲレンデを下る。
長いゲレンデ…
脚に来ます。一気にく走り降りたいところですが膝ガクガク…
どうにか下って第一エイドに到着。

20140712sg.jpg

可愛い!「ミス志賀高原」が出迎えてくれます。
残り27km…この笑顔に見送られて出発です。

20140712sh.jpg

第二セクション、そこには焼額山への厳しい登りが待っていた。
途中何度か休憩
後方を振り返れば素晴らしい展望が広がる。
このあたりから足首が痛くなってきた。
やばい…
焼額山に到着
何の変哲もない山頂?
ここで足首のストレッチ。
う~ん、走れないことはないけど…
しばらく休憩。この後には地獄の下りが待っている。
のんびり行こう

20140712si.jpg

焼額山から第二エイドまでは砂利道、舗装路の急な下りです。
ただひたすら下り…
ジグザグになったり、後ろ向きになって気分を変えたりみんな工夫しながら下ってます。
飛ばせば気分いいんだろうがとてもそんな感じではない。

どうにか第二エイドに到着
コーラがうまい!
ここでゴールで待つhiroに電話
「足が痛いけどどうにかゴールできそう…」
そういえば今日は時計を見ていない。
タイムより完走!自分の最大の走りをするだけだ。

第二エイドから舗装路を緩やかに下っていく。
もうのろのろの走りです。
しかしこのきつさは自分だけではない
周りの人も同じような感じ。
みんな自分の限界に挑戦しているんだろうな。
頑張らなくっちゃ

舗装路が終わり、熟平トレイルに突入
ゴールまで約400mの標高差

20140712sj.jpg

元気だったら爽やかなトレイル。
目が痛くなるような緑、そしてときおり吹く爽やかな風
でも…
細かいアップダウンが疲れた体に襲い掛かる。
歩いたり、歩いたり…
そして時々走ったり。歩く時間が多くなったが、ここは自分との戦い。
なるべく走ろう!
途中どうにも足首が我慢できなくなり、サポーターを脱ぐ
これで少し足首への負担が軽くなった感じ
残り2km、1km…

20140712sk.jpg

もう少しだ!
最後にスキー場のゲレンデを登るとゴールまであとわずか
ゴール手前は下りです。
最後は格好よくゴールゲートを駆け抜けよう。
ゴール手前で待っていたhiroにガッツポーズ!帰ってきたぞ~

そして一気にゴールゲートを駆け抜ける。
やった~。

20140712sl.jpg

ゴール後、ちょっと横になったら足がプルプルしてしばらく立ち上がれなかった。
やばい、足がつりそう…
しばしみんなのゴールを眺めながら寝っ転がっていた。
今回はほんと後半は疲れた。やはり練習不足でスタミナ切れ
練習は裏切らない…
昨年より約21分遅いタイム
コースが少し変わったこともあるが、何よりスタミナ切れが最大の要因だ。
まあ、目標はクリアーできたし天気や景色は最高
大満足のトレランでした。

アルバムです
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。