かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 旅行 > 佐渡旅行 最終章 空と海は青かった

佐渡旅行 最終章 空と海は青かった

2014年5月27日 晴れ

爽やかな朝! 晴れました。
佐渡にきて初めての青い空、青い海。
早朝散歩で海岸まで。帰路違う道を通ったら迷子になりました。
玄関に出ていたおばさんに道を尋ねる。
「あ~行って、こう行って…」と親切に教えてもらいました。
最後に一言、「この辺じゃ迷うようなことないよねえ、田舎だし…」だって(*_*;

20140527sa.jpg

まずは尖閣湾観光です。
水中観光船で青い海にいざ出陣。
二人で貸し切りです。

20140527sb.jpg

雨の後で空気が澄んでいる。
海の色真っ青!真っ白な波が岩にあたって砕けちる。
豪快だ!
カモメがすぐ近くに寄ってきます。ごめんね、エサ200円だったもんでパス…

20140527sd.jpg

波が荒い…
船酔いしそう…もしかして昨夜の酒が残ってるのかなあ?
波が荒いねえと下船後、係の女性の人に言ったら
「この位、弱いほうですよ〜。昨日は大変だったんだから」だって…

20140527sc.jpg

まちこ橋を渡って展望台へ。
君の名はの撮影時は吊り橋だったそうです。
サザエのつぼ焼き、最高!

さあ、次は亀に会いに行きましょう。
まずは海岸線のドライブです。いやあ、気持ちいい!
佐渡で、自転車の大会があるんですが、このコースを走るんですね。
距離表示が所々にありました。
島1周ロングライド…かなりアップダウンがあって大変そうですねえ。
自転車で走ってる人を結構見かけました。

20140527se.jpg

大野亀…黄色いユリ科の花、カンゾウの群生地です。
なんかニッコウキスゲに似てますねえ。
ちょっと時期が早かったようで、群生とまではいきませんでした。

20140527sf.jpg

亀のてっぺんまで約30分。
登ってきま~す。
結構急な登り。滑りやすい道です。
hiroは途中で断念。てっぺんには祠があって景色最高。素晴らしい展望です。

20140527sg.jpg

眼下に「二つ亀」が見えます。
亀に見えます?
どう見ても亀には見えないですが、見る方向が関係するんでしょうね。

20140527sh.jpg

二ツ亀、下まで降りるのは大変。
ホテル裏から眺めます。海が青い!
コバルトブルーの海、きれいですねえ。
さあ、これで佐渡観光は終わり。
海岸線をぐるっと回るように両津港を目指します

20140527si.jpg

山が見えます。
二日間ほとんど山がくっきり見えなかったので新鮮です。
あの山を歩いたんかなあ…
レンタカーを返します。走行距離約220km。
25日夕方から27日夕方まで借りて会員割引あって8,800円、
軽ですけど安い!

20140527sj.jpg

お土産買ってフェリーに乗船。
2等船室で2,510円。2時間20分の船の旅です。
急ぐ人はジェットフォイルもありますが、船旅の気分はやはりフェリーですね。

20140527sk.jpg

新潟港着。
灯台にあたる夕日が綺麗でした。
山の夕陽もいいけど、海の夕焼けもいいね。
海のほかに何にもないんだけど、心安らぎます。

20140527sl.jpg

佐渡の航路
ここって国道だそうです。
知らなかった~

20140527sm.jpg

山の景色や展望、群生する花々という意味では宿題を残してしまったが宿の魚料理には大満足。
最後は快晴の佐渡となって人生初めての佐渡、2泊三日の旅は終了した。
アルバムは、ぼちぼちまとめるかな?
思い出を振り返りながら…
関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

佐渡もゆっくり回りたい所ですね。
天気に恵まれたら山も良いだろうし、海の幸も堪能できるし、また行きたいなぁーっとKyouさんのレポ見て思っています。

No title

  山百合子さんの時は、ずっと晴れだったんですよねえ…
私達の時は海どころか、山さえ視界がほとんどなし…
山からの景色、私は宿題を残してしまいました。
そして時期が1週間ほど早かったらなあと思った次第です。
また数年後、絶対晴れの日を狙って再挑戦かなあ?。

No title

大野亀のカンゾウも咲いているんですね。
ここ、次回があったらカンゾウライナーに乗って行ってみようかなと思っているんです。
佐渡には能の文化が根付いているんですって?
薪能も見たいし……佐渡は見所いっぱいですね。
また行かなくっちゃでございます。

No title

トラベエさん
カンゾウ、今年は少し遅れてるらしいです。
満開の時期はすごいですよ~
カンゾウ祭りに今年は間に合うかなあ?って心配してました。
佐渡、今回は目いっぱいの観光で忙しかった。
次回はのんびり佐渡の文化を味わう旅にしましょう。
ほんと、また行かなくっちゃですね。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。