日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


佐渡の旅その1 アオネバ渓谷

佐渡の旅その1 アオネバ渓谷

2014年5月25日 曇り

先日仙台に行った時、新幹線で新潟特集の雑誌を見た。
その中でアオネバ渓谷が紹介されており、行ってみた~いと思った次第です。
花の時期にはちょっと遅いかなと思ったが、一度思い立ったらもう止められない。
佐渡は群馬に住み着いて30年弱になるが行ったことがないんです。

アオネバ渓谷の花達に会うこと、そして魚をいっぱい食べること。
佐渡の観光をたっぷり堪能することを目的とした欲張りの3日間です。

まずはその1…アオネバ渓谷ハイキングです。

20140525ak.jpg

フェリーで佐渡両津港着。
記念すべき佐渡への第一歩は右足着地です。
予約していたドンデンライナーで山荘を目指す。
風が強い!アオネバ登山口で大部分が下車。
私達は楽ちん歩きとするべく、ドンデン山荘まで(終点)です。

20140525aa.jpg

寒い。風が強いので雨具の上衣を着用。山荘で登山届を提出。
ほんとは素晴らしい視界が広がるそうだがまったく視界はない。
山荘前の展望図で幻の展望を満喫したあと出発。

今日は下山時のバス時間までたっぷり時間はあります。
超のんびりで花など愛でながら歩く。
展望はないんで花しか見るものがないのはちょっと寂しいですが…

20140525ab.jpg

尻立山から先も展望なし…
どんな山なんだろう?
歩いてるところは若干のアップダウンはあるが気持ち良い稜線歩きです。
時々スッと雲が流れて視界が広がる。
ほぼ平坦な道ですねえ。静かなドンデン池に到着。
カエルが騒々しい。今日のような天気、カエルは嬉しいんだろうなあ。

20140525ac.jpg

時間もあるので論天山まで足を延ばす。
黄色い小さな花が綺麗でした。

20140525ad.jpg

避難小屋付近まで戻ると今日初めての登山者に遭遇。
あいにくの天気ですねえと言葉を交わし、アオネバ十字路を目指す。
ここから先はいろんな花に出会えた。

20140525ae.jpg

ニリンソウ、シラネアオイ、サンカヨウ、イワカガミ、チゴユリ他。
ちょっと道路を離れたところのカタクリの群生は圧巻でした。

20140525af.jpg

ドンデン山荘への道と分かれアオネバ十字路をめざす。
この頃から少し青空が出てきそうな感じ。でもなかなか思わせぶりな天気です。
十字路で単独の男性からヤマシャクヤク見ましたか?と声をかけられる。
見なかったというとわざわざ案内してくれました。
まだ蕾でしたけど…

20140525ag.jpg

十字路から先はかなり急な下り。
アオバネ渓谷は新緑が綺麗でした。
花はちょっと時期を過ぎたようです。
こちらからの登りは辛そう…
汗をかきながら上ってくる数組の登山者と遭遇。今日は山荘で泊まりなのかな?

20140525ah.jpg

にぎやかな野鳥の声や沢のせせらぎ。
新緑に癒されながらのんびり下り登山口に到着。

20140525ai.jpg

バスの時間まで1時間弱あります。
ゆったりとした時の流れ、こんな時間もたまにはいいね。
バスが到着。約15分で両津港に到着です。
展望はなかったけど、沢山の花に出会えたアオネバ渓谷の山歩きでした。

レンタカーを借りて今宵の宿へ移動。
佐渡旅行目的の二つ目、夕食はこれでもかという程の魚料理を堪能しました。

20140525aj.jpg

佐渡旅行 その2へ続く
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。