日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


残雪の谷川岳

2014年5月2日 曇り時々晴れ

残雪の谷川岳、歩きたいなあと思っていたが、とうとう5月になってしまった。
早く行かなければ雪がなくなってしまう…
連休以降はしばらく山に行けないので、行くなら今しかない。
天気はいまいちだけど、午後から晴れるとの予報で決行です。

20140502tc.jpg

高速道路経由で登山口へ。
通勤割引なくなったんですねえ。
1時間ちょっとで着くのは魅力だけどこれからはあまり気軽に使用できないね。

水上ICを出るとぽつぽつと雨?
ロープウエイ駐車場に到着。まだ少し雨が降っている。
どんよりとした空…
どうしようかなあ…

しばらく車で待機。天気予報を見るとやはり午後は晴れる予報。
山歩きをした男性が一人出発していった。
雨はあがったようだ。よし、晴れることを期待し出発しよう。

20140502ta.jpg

コースは西黒尾根から山頂、天神尾根経由田尻尾根で下山の予定です。
鉄塔辺りから残雪が多くなる。今日はまだ誰も歩いていないようです。
対面の白毛門方面は少し雲がとれてきた。

20140502tb.jpg

ラクダの背辺りから眺める山頂方面はまだどんよりした雲が蔽い被さっている。
見上げる急斜面のコースは雪がズタズタに雪崩れている。

20140502td.jpg

ラクダのコルへいったん下り急な斜面の登りです。
クラックの入った斜面、時々行く手を遮られる。

20140502tf.jpg

どうやっても無事に越えられそうにない。いったん戻り別の斜面を登る。
こんなことを何度か繰り返す。
最後は雪のブリッジ上をどうしても通らなければ前に行けそうにない。
ゆっくりと体重をかけ無事通過。

20140502tf.jpg

いやあ、緊張感ばっちりでした。

雪の落ちた急斜面、見上げれば雪の壁…
どうしても越えられそうもない。少し横にトラバースして登れるところを探す。
ありましたあ
ここ辺りがいちばんの難所だったかな?
山頂で晴れることを期待し、今日は超ゆったりで登ります。

20140502tg.jpg

ザンゲ岩の下部辺りかなあ、とうとうストックでは登れそうにありません。
滑ったら一巻の終わり。
アイゼンを装着しピッケルを斜面にグイットと突き刺し一歩一歩確実に登る。
しかし凍結期と違って油断するとアイゼンがずりっと滑りそうになる。
慎重に慎重に…

そして急な斜面が終わり、時々夏道も出てきた。
指導標のある斜面に出る。相変わらず視界はない。
雲の中から声が聞こえる。

20140502th.jpg

山頂に到着。360度、真っ白な景色です。
頭上には時折日差しが。
もしかしたらサーっと雲が流れて晴れ間が広がるかも。
岩場で風を避ければ手袋しなくても寒くはない。
1時間ほど天候の回復を待つが…
オキの耳方面の道がわずかに見えたのみ。

あきらめましょう。
下山開始です。
帰りは天神尾根経由。
肩の広場辺りは視界なし。

20140502tj.jpg

ザンゲ岩辺りになると山頂方面に日差しがでてきた。
もしかしたら晴れるかも?
後ろ髪をひかれる思いで下山する。

20140502tk.jpg

避難小屋を過ぎると山肌のトラバース。
まだまだ夏道はわずかしか露出していない。
やはり今年は残雪が例年より多いかもね。

山頂の雲がとれ全容が姿を現した。
いやあ、感動です。今日は見れないと思っていたのに、やったね。
天神平の見えるピークで一休み。

20140502tl.jpg

ここからは田尻尾根を下ります。
今日はだれも歩いていない感じ。急斜面を滑るように降りる。

20140502tm.jpg

もちろん熊鈴をつけて下ります。田尻尾根は熊も出没するらしい。
熊鈴はカランカラン、チリンチリンと音色の違うものを2個付けて慎重を期します。

20140502tn.jpg

途中、まだマンサクが咲いていた。
イワウチワやショウジョウバカマも咲いていました。
田尻尾根は花も多いんです。
何度か急斜面を転びながら下る。

20140502to.jpg

そしてわずかで登山口に到着。ここからはスキー場コースの歩きです。
もうコースに雪はない。
雪が解けた後にふきのとうがいっぱい。食べごろです。
やったね、」今日のお土産ゲット。
そして雪解けで増水した沢、渡れない…

どこかに渡れるところはないかと探すが無い。
しょうがないね。
深さは20~30cm程度でしょう。靴のままザブザブと渡る。
急な流れで足が救われそうになる。しっかり足を踏ん張って渡りました。
こんな感じで2か所の渡渉。靴に水が入ったがもうゴールは近い。

さあ、今夜はふきのとうのてんぷらかな?
帰宅飲むビールはうまかった。

駐車場8:10→ラクダの背10:40→トマの耳12:20-13:20→避難小屋14:20→天神尾根分岐15:00→田尻尾根登山口15:40→駐車場16:20

アルバムです↓
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。