日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


岩櫃山

1月29日 晴れ

今年初のピークをようやく踏めました。
山歩きってことでは、先日一ノ倉沢に行った撮影スノーハイク。
でも、気分的にはピークを目指さなくっちゃ、今年初の山登りって感じがしません。
標高約800mの岩櫃山。これでも立派なピークです。(^_^;)

20140129ia.jpg

中之条に用事があったので、そのついでの山歩きです。
用事はhiroにお願いして我輩は山を目指す。
登山口から眺める山は、低山ながらもゴツゴツと男らしい山ですねえ。
まずは密岩コースで山頂を目指す。
すぐに急な登りが始まる。
1時間ほどであっという間に山頂です。

20140129ib.jpg

あっという間とはいえ、岩場や鎖場、そして天狗のかけ橋など魅力満載のコース。
頂上手前の鎖を頑張って登ると360度の展望がど~んと広がる。
いやあ、凄い!
浅間山、四阿山、横手山、白砂山、谷川方面、上州武尊山、日光白根、妙義…
あげたら切りがないですねえ。しばし展望を楽しむ。

20140129ig.jpg

今日は誰にも会わなかった。
たった一人でこの展望を味わうのはもったいないなあ…
と思って眺めていたら、向かいの岩の上で同じように展望を満喫しているものがいた。

気持ちよさそうにくつろいでいる。
でもきょろきょろと落ち着かない雰囲気。
高度恐怖症かなあ…
そんなことないよね(^_^;)
多分獲物を物色していたんでしょう。

20140129ic.jpg

岩櫃山の山頂は、岩の大地の上にさらに一段高くなっている。
その上に立ち記念撮影。
そしてもうひとつのピークへ移動。
こちらの方が広くて落ち着けますね。

20140129id.jpg

さて下りましょう。
枯れ葉を踏みしめながら下る。
実はこの山、もうかなり以前に歩いたことがある。
しかし、下りに現れたゴツゴツした岩の間を歩くコースは全く記憶がない。
へえ~、こんな山だったんだあと新鮮な気分に浸る。

岩櫃城本丸方面は以前歩いた記憶があったんで、今日は赤岩コースを下山。
その名の通り岩が赤い。
つるつると滑るんで用心して下る。
そこからも急な下りが続く。

20140129ih.jpg

赤岩通り登山口付近から眺める岩櫃山も堂々とした山容です。
短時間ですが、中々楽しめる山でした。
今度は紅葉時期に歩いてみようかな?

登山口に「潜竜院跡」というのがあった。(上の写真)
真田の城主が武田勝頼を迎えようとした御殿跡だそうです。
岩櫃山には本丸跡などもあり尾根通り、沢通りもあります。
歴史に思いを馳せながらのんびり歩くのもいいかもね。

20140129ie.jpg

帰りに時間があったので、ちょっと遠回りして東吾妻本宿の氷壁見物。
夜はライトアップされるらしい。
お昼過ぎは日陰となるためか、今ひとつ感動はありませんでした(^_^;)

岩櫃山のアルバムです↓


関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。