日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


試走+α

1月28日 晴れ

2月に桐生堀マラソンのハーフに出場予定です。
コースは車で通ったことはあるけれどランでの感覚はだいぶ違うだろう。
前半は緩い上り…実際どうなんだろう?
ということで試走することにした。
でもランでなく自転車です(^_^;)

20140128ka.jpg

桐生市内では、マラソン大会の案内が出て雰囲気を盛り上げています。
スタート地点(標高約100m)は割愛して市内の目抜き通りを通過。
当日は商店街から多くの声援が飛んできそうなところです。
でも今日は自転車。応援はゼロ、当然だけどね
この本通り、駐車している車が多いですねえ。
群馬のほかの町に比べて凄く多く感じる。
コースは、緩やかに標高を上げているようだ。
自転車ではそう感じないがランだったら徐々にダメージにつながるかも…

20140128kb.jpg

それでもこの程度の上りなら走問題ないだろう。
梅田2~3丁目にかけてはこのコース最大の難所かな?
上りがきつくなります。ここをどう耐えるかがポイントかもね。
大会に出る人かなあ…走ってる人がいました。
上の写真は上りきったところ。

20140128kc.jpg

次の目立ったのがマンホールのでこぼこです。
補修したのかなあ、それとも道路が引っ込んだ?
いずれにしろマンホールの浮いてるところが目立ちました。
ちょうど疲れてきた頃…足も上がらずつまづいて転倒!
そんなことにならない様、道の真ん中あたりを走ったほうが良さそうです。

20140128kd.jpg

その後はわずかなアップダウン
梅田湖への分岐です。
折り返し点がどこか分かりません。
もしかして上の写真の左側だったら、勘弁してようって感じの坂です。
一応右の道を走ってみる。
こっちは平坦です。梅田湖の下で行き止まりでした。
戻って左の坂を上る

20140128ke.jpg

梅田湖手前でお昼にしましょう。
今日の目的はこれで終わり。
うどん・そばのお店がありました。
ぐ~んと下ってお店に到着。賑やかな店内ですねえ

20140128kf.jpg

お勧めは何ですか?「木の子そばです」
ということで頂きました。いやあ、美味しい。とろろご飯もついてます。
そして最後にコーヒーまで…
メニューにはそんなこと書いてなかったのにね。
御主人としばし歓談。シカ猟や自転車の話などしてのんびりと時間を過ごす。
マラソンの話をしたら「ゴールは旧道のところ」(標高約200m)と教えてもらった。
いやあ、右側の坂を登らなくていいんだあとホッとしました。
約10kmでほとんど登り基調、標高差約100m…
帰路はずっと下り基調ですから、前半ちょっと抑え気味で走ろう。
そして帰路はビューンとダッシュ!の作戦で行こうかな?

20140128kg.jpg

まだ時間に余裕があったので、梅田湖(標高約273m)から足利の方に走ることにしました。
この道は一度下ったことがあります。逆コースだったらどんな感じかなあ…

20140128kh.jpg

しばらく平たんな道が続き、緩やかに高度を上げる。
老越路峠(約380m)に到着。何と呼ぶのかなあ?
もしかして老い越すジーさんだったりしてね(^_^;)
よし、ジーさんは頑張るぞ~

ここから右に曲がれば以前走った長石林道(最高地点約510m)です。
今日はまっすぐ彦間まで下りです。
快適な下りが続く。
そして途中から208号線に入り少し上って須坂花峠です。

20140128kj.jpg

トンネルが3つ(明治トンネル、大正、昭和)並んでいます。
圧巻は明治トンネル。何と手掘りです。
今は通行できませんが、通って見たい衝動に駆られます
大正の方も通れませんが、こちらは立派な石組です。

20140128kk.jpg

一休みしていると単独のサイクリストが上ってきました。
桐生の方で道に精通しているらしく、足利まで道案内してくれました。
昭和トンネルからは急な下りです。
日陰はほんのわずかだが凍結したところもあって慎重に下ります。
標高はわずか180m位ですが、峠、この季節は侮りがたしですねえ。

20140128kkl.jpg

足利に到着。
ここから輪行も考えていたが時間的にはまだまだ大丈夫です。
距離もまだ60km程度。
よし、走って帰ろう!
時々道を間違いながら無事帰宅。
約92kmでした。
風もなく穏やかな天気でした。
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。