日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


赤岩の渡し

今日は風が強くなるよ~との予報だったが、外を見ると風はほとんどない。
よし、今日はサイクリングだあ

と出発するが、すぐに風が吹いてきて次第に強くなってくる。
いやあ、参ったなあ…
でも家を出てしまえば、もう大丈夫。
予定通り50kmくらい走ってこよう。
今日の目的は「赤岩渡船」に乗ることです。

まずは島村の休憩所を目指す。
強い風、追い風です。ビューンとスピードを上げる。
前方にランナー。見たような人です。
ITAのIさんです。きたる東京マラソンでの目標達成に向け頑張ってました。
こんな風の強い日に走るって勇気いりますよねえ(^_^;)
頑張って~とエールを送り先へ進む。

坂東大橋までは凄い向かい風。
2人のサイクリストに軽く追い越される。あっという間に見えなくなった。
我輩が遅いのは風のせいだけじゃないんだなあとちょっとがっくり。

坂東大橋からは強烈な追い風です。
いやあ、最高!
反対側から走ってくるサイクリスト、みな顔をゆがめて頑張っている。
もう1時間もすれば、我輩も顔が歪んでることだろう。

クロモリに乗った男性と並走する。八王子まで帰るそうだ。
赤岩の渡しに乗って対岸に渡るというとその男性は初めてらしく一緒に乗ることにした。

さて、赤岩の渡しの説明です。

以下、千代田町HPより抜粋。
------------------------------------------------------------
赤岩渡船は千代田町赤岩から利根川をはさんで向こう岸の埼玉県熊谷市葛和田を動力船で結んでいる、主要地方道(県道)熊谷・館林線上にあります。利根川広しといえども現在県道として2つしか残っていない利根川を渡る橋のない公道の1つです。そのうち主要地方道はこの赤岩渡船だけで、年間1万6千人を超える方々に利用されています。
------------------------------------------------------------

20140126d.jpg

埼玉側から乗る時は、小屋の脇にある黄色い旗を上げます。
対岸から船がやってくるのを確認して旗を降ろし乗り場へと移動します。

20140126c.jpg

こちらは島村渡船よりだいぶ大きい船です。
今日は風が強く、運航してるかなあと気がかりでしたが大丈夫でした。

20140126b.jpg

県道ですから無料です。
ありがたいですねえ。
今日は群馬側は本来の船着き場と少し場所が変わっていました。
工事中かも?

20140126e.jpg

この辺り、いつもは静かな水面の利根川
しかし、今日は荒れてます。船が少し揺れますねえ。
風が強いため日光ほかの山々が綺麗に見えていました。
谷川岳方面は雪雲でしょうか?全く見えません。

20140126f.jpg

群馬側に渡り、男性と別れ風に向かって走ります。
時々横風になり、ディープリムはもろに影響を受けます。
よろっと転びそうになるのも数回…
いやあ、土手を走るのは辛い!

ついに気力が断たれます(^_^;)
上武大橋手前から一般道に降り少しでも風を避けようとコース変更
町並みを通る時は少し風が弱まった気がするが…
12時までに帰って「大阪国際女子マラソン」を見る予定だった。
しかし、間に合わない…
hiroに、12時迄に帰れそうにないと電話。
「迎えに来て~」等と口が裂けても言えない。
少し心をよぎったのは事実ですが(^_^;)

最後の気力を振り絞って12時20分ようやく帰着。
約66kmでした。
いやあ、100km以上走ったくらい疲れました。
最後はへこたれてしまったが、予定距離以上走れてまずは満足。
群馬に住んでるんだから、「向かい風にめげない脚力つけなくっちゃね」と強く思ったサイクリングでした。
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。