かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 一ノ倉沢

一ノ倉沢

1月24日 晴れ

昨年末、歩き納めとして一ノ倉沢の撮影と谷川岳登山を計画
土合駅まで行ったが降雪のため断念
今年の歩き始めはそのリベンジをと思っていた。
ようやくその日がやってきた。

20140124ta.jpg

しかしスタートからつまづいた…
目覚まし時計をいつの間にか止めたらしい(^_^;)
予定より1時間ほど遅れてロープウエイ駐車場に到着。
そこで昨夜からここまで来てて寝坊したという男性と遭遇。
いやあ、同じような境遇の人いるんだねえ。
このおじさんは、もう諦めてマチガ沢迄でもいければと言っていた。

さあ、行くぞ~
頑張ればどうにか間に合うかもしれない。
しかしその希望はすぐに断たれた。
マチガ沢まで数日前のものかな?トレースはあったもののつぼ足では全く歯が立たない。
途中からスノーシューを装着。
夜明けを迎えようかというマチガ沢に到着。
静寂のマチガ沢…
いやあ、いい感じ。

20140124tb.jpg

マチガ沢から先はトレースがない。
夏だったら何でもない道だが、結構でこぼこのアップダウンで遅々として進まない。
一人のちからって知れてるねえ。
もう朝焼けにはまったく間に合わないだろう。
既に白毛門方面には太陽があたっている。
もう諦めるかな…
と思っていたら落葉した樹林の間から真っ白な山が見えた。
もう少しだ!頑張ろう

20140124tc.jpg

眼前に飛び込んできたこの景色。
最高!
既に山肌には太陽があたっているが一ノ倉の迫力に圧倒される。

避難小屋に寄ってみると男性2名
一人は早朝、川沿いのコースで夜明け前に登ってきたらしい。
沢の出会いまではトレースがあったがそこからはラッセルに苦労したそうだ。
もう一人のKさんは、冬の間この小屋に滞在し動物の写真撮影をしているとのこと。
コーヒー、お味噌汁をいただく。いやあ、温まりました。
ありがとうです。

帰りは湯檜曽川沿いのコースとする。
Kさんと一緒に下り沢の分岐に到着。
写真談義で30分分ほどくつろいでしまった。

20140124te.jpg

そこからはほぼ平坦なスノートレッキング。
気持ちいいですねえ。

20140124td.jpg

こちらから眺める武能岳は格好いいですねえ。
雲ひとつない青空
これぞピーカンですねえ。
でも写真的には少し雲が欲しいね。贅沢ですけど(^_^;)

駐車場5:45→6:30マチガ沢6:37→7:54一ノ倉沢9:10→9:35湯檜曽川分岐10:05→11:00土合橋

アルバムです↓

関連記事

コメントの投稿

Secret

懐かしい一ノ倉沢

素敵な谷川岳一ノ倉沢のアルバム拝見しました。

貴重な晴れ間を捉えましたね。
一ノ倉沢を見た瞬間「雪が少ないのかな!?」と思ってしまいました。あまりに急峻な地形のため雪が落ちてしまうんですね(^_^;)

冬の旧道歩きは大変だったでしょう!
今はスノーシューという秘密兵器があったのですね。

私も若い頃は体力があったようで、月に何回かは土合駅からツボ足で一ノ倉沢まで偵察に行ってました。
好きなコースは一ノ沢からの東尾根。ひと冬に何回かのチャンスを狙っては登ってました。一ノ沢左岸には数々の氷瀑があってブルーアイスがとても美しかったですよ。いつか登ってやろう・・・と思いながら登攀技術とマインドが伴わなくて眺めるだけに終わってしまいました(^_^;)

今でも、冬の東尾根に登ってみたい・・・
そんな思いはあるんですけどね・・・

No title

ぬかぼしさん
一ノ倉沢、夜明け前に着きたかったんですが寝坊してちゃあだめですねえ(^_^;)
反省…
でも素晴らしい景色見れて感動でした。
スノーシューほんと楽ちんですねえ。
気分的には昔ながらの「カンジキ」が好きなんですが。
最近は出番がトンとありません。

冬の東尾根…私は無理ですね(^_^;)
今度写真撮ってきてください。それを眺めるだけで満足しておきます

No title

花の咲き乱れる山もきれいですが、厳しい冬の真っ白い山は格別ですね。
私が登山を始めた頃、冬は熊みたいに冬眠状態でしたが今ではのんびり寝ている場合ではないと冬を楽しんでいます。

No title

shinnosukeさん

そうですねえ、山は四季それぞれ良さがありますが、真っ白な世界は荘厳さがあります。
三段山、十勝岳、旭岳方面、登りた~いって時々思います。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。