日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


群馬県民マラソン

「人・いのち・健康」をテーマに開催される群馬県民マラソン。
トップアスリートの記録への挑戦、ベビーカー押して家族でワイワイと幅広くの人が楽しめるイベント
約12,000人の参加で盛大に行われた。

我輩はハーフマラソン、hiroと孫のSちゃんはリバーサイドジョギングマラソンに参加…予定だった。
しかし…
hiroが足を痛めて参加できなくなってしまった。
万事休す!

このままではSちゃんが走れない…

20131103b.jpg

走るための選択肢は二つ
①我輩がハーフを信じられない速さでゴールしたあと、リバーサイドに出場
 この案の問題点は、超早いタイムでゴールできるかです。
今までのハーフの自己最高記録が1時間39分。
これで帰ってこれれば時間的にはぎりぎり可能だ。しかし最近練習不足でその自信はない。
無謀に挑戦し間に合わなければSちゃんが路頭に迷う。
万一間に合ったとしても、慌ただしいスタートとなり、ただ走るだけとなってしまう。
孫との楽しいコミュニケーションがとれないしねえ…

②ハーフをやめて孫との走りに専念する。
少し物足りない走りとなるが、これならたっぷり孫と過ごせる。

20131103aa.jpg

というわけで選択したのは、孫たっぷりコミュニケーションの第2案でした。
そう決めたら気が楽になった。
大会2日前に事務局に選手交代の連絡。
保護者の変更は大丈夫ですよ。
でもナンバーに記載の名前変更はもう間に合いませ~んだって

さて、当日
ハーフの受付を一応行ったあと、ICチップをナンバーカードから取り外し返却。
いろんなマラソン大会参加した中で初めてのDNS(東日本大震災での中止によるDNSは2大会ありますが)で、ちょっと寂しい気持ちになった。
でも孫と走れる機会はそうそうない。しっかり楽しもう!

20131103d.jpg

ゲストとしてJOY(ジョイ)さんが参加。
孫は大喜びで写真撮って~と必死。
我輩は「JOY」って誰?状態です(^_^;)

20131103e.jpg

我輩はAKGに気もそぞろ、初めて見ました。可愛いですねえ!

20131103c.jpg

ハーフのスタートを見送る。
みんな頑張ってねえ。
我輩は今日は魚君のかぶり物で出場。
ぬいぐるみかぶって走る男性が、写真一緒にお願いってことでツーショット。

20131103f.jpg

ジョギングコースC、スタートまで時間もたっぷり
「ぐんまちゃん」と一緒に踊りの振り付けを楽しむ。
中々いい準備運動になりました

20131103g.jpg

スタート時間が近づき整列開始
同じスタートグループでも、中学生以上、小学生とのペア、ベビーカー他と安全を配慮してグループ分けされていた。
小さな子供もたくさん参加しているので安全第一。
さあ、いよいよスタートです。ゼッケンのhiroの名前でちょっと恥ずかしいなあ。
Sちゃんは、学校で練習しているとはいえ4kmも走ったことがないという。
不安そうです。
でも自分よりちっちゃい子が頑張ってるんで、負けちゃいかんって感じで頑張ってます。

20131103h.jpg

折り返しあたりまでくると「疲れた~、もういや。え~んetc」という子がポツリポツリ…
お父さんは大変です。おぶったりなだめたり…
Sちゃんはまだ頑張ってます。
結構根性ありますねえ。見直したよSちゃん。
しかし、最後のほうは「疲れた~、もう駄目」と弱気になってきた。
「疲れたら歩いてもいいよ」と声をかける。
時々歩いては、また走る。その繰り返しでゴールが見えてきた。
ゴールでhiroが待っていた。sちゃん、その前を元気に走り抜ける。

20131103i.jpg

最後はしっかり手をつないでゴール!
プライベートタイムで35分16秒(オフィシャルタイム 36分05秒)
1時間くらいかかるかと覚悟していたが、良く頑張りました。
Sちゃん、完走証もらって大喜び。帰ってママに得意げに見せていました。
我輩の完走証は自分の名前でもらうことができ良かったよかった。

今度は、ばあちゃんと走ろうね
アクシデントで残念ながら孫と走れなかったhiroは寂しそう
でも次の約束ができたからまた張り合いが出ることでしょう。
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。