日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


谷川岳馬蹄型縦走に挑戦

2013年8月28日

谷川岳馬蹄型縦走、今までテント泊や避難小屋泊で歩いたことはある。
その時、日帰りで挑戦する人達に出会ったこともあり、いつの日か自分も挑戦したいと思っていた。
しかし、コースの厳しさは半端じゃなくとても日帰りではと尻込みするもうひとりの自分がいた。
ずっと思いこがれながらも躊躇していた気持にピリオドを打つ日が突然やってきた。
それは、以前志賀高原トレイルランでお会いしたヒロヤマさんのレポートを読んだことがきっかけでした。
もしかして自分もいけるかも…
思い立ったらもう止められない。レポートを読んで1週間もたたないうちに決行となった。
天気は、午前中小雨予報だが午後は晴れるとのこと。
夏だし少し位濡れたっていいや。待ってたらまたいつ行けるか分からないもんね。

20130830a.jpg

いでたちはトレイルランの格好です。半袖ランシャツに短パン、トレラン用シューズ。
水は2L+500ml+ポカリ500ml。

JR土合駅を3時10分出発。
空には星が出ていた。もしかしたら雨にならないかもと淡い期待をもって登り始める。
白毛門迄はただひたすら登り。急登!
誰も歩いていない。静かな山に熊鈴の音が響く。
松ノ木沢の頭あたりでうっすらと夜が明けてきた。
谷川岳東面の景色は?
う~ん、残念。稜線沿いに厚い雲がかかっている。

20130830b.jpg

笠毛岳から朝日岳までは結構なアップダウンが続く。
景色は全く見えないが、朝露に濡れてた花々が奇麗だ。
朝日岳6時35分着。ここも全く展望なし。おまけに雨が降ってきた。
まあ、今日は歩き通すことが目標だから展望なくてもいいけどね。

清水峠までは長い下り。展望もなく嫌になります。
今日はトレランもどきですからくだりは少しでも走りましょう。
でも雨ですから滑ったり木の根っこに引っかかったりして意外と走れない。
清水峠に7時35分到着。避難小屋を覗いてみるが誰もいなかった。

20130830h.jpg

七ツ小屋山は意外と遠かった。
晴れてれば気持ちよい稜線歩きだが視界はほとんどない。涼しくていいけどね。
上だけ雨具を着用。短パンや靴は既にビショビショ…
濡れたままでは肌にまとわりつくので絞りながら歩く。
ササや草が登山道に覆いかぶさっているところも多い。
腰上まで藪の中って感じです。
ひんやりして気持ちいい~って感じはもう無い。寒くなってきた…

20130830c.jpg

ようやく七ツ小屋頂上着8時17分です。
山頂って感じは全くない山頂。でも歩き甲斐はありました。
このあたりで今日初めての登山者に遭遇。
そして快適に下って蓬ヒュッテに8時50分着。
外にある温度計見たら10℃だった。

20130830g.jpg

ここでお昼にしましょう。
土間で休憩は無料でいいよってことでした。15分ほど休み出発。
もし歩けなければここからエスケープルートで下山も考えていた。
しかし、疲れはあるものの脚は持ちそうだ。
寒さも着替えはあるし問題ないでしょう。
さあ、あと半分弱。ガンバ!

茂倉岳迄の登りは厳しかった。
コースタイムは分かっているが、先が見えないので、いったいどこまで続くのかなあという気持ちになってくる。花でも眺めながらゆっくり登りましょう。
そして茂倉岳10時58分着。
やった~この登りを克服すればもう日帰り縦走は達成したようなもんだ。

一ノ倉岳はあっという間に通過。
その先の「ノゾキ」景色が良ければ吸い込まれそうな恐怖感を感じるが、な~んにも見えない。
オキノ耳到着
このあたりから人が多くなってきた。
吾輩の格好はどう見てもみんなとズレている。
えっ何?この人って感じで見る人もいてちょっと恥ずかしい。
みんな上下バッチリ雨具着て重装備。こちらは短パンだもんね。
雨も上がってきたので雨具脱いで上は半袖なんですから…

20130830d.jpg

そんな視線に耐えながらトマノ耳12時6分着。
山頂は大混雑。
よくこんな日に登ってくるねえと自分のことは棚に上げて感心します。
あいにくの展望。頭上は少し雲が薄れてきた感じがするん。
しばらく粘ってみたがなかなか思わせぶりで雲は切れない。
あきらめて下山開始です。
下りは西黒尾根。蛇紋岩は滑りやすい。
足も疲れてるんでちょっとしたことで転びそうになる。慎重に下りましょう。
ラクダの背あたりまで来ると青空が出てきた。

20130830e.jpg

歩いてきた山並みが見える。いやあ、あんな所から歩いてきたんだあ…
頑張った自分をほめてあげよう。感動です。

鎖場をいくつか通過した後はブナの樹林帯となり程無く登山口に到着。
土合駅までは舗装された道の歩き。
登山指導センターの水場ででグチャグチャに汚れた靴を洗う。
ぎくしゃくした走りでようやく土合駅着。14時50分。

20130830f.jpg

終わったあ…
念願の馬蹄型縦走、さっそうとトレイルランって感じではなかったが無事歩き通せた。
今度は晴れてる時逆コースで歩いてみたいなあ…
それとも万太郎から仙ノ倉山方面を歩いてみようかな?

アルバムです↓
展望はなかったので見応えはないですが…
一応記録ということで

関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。