かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 水泳、ラン、健康 > 志賀高原マウンテントレイル 準備編

志賀高原マウンテントレイル 準備編

志賀高原マウンテントレイル

6月29日 曇りのち晴れ

準備&前日編

いよいよトレイルラン40kmに初挑戦です。短い距離(17km)は以前走ったことはあるが、高低差もかなりある40kmとなると未知の世界。無事帰ってこれるかなあ…

初めてということで不安がいっぱい。
まずはザックです。
以前はハイキング用のザックでお米5kgを背負って走ったが、ぶらぶらして何とも走りにくかった。で、今回トレイル用バックパックを購入。サイズが色々あって迷ったが、どうしても荷物を多く持つ傾向にある我輩としては、少々大きさや重さを犠牲にしても少し大きめがいいかな?
で、買ったのはノースフェイスの「マーティンウイング16 Sタイプ」、14Lです。

水は2Lは必要だろう。ペットボトルでいいかなと思ったのと、お店に在庫もなかったのでハイドレーションパックは買わなかった。

さて、持ち物はどうしよう?

まずは食糧と水

20130628c.jpg
画像は、クリックすると大きくなりま~す

エイドはあるが途中でハンガーノックにはなりたくない。ザバスリキッド2本、塩飴他を準備。これにおにぎり2個追加かな?水は500mlを3本+ポカリ1本の計2Lでいいだろう。水はザックのサイドポケットに2本。そして中に2本とした。
しかしサイドポケットの分が何とも不安定。ポケットの深さが浅く走ってると落ちるんではと不安になった。で、ハイドレーションパックを購入しようと思ったがもう間に合わない。結局サイドは1本とした。

非常用品

20130628b.jpg

ヘッドライト、熊鈴、笛、三角巾他を準備。一応テーピング用テープも持つこととしたが今迄使用したことはなく使用方法も分からない。念のためテーピングの仕方を記したマニュアルも持つこととした。大勢の人が走るんで不要かなと思ったがアルミのレスキューシートも持って行こう。

服装

20130628a.jpg

標高2,000mも超える尾根。天気予報もあまり良くない。尾根で風に吹かれたり雨に降られたら寒いかも?
走る時は暑そうだし…
でも疲れや怪我で走れなくなった時は寒いかも…
どんな準備をしたらいいのかと逡巡する。
よし、当日の天気とみんなの服装を見て決めよう(^_^;)
基本パターンとして準備したのは、機能性アンダーに半袖ランシャツ。アームカバーに登山用ゴアの手袋、短パン、帽子。靴下は5歩指ソックスに捻挫防止用ソックスを重ね履き、そしてふくらはぎ用タイツ。靴下やタイツを重ねると足首付近がごつごつして締め付けがきつすぎる。で、一番厚みのある5本指ソックスの足首部をハサミでチョッキン。これでいい感じ。
防寒防風対策には、登山用のゴアの雨具(上)、七分丈のパンツと手袋を持って行こう。
あとは、当日寒ければとロングタイツと長袖のランシャツを準備。
靴は以前買ったトレラン用シューズです。

その他
デジカメに携帯電話、地図、バンダナにハンカチ等

準備が整ってザックに収納。
重~い…5kg弱!でも必要なものばっかりだしなあ…当日出走前にもう一度考えよう。

コースの確認

20130628g.jpg

コースマップを印刷しじっくり研究。眺めるほどに高度差に恐れをなす。
制限時間は10時間。戻ってこれるだろうか?
まあ、上りが厳しいということは下りも結構あるんでどうにかなるだろう。
登山地図を参考に所要時間を算出。不明なところは適当に記入。
全行程でおおよそ歩き13時間というところかな?
歩きの6割位の速さとして約8時間。6割でいけるかは走ったことないので不明。フルマラソン3時間台のランナーで上りはおよそ65%前後、下りで50~55%ぐらいの短縮率らしい。体調に異変が生じなければ休憩含んで9時間あれば戻ってこれるかもね。

トレランに向けての練習

いつものジョギングでは不安。マラソンに向けて月間200kmは走るように努めているが大体挫折する(^_^;)
で、今月は大会に向けて距離を走るより負荷をかけた練習に変更しようと思い立った。ほんとはトレイルに出て走る方がいいんだろうが梅雨時、そして野暮用でそれもままならない。で、雨の日は自宅の階段昇降。13段を100回目標で頑張る。最初は50回も行うと翌日足がパンパンになって筋肉痛。これを雨の日に3日位実施。
あとは近くの公園の往復とそこの小高い丘を上ったり下ったり。
高度さ約11m。最初は10回くらい走っては休憩で合計20回くらいでバテバテ。何度か回を重ねるうち最終的には40回を達できた。これらを含めて大会までの6月走行距離は約160kmを達成。

あとはトレイルラン関係の本を数冊読んで技術と知識を蓄える。特に登りや下りが問題かな?ロードを走るフルマラソンとはだいぶ勝手が違う。いかに疲れないように走るか?安全に走るには…
知識を事前に実践できればいいがその時間はない。頭でっかちになったが本番で役に立つこともあろう。

さあ、準備はできた。
目標は楽しく安全に走り、制限時間内完走!

前日に現地入りし雰囲気を把握しよう。
志賀高原は大会を翌日に控えてひっそりしていた。スキーの時は賑わうんだろうが、季節外れの今は観光客もほとんど見かけず寂しい…
レストランで食事するがお客はゼロ…開いてるのかなと覗いていたら「どうぞ~」と声がかかった。不気味なほど静かです。竹の子入り焼きカレーを食べる。美味しかったけどちょっとボリュームが多すぎた感じ。

20130628d.jpg

そのあと高原を散策。ハクサンチドリやアヤメ、クリンソウ、コバイケイソウ等が咲いていた。あれっ雨かな?空が真っ黒くなってきた。

20130628e.jpg

急いで車に戻り、本日の宿に直行。
といっても車中泊です。長野方面にだいぶ下って湯田中温泉近くにある道の駅に到着。
しばらくは外に出れないほどの土砂降りの雨…
ちょっと小降りになったので近くの日帰り温泉「楓の湯」で汗を流す。

20130628f.jpg


雨もやんできた。明日は降らないでほしいなあと願いながら就寝…
おやすみなさ~い

さて明日はいよいよ大会だ。
当日編に続く。
関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

トレイルラン等は私にとって別世界の話ですがきっと気持ち良い汗をかくのでしょうね~
十勝岳登山をすると昨年も今年も若者が残雪の斜面を走り回っている姿が山よりも美しく見えるが私は残念ながら無理ですねー
先日ラジオを聴いていたらkyouさんが飛びつきそうな大会が…北海道でも。

http://trail-run.blog.so-net.ne.jp/2013-02-13-1

No title

しんのすけさん
トレイルラン、面白いです。
元々が山歩き大好きですから、その延長線上って感じで楽しみました。
ほとんどが私より若い人たちですが、中にはかなり年配と思える人もいます。タイムより完走、山を楽しむって感じです。

紹介いただいた記事、ほんと飛びつきそうな大会ですねえ
でもそんな長距離は…
旭岳から黒岳位なら楽しいかもね

ところで旭岳、もう雪は少なくなったかなあ。
いよいよ今月、楽しみです

No title

5キロも背負うのは大変ですね!
エイドの間隔がどの程度かわかりませんが、自転車より負荷がかなり大きそうですから、それくらいの水を背負わないといけないのかも。
結果が気になります!

No title

Ottyさん
さすがに5kgは持ちすぎと思い当日少~し軽量化しました。
エイドは13km、23kmの二か所です。
水は約700ML自分の分は消費しました。
エイドでは200~300ml消費したよ感じです。

結果…ビュんと天狗のように走りました←冗談です(^_^;)

No title

大雪山の花はかなり遅れていますが雪解けに合わせて花が咲いていますので陽のあたるところ残雪の多いところで花期が変わりいろいろな花がきっと見られます。

No title

sinnosukeさん
 了解しました。少し雪があった方が景色もいいかも。
楽しみです。あとは天気だけですね(^_^;)
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。