かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 赤城山ハイキング

赤城山ハイキング

6月8日
赤城山(荒山・鍋割山)ハイキング

20130608f.jpg

先日赤城にドライブした折、今年のツツジはどうかなあ?いつハイキングしようかな?って考えていた。
尾瀬の水芭蕉も見たいし、赤城のツツジも見たい。
よし!9日にまずは尾瀬に行こうと決定した。

そんな折、マイミクのたっち石川さん御夫婦が「赤城山行くよ~」っていう情報を見かけた。
お邪魔虫でご一緒していいですかあと聞くと快諾していただいた。
姫百合駐車場まで自転車で行くかな?と思いスタート時間尋ねると7時頃かなとの返事。
逆算するとそんなに早起きできないなあと早々に自転車案は却下(^_^;)

でも下山後時間と気力があったら「赤城山ヒルクライム」もどきでも走ってみようかな?
で、愛車を積んで駐車場に向かった。
赤城大鳥居付近ではもう自転車で下って来る人も見かけた。
上ってる人も結構見かけた。みんな朝早くから頑張るなあ…

7時前、たっちさん御夫婦到着。
「お久しぶり~あれっ自転車じゃなかったの?」って言われてしまった(^_^;)
「お久しぶり~。あれっMAMIさんスマートになったんじゃない?」
などとご挨拶を交わした後、荒山高原に向かって出発です。

20130608d.jpg

たっちさんは膝の具合がいまいちらしくリハビリ登山で少しづつ歩く距離を伸ばしているとのこと。
MAMIさんから「ちょっとペース早いんじゃない?」と夫をいたわる優しい言葉。
今のところ登り時の調子は悪くなさそうで安心しました。

20130608e.jpg

快適に歩いて荒山高原到着。さっそくツツジのお出迎えです。ちょっと時期遅れかな?

休憩もほどほどに荒山をめざす。所々ツツジの群落。
朝の小雨の影響で滴が付いて綺麗です。標高を上げるにつれ綺麗さが増してきます。
荒山頂上に到着。
レンゲツツジはまだつぼみが多かった。温度計は12℃を示していた。
登りでほてった体、ひんやりして気持ち良い。
お邪魔虫の私も入れていただいて記念撮影「はい、ポーズ」

20130608g.jpg

さて、下山開始。まずは棚上げ十字路へと下る。
顔が赤く染まるんじゃないかと思うほどこのコースもツツジがいっぱい。
十字路からは気持ち良いトレイルで荒山高原をめざす。
トレイルランしたら気持ちいいだろうなあ?
いつの日か走ってみたいなあなどと思いながら歩く。
下りの方が調子悪いと言っていたたっちさん、今日は大丈夫みたいだ。

荒山高原に到着しひと休み。
脚の調子が悪かったらここまでとの予定だったが、問題なさそう。
では鍋割山をめざしましょう。30人ほどの団体さんが道を譲ってくれた。

20130608h.jpg

この時期の鍋割は人気なんですねえ。稜線に出るとツツジが出迎えてくれました。
広い稜線、展望も素晴らしく大好きなところです。
ツツジのトンネルも感激!お邪魔虫したお陰で最盛期のツツジを見れて大満足。
山頂でお昼にします。
最初はそう混んでなかったが、団体さんが到着し大混雑となった。
このころ晴れまだ出てきて日差しが痛いほど。しかしそのうち荒山方面に黒い雲が…

20130608j.jpg

嫌~な感じの雲です。もしかして雨になるかも…
私は雨になってもいいですよ~。折角折りたたみ傘持って来たんですから。
雨に濡れたツツジ、霧に浮かぶツツジも雰囲気いいよね
でも残念ながら降らなかった。(^_^;)
稜線の途中、たっちさんお気に入りの展望、おくつろぎビューポイントを教えてもらった。
岩に腰掛けてみる。
なかなかいい感じ。癖になりそう。のんびり腰掛けてビールなど飲んだら至福の時間間違いなし。
やっぱ山っていいなあ。

20130608i.jpg

下りも膝は問題なさそうですいすいと下る。
12時半頃、無事駐車場に到着です。
膝いの痛みは翌日あたりに出ることもあるという。問題なければいいが…

20130608k.jpg

単独の山歩きが多い我輩であるが、今日はお二人とご一緒できて楽しい山歩きでした。
会話や行動の中から感じたお二人の仲の良さ、真似してもできるもんじゃないなあ。
いつでもお二人での行動にお邪魔虫が舞い込みまして失礼しました。
今後も機会があったらお邪魔虫させてくださいね。とご挨拶してお別れです。

我輩は、まだ少し元気が残っていたので、自転車で赤城山ヒルクライムのゴールをめざすことにしましょう。
めざすはでっかいソフトクリーム
明日の尾瀬ハイキングに差し障りのない程度にのんびりとね。

20130608l.jpg

関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。