FC2ブログ

かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 旅行 > 北海道の旅 その1 函館

北海道の旅 その1 函館

北海道の旅が終わりました。
ボチボチ回顧録でも書いて行きましょう。
今回の北海道旅行、サラリーマン生活にピリオドを打ったお祝い?として計画。
初めは8月に予定していたが諸般の事情で9月に変更。
出発前の天気予報ではしょっぱなから雨…
それも日程のほとんどが大気の不安定な状態にはいってるということで雨か曇り(^_^;)
ホテルも予約してるし自転車の大会もあるし今さら日程変更はきかない。
車はどれにするか?燃費で選べばプリウス、利用しやすさからすればルミオン。
悩みましたが、自転車2台ほか荷物もいっぱい。帰りはお土産で更に増えるだろう。
結果は使いやすさからルミオンにしました。hiroも運転に慣れてるしね。

で、出発です。
今回の旅はホテルで泊まったりキャンプや車中泊したりとバラエティーです。
もちろん車です。
今回はぜひとも函館に行きたかったので高速道路をひた走り青森港からフェリー利用。
約700kmですから数回の休憩を入れて到着。
高速料金も土日と言うことで半額(^-^)

20120916a.jpg

高速をスムーズに走れたので早めの青森港に到着。
予約より一便前のフェリーに乗れました。
夜遅く(0時30分)着くので函館でまず車中泊の予定だった。
しかし、早めに着いたので函館の百万ドルの夜景を見に函館山に直行。
ほんとは翌日の予定だったが明日は雨かも…ということで変更した。

20120916b.jpg

この景色が見たかったんです。22時からは一般車も上れるせいか沢山の人出で賑わっています。
ほとんどが恋人同士に見えました。函館の夜は暑い位でした。
その後、翌日の予定も変更して水無海浜温泉公園に行くことにした。
で、近くの道の駅で車中泊です。
荷物を積んだままだったので、シートを少し倒して寝たが、かなり窮屈…
体がガチガチになってしまった。
朝、明るくなって周りを見るとテントを張れる草地もあった。
いやあ、テント張ればよかったと悔やんでも後の祭り。

20120917a.jpg

まずは温泉です。
まだ潮が引き始めたばかりとあって温度が低い。ザーザーと波の音を聞きながら入る露天風呂は最高だ。
底の方から熱いお湯が沸いている。場所によってはやけどする位熱かった。
時間が経つとほど良い湯かげんになってきた。
函館から時々来るという男性と温泉談義。いやあ、北海道はいいねえ。

20120917b.jpg

さて、函館に戻りましょう。
こんな素敵なマンホールの蓋を見つけました。
函館と言ったら「イカ」
夜の食事が楽しみです。

20120917c.jpg

五稜郭です。まずは見学前に函館ラーメンです。
開店には少し早く並んで待ちましたが、開店直後は凄い数のお客さん。
人気あるんですねえ。函館塩ラーメン。
その後園内を散歩しましたが日差しが暑い。
もう9月も下旬になろうという時期に北海道じゃないみたい。
早々に涼しいタワーに避難です。上部から眺め五稜郭の全貌が良く分かりました。
綺麗な公園ですねえ。ジョギングコースに良さそう。

20120917d.jpg

函館は路面電車が走っています。一日乗車券600円で乗り放題。
たっぷり乗りました。
八間坂、教会、赤レンガ倉庫の見物。
特に坂は見ごたえありました。冬、雪が降った時、車で上るのは大変そう。

20120917e.jpg

赤レンガ倉庫や教会は夜ライトアップされている。
で、食事前に歩いてみました。
綺麗ですねえ。結構芸術的な写真が撮れたような気がします。
そしてお目当てのイカの活きづくりです。
いやあ、美味しかった。
ぴくぴくとまだ動いています。他にも海の幸をたっぷり。
いやあ、初日から大満足。美味しかった~
やっぱ函館に来てよかったなあ。

20120917f.jpg

函館の朝市
メインはやはりカニ、イクラなどの海鮮丼。
値段もびっくり。朝っぱらからこの値段払うには勇気要ります(^_^;)
幸い、今回はホテルでの朝食を予約していたので見物だけです。
海鮮丼は最後の小樽に持ち越し。

20120917g.jpg

函館から子供達にカニのお土産を宅急便で送りました。
カニ、蟹、カニ!
喜ぶ孫たちの顔が目に浮かぶようです。

悲しい出来事がひとつ…

ライトアップされた教会他の芸術的な写真や、イカの活きづくりなど美味しい料理の数々の写真。
間違って保存せず消去してしまった(^_^;)

気を取り直して、次の目的地「大沼、駒ケ岳」めざしましょう。

その2へと続く
関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。