かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 家族 > 結婚式、その後

結婚式、その後

 片言の日本語が話せる神父さんに導かれ、甥の結婚式がめでたく終わった。これから二人力を合わせて幸せな家庭を気づいていってほしいものだ。
 そして結婚式の厳かさが薄れ、賑やかな雰囲気の披露宴となった。事前に祝辞を頼まれていたので、しっかりと案を考え、忘れないように数日前から緊張のしっぱなし。しかし開会前に青天の霹靂、大変なことが起こった。司会の方から、「じゃあ、式の最初に挨拶お願いしますね」「……」しばし声も出なかった。我が輩の原稿は、式の最後の方に話す内容で構成されていたのだ。ガビーン、こりゃあ我が人生の一大事。せっかく覚えた祝辞は、殆どが来賓や出席者の挨拶を受けたことを想定しての内容なのだ。

 しかし、晴れがましい甥の結婚式。親族として恥ずかしい祝辞はできない。今までの我が人生で最大に脳味噌を活性化させ急遽内容を変更、どうにか祝辞は無事述べることができた。しかしそれにしてもまいった。皆さん、こんな時は事前の打ち合わせをばっちりやって望みましょうね(^_^;)
関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。