日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


いろは坂

2012年9月14日

日光いろは坂を走ってきました。
赤城ヒルクライムの練習ももうできる日が無いし、せっかくなら少し違ったコースを走ってみようと思った次第です。
そこそこ坂があって距離がある。景色もいい…
以前から気になっていたコース。
輪行も楽しめるコースです。
ほんとは紅葉の時期が良いが、まずは下見も兼ねて走ってこよう。

自宅から渡良瀬渓谷鉄道大間々駅までは自走です。
始発(7時2分)に乗るため、5時15分出発。
最近肌寒かったが今日は意外と暑さを感じる。日中はさぞ暑くなりそうだ。
大間々駅迄約18km。早く着きすぎたので隣のコンビニで朝飯調達しホームで食べる。
車で来た場合駐車場は500円です。

20120914a.jpg

渡良瀬渓谷鉄道は、トロッコ列車というのも時間帯によっては走っています。紅葉時期などはこれに乗ると気分いいですが混むので輪行はちょっと気が引けるかも…
今日は最初1両運行。最初は10人もいなかったが、途中通学時間帯の為中学生がたくさんのりこんできた。それでも満員にはならなかった。
渓谷沿いを豪快に走る。一両なのでスピード感があるんだろう。
1時間ちょっとで終点間藤駅に到着。最後は我輩一人貸し切り状態だった。

駅員さんの話では、最近クマが出るとのこと。気をつけてねだって(^_^;)
最初は足慣らし川沿いに少し上ってみる。このあたりは足尾銅山公害の影響により禿山になった経緯がある。足尾治山事業緑化運動の成果が出てかなり緑が増えてきた。
人への害も当然であるが、綺麗な自然を壊してもらいたくないものだ。

足尾から日光への道は緩やかな上りとなっている。日足トンネルがその最高峰だ。トンネルは約2,800m…長いし照明はあるが意外と暗い。日光側に向かって下り勾配の為か車はかなりのスピードで走り過ぎる。段差のある歩道があったが狭い。大型トラックが通過するときは風圧で倒れそうになる。段差があるので転倒したら大変。轢かれてしまう…
以前トラックに煽られて肩骨折、脱臼で心身ともに痛い目に会った記憶がよみがえる。
押して行こうかと思ったが距離が長すぎる(^_^;)
車が来ないのを見計らって車道を走り、少し走っては止まって車を確認してまた走る。
ゴーっという車の音が反響して襲いかかろうとする。
もう嫌だ!このトンネルは二度と通りたくない。帰りは旧道を走るかなあ…

20120914d.jpg

冷や汗たらたらでどうにかトンネルを抜けると更に下り、いろは坂方面に男体山が見えた。
トンネルの嫌な思いを振りきっていろは坂を楽しもう。
一方通行の為比較的走りやすい。勾配もそれほどでもない。途中、宇都宮からきたという二人連れと会った。我輩より歳とってそうだったけど、自転車、いつまでも楽しめるといいなあと思う。
息は上がりながらも気持ち良く明智平に到着。そこからは対面通行となるのでトンネルもあり要注意。少し下ってすぐに中禅寺湖到着です。やったあ。ここまで自転車で来るなんて思ってもいなかったがついに達成した。
二荒山中宮神社を参詣。以後の安全走行を願う。中禅寺湖畔は平坦な気持ち良いコース。のんびりと走り、龍頭の滝を過ぎると勾配がきつくなる。そして戦場ヶ原に到着。赤松茶屋の広場では小学生たちがあふれていた。遠足かなあ?

20120914b.jpg

右や左に目を奪われながら三本松に到着。お昼にしよう。
さて予定ではここから折り返し。しかしあの日足トンネルの恐怖がよみがえる。
細尾峠を通ってもいいが、勾配や距離も想像がつかない
どうせ上るなら金精峠経由で帰ろうかなと思案。こちらもいつかは走ってみたいなあと思ったことがあり、峠を越えれば後は基本的に下り。距離が予定より50~60km遠くなりそうだが、命落とすよりいいだろう。

単独のローディーが休んでいた。聞くと金精峠まで行く予定という。初めてだそうだがあと400m位上ればいいでしょうとのことだった。
で、決定。

20120914c.jpg

まずは湯ノ湖迄頑張って上る。そこで案内看板を参考に峠を確認する。かなりありそうだなあ。でももう後戻りはできない。頑張って上るだけだ。ジグザグな道を上って振り返れば男体山が美しい。眼前にトンネルが出現。あと150m以上上らないとと思っていたがここが本日の最高点のようだ。2,00mちょっとの峠は歩いて行かないといけないのだろう。

さあ、上った後のご褒美。結構急な下りです。標高1,800mを超えるため寒さを心配したが20℃位あるのかなあ?半袖ウエアーでも大丈夫だった。今日の下界は結構暑いんだろうなあ。菅沼までは綺麗な道だったが、その後は結構荒れていた。この道はスノーシェルターも多く冬期は通行止めになる。そのせいもあるんだろうなあ。路面の荒れがガタガタと腕に響き疲れます(^_^;)

このあと沼田、渋川を経由してサイクリング道路経由で伊勢崎に無事到着。下り一方と思っていたが渋川まではちょっとしたアップダウンがあって意外と脚にきました。
距離約184km…いやあ久しぶりの長距離サイクリングでした。
当初予定のコースだったら120kmだったのにね。
今度は初期の予定通り、間藤から渡良瀬渓谷沿いの紅葉サイクリングをやりたいなあ。


関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。