日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


赤城大沼周回6時間走

夏場は標高の高いところで練習会
赤城大沼湖畔 1周約5kmを6時間走です。
もちろん…我輩はそんなに走れません。
夕方は茨城に帰らなきゃならないし3時間走が目標です。

20120722a.jpg

先日伊勢崎市は39.1℃を記録した。
こんな暑い日が続いたら嫌だねえ…梅雨も明けこれからが夏本番!
ところがその暑さがどこかへ行ってしまい、ここ数日は涼しい日が続いている。
今朝、我が家からいつも見えるはずの赤城山はまったく隠れていて見えない。
雨かなあ…でも天気予報は曇りです。
「練習会やりますよ~雨や寒さ対策をよろしくね~」と主催者からメールが届いた。
よし、とりあえず行ってみよう。

赤城南面道路に入ると、ヒルクライム練習?のサイクリストを結構見かけた。
もう下ってる人がいる。いったい何時から上ってるんだろう?
途中からポツポツと雨が…視界もほとんどない。
いやあ、参ったね。ま、ドライブに来たと思って集合場所まで行ってみよう。
ヒルクライムゴール地点あたりまで来ると山の景色が見える。
路面も乾いていてちょっと青空が覗いている。やったね。
電光温度計は17℃だった。だが少し離れたところにあったのは14℃…
どっちがほんとなんだろうね?

20120722h.jpg

大沼湖畔の道路、もう走っている人がいるじゃあありませんかあ…
聞くと既に2周目だって…やっぱ、気合が違うねえ
集合場所に到着したら程なくOさん他数人が到着。
万一の雨、もしくは暑い日ざしになるかもということでOさん持参のタープを張る。

20120722b.jpg

9時、それぞれの目標達成を目指してスタートです。
集合場所からスグに上り。まずはゆっくりペースで走る。
今月はほとんど走っていないのですぐに息が上がる。調子が出てくるまで1周位かかるかな?
寒いかなと思ったが日差しもなく風もほとんどない。ちょうど良い位です。

20120722g.jpg

黒檜山への登山者を沢山見かけました。こんな天気でも歩くんですねえ…
という我輩も以前は雨降りでも登ってたもんね。
あの頃の山への思いや気力が懐かしいなあ。
今年の夏山はどこか行きたいなあ…
そんなことを思いながら2周目に入る。少し調子が出てきて28分くらいで走れた。
よしこのまま休憩無しで3周目に突入だ。
道路端には「クマ出没注意」の看板が…
まあ、昼間の道路には出てこないだろう。
出てきたらダッシュで逃げ切らなくっちゃね。いいスピード走の練習になるかもね(^_^;)

20120722e.jpg

このコース、白樺林が綺麗です。木々の緑も気持ち良い。
樹林にさえぎられて日陰も多く走りやすい。
普段は湖面に映る青空と山々の景色も素晴らしい。
が、今日はめまぐるしく天気が変化したものの、ほとんど曇りや霧で見えなかった。

20120722f.jpg

このコース、適度なアップダウンがあって変化に富んでいる。
青木旅館の先に待ち構える坂。距離も勾配もそれ程ではないが、このコース最大の踏ん張りどころ。
初めは何気なく走れたが周回を増すごとに厳しくなってくる。
止まりそうになるが、根性で上る。歩くより遅いかも?っていう速度だが気分は走ってます。

20120722i.jpg

大沼には沢山のボートがあった。
もう少し暑ければ観光客で賑わうんだろうが、今日はひっそりしていた。
今後孫達でも連れてキャンプでもするかなあ…

3周走ってエイドでひと休み。
日差しはないとはいえ走るとやはり暑い。
ポカリや水がうまい。
いったん休むとそのあとの走りだしがきつい。
いかん、ここで休みすぎちゃうと…
さあ、目標に向かっていくぞ~!と気を奮い立たせる。
そして頑張って2周。
せっかくだから最後の1周は、景色でも眺めながら急ぎ足のウオーキングとした。
合計6周。今日の目標達成。久々に足に来た。

6時間走、頑張る人達に別れを告げて帰路に就く。
途中トウモロコシを買った。
赤城山のとーモロコシはうまいんだよね。
早速茹でてもらった。甘~い! 7本で1,000円。
ちょっと高めだが実の付きもいいし、この旨さだったら満足だね。
走りの方は、秋迄には10周位走れるようになりたいものです。
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。