日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


勝田マラソン 感動のゴール!

第60回勝田全国マラソン大会
  公式記録      4時間10分30秒
  ネットタイム(参考)4時間03分22秒

いよいよスタート時間が近づいてきた。Hさんとはとうとう出会えないままだった。並んでいる間にトイレに行きたくなった。でもその頃はもう歩くスペースは見当たらないほどの混雑。ま、いいか我慢しよう…
ふと足元を見ると、なんと全く同じ靴を履いている人がいた。「いやあ、同じ靴ですねえ、色も同じだし」と声をかける。「あっ、ほんとだ!この靴は足にぴったりヒットするんで好きなんですよ」と返事があった。スタートまでマラソン談義、お互い頑張りましょうと検討を祈念し、スタートとなった。

しかしほとんど進まない。動いては止まりといった感じでジワリジワリと大集団がうごめき始める。それでも少しづつ小走りとなりスタートラインに到着。7分ちょっとかかってしまった。沿道の大勢の観客から「行ってらっしゃ~い。頑張れ~!、帰ってこいよ~」等と大声援で見送ってもらった。ようやく駅前から広い道に出るが、まだまだ大集団、焦る人は右に左に隙間を見つけては走っていく。でもこの混雑ではそう時間は変わらない。むしろぶつかりそうになって危ない感じ。我輩は、一応流れに逆らわずに走る。まだまだ始まったばかり、右往左往して力と気力を使いたくない。
前方に集団が見える。最初の上りだ。少しすいてきたかなと思ったら、この坂でまた渋滞となった。大きくターンして国道245号線に出る。

0~5km  27:59
 あれ~スタートで混雑していたのに、ちょっと飛ばしすぎたかな?自分ではゆっくり走っていたつもりだが、ついつい周りの早いスピードにつられてしまったようだ。いかんかん、ペース守らなくっちゃと反省。

5~10km 30:57
スタートから我慢していたトイレが、我慢できなくなった。トイレトイレ!国道のまっすぐな走りは気持ち良いがトイレが気になって仕方がない。ようやく発見。ちょっとすいていた。まだまだ混雑は続く。焦らず行こう。

10~15km 26:45
すっきりしたら気分良くなった。快適な走り。ついついスピードが出てしまう。
最大の難所?いったん大きく下りそして上る。練習で鍛えた坂道ダッシュのお陰か、そうダメージを受けることなくクリアーできた。
給水所では水をもらうが、今回の給水所は参加者が多い割には長さが短い感じ。うっかりしていると取れないってこともある。急に速度を落として人とぶつかりそうになったり、取れなかったので戻ってくる人もあり危険を感じた。
20120129e.jpg

15~20km 29:05
道路の轍にちょっと足を取られ、ふらつき膝をひねった。ヤバイ!しばらく膝が痛んだためちょっとゆくりペースに戻す。JRの線路を超えるアップダウンも無事クリアーしたが左足指付近に違和感あり。右足の土踏まずの所もちょっと靴ずれの予感。給水所でちょっと止まったら動き出す時左右の指先が血行不良みたいな感じで痛くて走れなかった。走ってる時はそれほどでもなかったのにね(^_^;)
ここで体にガタが来たかあ…リタイヤ?が頭をよぎる。まだ半分も行ってないのにね。とにかく行ける所まで行こう。更に速度を落としゆっくり走っていたら痛みを感じなくなった。なんでか分からないが、行けそうな感じ。

20~25km 28:13
ハーフ通過。おっ、ネットで2時間をごくわずか切ってる。意外といい感じ。このままいけば4時間切れるかも…なんてフルマラソンは行きません。マラソンなめちゃあいけないよね。ここからジワリジワリとダメージが広がってくるはずです。
そうならない様にペースを守って走る。というより、脚が心配でこれ以上飛ばすとまた痛くなりそうで怖い。坦々と走る。給水所で粉末のアミノサプリをグイっと水で流しこむ。バナナをもらってほおばる。途中では氷砂糖やキャラメル、塩パウダーを適宜取りながら走る。20km過ぎたら食べようと思っていたザバスリキッドをチュウーチューとやりながら走る。
20120129f.jpg

25~30km 29:41
再度JRの陸橋を超える。このコース意外とアップダウンが多い。途中前方に黒煙が上がっている。火事?消防車のサイレンが聞こえる。道路端の小屋みたいなものが燃えていた。非常事態発生で走行を止められたらやばいと思い、黒煙を吸わないように息を詰め少し速度を上げて火事の現場を走り去る。ところどころスポンジエイドがあった。今日は気温が低く、というより風も強く青空から少し曇り傾向となって水を含んだスポンジのお世話になることはなかった。靴擦れは一進一退。一時は止まって絆創膏貼ろうかなと思ったが、まだそこまでは必要ない感じ。このままいけるかも…
豚汁のあったエイド、食べようかなと並んだが時間がかかりそうで断念。梅干しやレモンをもらって出発。やば、だいぶ時間ロスしたなあ

20120129g.jpg

30~35km 30:05
狭い道の走りとなった。このあたりは応援も少ない。またトイレに行きたくなった…給水所のたびに飲んでたからあなあ?それとも寒くて汗になって出ていかないからだろうか?いずれにしろトイレ!空いてるところを見つけて用をたす。ところが我慢して走っていたためか構えてもすぐには出てこない(^_^;) タイムも気になるし急いでるんだけどねえ。
ようやくすっきりして気分転換。行くぞ~
30kmの壁…今回は壁を感じなかった。早めに足が痛くなったりしてあまり無理しなかったからだろうか?このあたりになると歩いている人も多い。前半飛ばしすぎたんだろうね。フルマラソンではこのあたりが一番きついところだ。ガンバ!

20120129h.jpg

35~40km 27:30
昭和通りに入ると小刻みなアップダウンが続く。更に歩いている人が見られるようになった。止まって屈伸運動している人もいる。登りの時は腕を大きく振って乗り切った。このあたり応援の人たちが増えてきて私設エイドも沢山あった。さすが60回を数える伝統ある大会ですねえ。気軽に色んなものを差し出してくれる。チョコや飴、バナナをもらう。水も配っている。公式エイドは水がなくなったところもあってこれは助かった。
この大会は、距離表示が良く分からなかった。1km毎の表示は見当たらない。曲がり角などに中途半端な数字の距離が書かれている。なんでだろう?やはり1km毎の表示は欲しいなあ。リズムが狂います。我輩はGPSウオッチを使っているからおおよその感じは分かるんで助かりました。でも、なぜか500mくらい違っているんだよね(^_^;)なんでだろう?終盤にしては意外といい感じで走れている。ちょっと速度上げるかな?
このあたりで茄子の縫いぐるみ来た人と追いつ追われつとなる。あんな恰好で良く走れるねえ・

40~42.195km 13:07
子供たちとハイタッチしたり、沿道の応援に応えて走る。あと2kmだよ~と声がかかる。40km手前から、目標の4時間30分は余裕で切れるとの確信をもった。しかし人間欲が出るものです。今日の走りの状態は色々あったけど比較的良い状態。途中から泡良くば4時間切れるかもとの邪念が沸き起こった。自己最高記録も可能な感じ。しかし40km過ぎた時点で、4時間切りは絶望的になった。少し速度を上げたのが影響したのかちょっとお疲れモードとなり速度が落ちる。「茄子に負けてるぞ~」と声がかかる。あと700m、500m、頑張れあと…と大きな声援が飛んでいるがラストスパートはできなかった。茄子に軽く置いて行かれた。
でもゴールが見えたとたん嬉しさがこみあげてきた。2年ぶりのフルマラソン、3年前に他界した母親の顔、今年正月に亡くなった親父の顔、家で応援してくれているhiroや子供達、ブログ仲間の顔、練習できなかった日々の思いなどが走馬灯のように走り去る。子供たちや職場の同僚から定年祝いにいただいたGPSウオッチをはめた手を高く掲げて笑顔でゴール!
やった~。

20120129i.jpg
ネットで4時間3分ちょっとのタイム。なんと自己最高記録更新です。
終わってみたら後半の方がわずかながらタイムが良かった。やはりマラソンは前半を抑え気味でペースを守ることが重要だなと確信した。中々難しいけどね。
偶然にも前半に足が痛くなったことが良かったのかも。とにかく頑張った自分を褒めてあげよう。小さくガッツポーズ(^-^)

しかし余韻に浸る余裕はなかった。寒い!42kmも走ったのにすぐに体が冷えてくる。
大急ぎで着替える。足裏に赤くなった軽い水膨れ、左右の踵内側にも水膨れ、こちらは、まったく違和感を感じなかった。皮が固いからかなあ?

着替えてHさんに電話するとつながった。好タイムでゴールしたみたいです。ようやく出会えてお互いの健闘をたたえる。
勝田駅まで歩いていたら「お茶どうぞ、暖まりますよ~」と差し出してくれる。貰わなかったがどこまでも心温まる勝田の人の応援は嬉しい限りでした。

さあ、次は2週間後の守谷ハーフマラソンです。早く疲れを癒して頑張るぞ~
暖かいお風呂に入ってグイっとビール飲んで「おやすみなさ~い」。
今夜は素敵な夢が見れるだろう…

翌月曜日の朝、意外と筋肉痛などなかった。なんでだろう?今回の走り、しっかり分析してみる必要がありそうだ。


画像は距離と関係なく挿入しています
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。