日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


南小太郎山はアカヤシオ満開!

20110429 南小太郎山 アカヤシオオフ
 (先日歩いた山の報告です)

 連休の始まりです。この時期の山歩きはやっぱりアカヤシオだよね。
というわけで、Nさん、Tさん御夫婦と4人で西上州の南小太郎山へ行くことにした。以前群馬にいた時は良く遊んでもらった皆さんですが、北海道、九州へ転勤になってあまり一緒に歩くことができなかった。まだ単身赴任は続いているが、だいぶ群馬に近くなってまた一緒に遊ぶことができるようになって嬉しい限りです。

 この山はまだ歩いたことがない。アカヤシオ咲いてるかな?
まあ西上州だからたぶん大丈夫でしょう。初めて歩く山はどんな山かなあとワクワクする。道の駅「上州おにし」で待ち合わせ、登山口をめざす。恐竜センターの先から林道に入るが、この道は狭いし急。我輩の車ではつらい。どこでリタイヤかとヒヤヒヤしながら頑張って走ったら「瓔珞橋」付近の広い道に出た。いやあ、良かった。

 山肌を見るとアカヤシオがいっぱい見える。登山口はこのあたりらしいが、目印もなく分からない。通りかかった人に尋ねるが分からない。みんなで地図をにらめっこ。たぶんここで正解だろうということで11時少し前に登り始める。
20110429p.jpg

 杉林の中に「お天狗様」があった。いやあ、良かった「道はあってたね」と一安心。しかしあまり歩かれていない山、たまに真新しいテープに書かれた案内はあるが、いまいちわかりにくい。道なき道を歩きながら、時々地図とにらめっこです。登りは尾根をめざして歩けば問題ないでしょうが、下りはそうはいかないよね。用心用心。
20110429q.jpg

 対面に見える尾根は、「夜叉尾根のヨウラク」というらしい。アカヤシオが山肌をピンクに彩ってます。凄いねえ、綺麗だねえ。満開だ!と所々のピークからその展望を眺めながら登ります。あっちのピークも凄いねえとそっちのピークもめざす。
20110429r.jpg

 独特の山容の両神山の展望もばっちりです。
その他の山々も遠くに見えるが、今いち山名が分からず、みんなで「あの山は、そっちは?」と山座同定も楽しい。
20110429s.jpg

 さあ、持倉越えはあっちかなと急登の尾根を頑張る。しかし辿り着いたのはだいぶ南小太郎よりだった(^_^;)
20110429t.jpg

 ま、だいぶ近道できてよかったんじゃないとみんな納得。地図読みはNさんにお任せだったが、こんな道探しの山歩きもまた楽しい。

20110429v.jpg

 急登りをひと頑張りで笹の多い山頂に到着(14時6分)。
雑木に囲まれて展望はない。
 20110429x.jpg

 もし行けたら白髪山まで行こうという計画だったが、もう時間が無いので断念。下山は、南西に続く尾根を下る。こちらは道がしっかりしていて迷うことなない。ただ気を抜くとちょっと間違いそうなところもあって油断ならない。下山も所々でアカヤシオを眺められる。そして「お天狗様」に合流。その横にあった岩場、「ヤシオ多い」とテープがあった。「登ってみる?」「行きましょう」ということで岩に登るが、ヤシオはほんの少し。だが、両神山方面の展望は素晴らしかった。
20110429w.jpg

 そこからほんのわずかで下山(16時8分)。
今日は誰にもあわず静かな山歩きだった。「いやあ、アカヤシオ凄かったね。いい山だったねえ」と大満足でした。

20110429u.jpg
 今年は東北大震災の影響か、山歩きは自粛ムード?花便りをあまり聞かなかった。しかし西上州のアカヤシオはいつも通りに咲いていた。「残雪の山、どうする?」と早くも次の山の話がでた。我輩は明日から飛騨方面に温泉堪能旅行に出る。都合が合えばよろしくねと、行く山や日程の調整をお願いして帰路についた。
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。