かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 自然 > 無事帰宅

無事帰宅

とりあえず無事帰宅報告です。
昨日は13階の部屋で会議中、ぐらぐらっときて生きた心地がしませんでした。
外に避難したらビルが大きく揺れていました。
交通機関が止まって帰れず、会社のフロアー(10階)で泊まり。
余震が何度もあってなかなか眠れませんでした。
そして今日もお昼すぎても我がつくばエクスプレスの通勤経路は復旧せず、取手経由で
帰ってきました。
ただこちらも取手から先は動いていなく、代替えバスです。
通常なら1時間15分弱なのに5時間もかかりました。
疲れた~。
家の方は、コップが割れたり、オーブンが冷蔵庫の上から落ちてひしゃげたり、その他
もろもろのものが転がってました。
ようやく掃除が終わって一安心です。
家族も全員無事。自然の脅威は凄いですね。まだ余震もありそうだし注意しましょう。
関連記事

コメントの投稿

Secret

Re: 無事帰宅

よかったです、ぶじて。
昼休みに書き込みしたつもりだったのですが、されてなかったです。

コレが関東の直下型地震だったらと思うとぞっとします。
とりあえず、会社泊1日ですんで何よりでした。
気をつけてね!

Re: 無事帰宅

会社でお泊まりでしたか。無事に帰れて良かったですねぇ。
それにしても1時間15分が5時間ですか。お疲れ様でした。

昨日の地震発生時には伊勢崎から前橋に向かっていました。
信号待ちで車が大揺れ……「なんだ、なんだ、???」から地震に気付くまで少々時間が掛かりました。
その後、人と会う約束があって総合病院へ寄ったのですが緊迫したムードでしたね。

ご家族もご無事でなによりです。
我が家も無事で良かったです。

被災された方達は本当にお気の毒ですね。テレビを見てため息をついているばかりですけど、せめて、節電くらいは心掛けなくてはと思った次第です。

Re: 無事帰宅

takumaさん
 ありがとうございます。家族ともども無事でした。
 いやあ、高いビルの上では余計揺れがひどくなり、生きた心地がしませんでした。
 高いビルでは仕事したくないです。
 通勤難民でお昼まで動けず。
 近い人は(といっても2~3時間位はざらかも)歩いて帰りました。
 歩くのが良いか、それともじっと待つか、考えものですね。
 途中で地震にあっても怖いし…
 今も余震が続いています。

トラベエさん
 車の移動中だったら気づきにくかったことでしょう。
 異常を感じたらすぐ止めるのが鉄則でしょうが、どうしても先を急ぎたくなるのが
 心情なんでしょうね。
 トラベエさんちもみな無事で何よりでした。
 家族との連絡、携帯はなかなかつながらなかったですが、メールは割とつながりました。
 あちこちばらばらな所に住んでる我が家は、連絡体制や避難場所を真剣に考えておかな
 くってはと思った次第です。

まだまだ余震が続いており、お互い気をつけましょう。

Re: 無事帰宅

皆さんお仕事中でしたから、どうされたか心配していました。
特に公共交通機関を利用する場合は、半端ではない不自由な事だったと思います。

知り合いの御子息は、都心から歩いて明け方に帰ったと聞くと、自然災害とは言え、自力では敵わない所まで出かけて働いているのですね。

我が家は、娘が一人休みの日だったのが良かった。
もう一人は歩いて途中まで帰って来て、そこから会社の方のお父様が送って呉れると云う事で、帰宅難民にならなくて良かったです。

テレビを見ていると、あまりの被害の大きさに言葉も有りません。
warabeさんはあちこち行かれるから、心配も常に有りますね。
無事で何よりだとホッとしています。

Re: 無事帰宅

ご無事で何よりです.
時間を追って被害が明らかになり
驚くばかりです.
報道を見るだけで何も出来ず歯がゆい思いをしています.

どうぞお気を付けて.

Re: 無事帰宅

山百合子さん
 怖かったですねえ。山百合子さんちもガス爆発の真っ赤な炎が恐怖を煽ったことでしょうね。
 一人住まいしている我が家の長女は4時間半歩いて帰ったそうです。
 そんな元気がどこにあったんだろうと思うような娘ですが、女は強い…
 私は、9kmをバスを待って帰りました(^_^;)
 自然の脅威は凄いですね。日頃から被災した時の準備や連絡方法などは心がけて
 おかなくてはと思いました。
 ほんと被災地の方々の迅速な救助や安定した生活が早く戻ることを祈るのみです。

oouchidaさん
 ありがとうございます。ビルが揺れた時は、少し「もう駄目かも」なんて思ってしまいました。
 それほどすさまじい感じでした。
 東北の方々の被災状況に比べれば、私達の苦労や恐怖は雲泥の差でしょうが、
 それでもこわかったです。
 ほんと被災状況が明らかになるにつれ、驚くばかりですね。
 ボランティアに駆けつけることもままならないので、せめて寄付ぐらいはしなければと思います。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。